ルルドの泉で


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪便利な機能≫     <作品評価システム>と<高度マッチングシステム>
2系統の<作品評価システム>と、一つの作品と類似性の高い作品群を抽出する独自のシステムです。
ならばこの新作、ならばこの作品、「感動」「笑い」各項目別人気作品、監督・出演者別人気作品などで大活躍!
白・金銀印刷ができる!
美しい仕上がり
プラモデル・模型用
クリアデカール販売中!

原題:LOURDES ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
ルルドの泉で/観た感想トラックバック:trackback (8)
観たい作品リストへ 追加

ルルドの泉で
(C)2009(c)coop99 filmproduktion, Essential Filmproduktion, Parisienne de Production, Thermidor
DVD \4,700(税抜)2012/8/3発売:新日本映画社/販売:角川書店
2009年製作 オーストリア・仏・独  (99 min)

監督:ジェシカ・ハウスナー  リトル・ジョー
出演者:
シルヴィー・テステュー  迷宮の女  ビヨンド・サイレンス  サガン 悲しみよ こんにちは  わたしの名前は...
レア・セドゥ  007 スペクター  アデル、ブルーは熱い色  マリー・アントワネットに別れをつげて  ロブスター
ブリュノ・トデスキーニ  スウィッチ  はじまりの街

エリナ・レーヴェンソン
あらすじ:不治の病により車椅子生活を送っている女性クリスティーヌは、「ルルドの泉」への巡礼ツアーに参加する。 そこには病や孤独を抱えた人々が奇蹟を求めて集まり、真剣に祈りを捧げていた。 「普通の生活をしたい。」と訴える彼女に、「歩ければ幸せなのか?」と問う神父。 旅も終わりに近づいた頃、クリスティーヌの身体に変化が起こり始めるのだが…。 ある奇蹟のドラマ。

ワルシャワ国際映画祭グランプリ、ヴェネチア国際映画祭5部門、ヨーロピアン・フィルム・アワード最優秀女優賞、他多数受賞
感動-2009年 ストーリー展開のおもしろさ-2009年 恐怖-2009年 音楽・ダンス-2009年 マークをクリック!
癒しを求めて聖地に集まる巡礼者、旅行者の世話係のボランティア、カトリック教会の聖職者等、ルルドに集う人々それぞれの本音がさらけ出されます。 聖母マリアが出現したと言われる洞窟、水浴の様子、大聖堂でのミサまで全てが現地で撮影されているため、まるでドキュメンタリーを見ているようです。 「奇蹟がもし本当に起こったら…。」というファンタジックな題材を、極めて冷静に現実的に描いています。

【ルルドの泉について】 ルルドはフランスとスペインの国境に位置するピレネー山脈の麓にある小さな村。 1858年、少女ベルナデッタが聖母マリアの指示により洞窟で泉を発見し、その水が病を癒したという。 現在は大聖堂があり、年間600万人が訪れる世界最大のローマ・カトリック教会の巡礼地となっている。 (資料提供:エスパース・サロウ)
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★
近年パワースポットブームである。神社仏閣、山や湖や滝、公園へ。なぜ、人はパワースポットへ行くのか? 恋愛運や金運アップなどの現世利益が目的の人もいれば、純粋に場のパワーや静けさを求める人もいるだろう。
 
難病のため車椅子生活を送っている本作の主人公クリスティーヌ(シルヴィー・テステュー)は、世界的パワースポットであるカトリックの聖地「ルルドの泉」へのツアーに参加する。そこには大聖堂があり、年間600万人が訪れる一大巡礼地・観光地となっている。
 
彼女は神父に「なぜよりによって自分が車椅子生活を送らなければならないのか。普通の生活がしたい。」と涙ながらに訴えるが、決して熱心なカトリック信者ではないようだ。ところが、なぜか彼女に奇蹟が起こってしまう! そのシーンは決して神がかり的ではないし、彼女の喜びや不安もリアルに感じられる。

クリスティーヌの介護担当の若い女性マリア(レア・セドゥ)は、最初は奉仕活動に喜びを感じていたが、慣れてくるとスタッフ同士の男女交際に気を取られてしまう。熱心なボランティア・リーダーの中年女性セシル(エリナ・レーヴェンソン)や、クリスティーヌが恋をする男性クノ(ブリュノ・トデスキーニ)が奉仕活動を始めた理由の詳細は語られないが、興味をそそられる。

神父や修道女の中には、奇蹟に懐疑的な者や、奇蹟を求めることに否定的な者もいる。ルルドの泉はローマ教会にも認められている聖地だが、聖職者の信仰と教義、奇蹟への認識にも幅があるようだ。

巡礼者たちは重い病や孤独など、解決策が見つからないような悩みを抱えており、ルルドの泉に最後の希望を託している。だが、彼女に奇蹟が起こったことを知ると素直に喜ぶことができない。「どうすれば奇蹟が起こるのか?」「なぜ自分ではなく彼女なのか?」「その奇蹟はずっと続くのか?」

舞台はルルドだが宗教色は薄く、女性好みのロマンティックな題材なのに、意地悪なくらい冷静な目で、奇蹟をめぐる人々の心の葛藤を描いている。一見地味だが、かえってこのくらいの方が、ヒューマンドラマとしては面白い。

奇蹟を求めるのではなく、今の自分の状況を受け入れ、魂の癒しを求めるべきだというようなことを神父が発言する。奇蹟が起こらない人への慰めの常套句のようにも聞こえるが、深い示唆に富む言葉でもある。

本作は、交渉の末ようやく現地での撮影許可が下り、オールロケを行ったという。ドキュメンタリーのように、洞窟での巡礼の様子をうかがい知ることができる。

果たしてクリスティーヌに起こった奇蹟は本物なのか? 奇蹟が起これば幸せになれるのか? 聖地への旅行気分が味わえて、奇蹟を求める意味について考えさせられるお薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> ルルドの泉で/観た感想トラックバック:trackback (8)
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。



ならばこの新作:ルルドの泉で
フリーダ・カーロに魅せられて アート・オン・スクリーン
ピカソがピカソになるまで アート・オン・スクリーン
燃ゆる女の肖像
わたしはダフネ
ステージ・マザー
ディエゴ・マラドーナ 二つの顔
ROMA/ローマ
リンドグレーン
マイ・ブックショップ
ホワイト・クロウ 伝説のダンサー
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
家族を想うとき

ならばこの作品:ルルドの泉で
夜明けの祈り
沈黙 サイレンス (2016年製作)
ハクソー・リッジ
ニーゼと光のアトリエ
人生はシネマティック!
ローマ法王になる日まで
ガンジスに還る
:劇場公開中または近日公開
ならばこの作品:ルルドの泉で
サンドラの週末
奇跡のひと マリーとマルグリット
神々と男たち
アリスのままで
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
マダム・イン・ニューヨーク
シュガーマン 奇跡に愛された男
ルルドの泉で
ヤコブへの手紙
ずっとあなたを愛してる
恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合
愛する人
リリィ、はちみつ色の秘密
ダウト あるカトリック学校で
ジュリー&ジュリア
ルルドの泉で
スタンドアップ
バレエ・カンパニー
モンスター
微笑みに出逢う街角
パッション(2004年製作)
ピエロの赤い鼻
シャイン


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.