許されざる者 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/wzeeudzsr
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:許されざる者
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(29)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
許されざる者
Excerpt(概要):クリント・イーストウッドの名作「許されざる者」を邦画でリメイク。ほとんどコピーです。実力が伴わないで難易度の高いものに挑戦した結果。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年1月25日
「許されざる者」:プラス「詩情」が欲しいところ
Excerpt(概要):本作も健闘はしていて、真摯さは感じられるものの、品格とまではいかないかなあ。キャスティングはうまくいきました。渡辺謙さんの大きさ、重厚さ。酒を遠ざけ続けていた彼が、クライマックス前に自ら酒瓶を口にするあたりの描写もお見事でした。怱那汐里は顔に傷がついてもキュートで、しかも自然な良い芝居なんですよねー。映画の小池栄子って、なんでいつもこんなに素晴らしいんでしょう。骨太で、怒りの感情に溢れ、寡黙で、暗く、ラストの味わいが苦い・・・そこまではイーストウッド版に似ています。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2013年10月13日
「許されざる者」
Excerpt(概要):正直、期待した程ではなかった。つまらなかった訳ではないけど…普通。「人斬り十兵衛」(渡辺謙)が覚醒するまでがちょっと長くないか?オーラスの人斬り十兵衛切りまくるの図、も、スローモーションの多用でテンポ悪し。そう、全体的にテンポが悪く、もっさりした感じ。「研ぎ澄まされた」とか、「孤高の」という雰囲気がイマイチ出ていなかった。ゼロではなかったけどね。役者も快演。全ての登場人物(男)が自分自身の落とし前をつけて生き死にせざるを得ない、そしてそれが「男」である、というような映画だった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2013年10月7日
許されざる者
Excerpt(概要):★★★ 見応えある作品だった。クリント・イーストウッドのオリジナルは観ていないので、今回のリメイクがオリジナルとどう違うのかは全然わからなかったものの、それなりに最後まで見入ってしまう内容だった。渡辺謙をはじめ、佐藤浩市、柄本明、小池栄子、国村準、柳楽優弥といった面々の演技が素晴らしかった。特に柳楽優弥が良かった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2013年9月28日
許されざる者
Excerpt(概要):★★★ 主演の渡辺謙は、反明治政府という立場の日本人を演じているところ、さすが見応えのある演技で惹きつけます。元の作品が、ある意味で比較的わかりやすく出来上がっているのに対し、本作は、なかなか難しい物を抱え込んでいるのではと思いました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2013年9月27日
[映画][☆☆☆☆☆]「許されざる者」感想
Excerpt(概要):★★★ 本作の最重要ポイントと言えるのは、渡辺謙氏演じる主人公・釜田十兵衛の内面的な脆さにクローズアップし、あえて無様でカッコ悪く映している点にある。果たして、誰が誰を許せないのか。その怒りと悲しみはどこへ向かうのか。そして誰なら、どうすれば、いつになったら許されるのか。それこそが、本作最大のテーマであり、同時に本作が我が国で製作された意義であると、断言したい。時代劇にしては地味な絵が多く、派手なチャンバラは終盤を除いてほとんどないが、映画館で観るだけの価値は充分にある作品。役者陣の演技はどれも非常に素晴らしく、特に若手俳優達の文字通り身体を張った好演にも注目。
Weblog(サイト)名 : 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜  / Tracked : 2013年9月26日
【許されざる者】地獄で待ってろ
Excerpt(概要):ストーリー自体は元映画とほぼ同じ中、この激動の時代が舞台になった事で日本ならではの独自の物語になったと思う。厳しくも美しい北海道の自然と、役者さん達の素晴らしい演技を堪能できる1本。小池栄子さんは、何に出ていても素晴らしい。アイヌの青年・柳樂くんも良かった。やはり最終的には謙さんの迫力に持っていかれてしまうのだった。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2013年9月25日
「許されざる者」 (2013)
Excerpt(概要):★★★★ 予想を上回る力作に仕上がっていたのはさすがである。本作はオリジナルのメインテーマである“正義とは何か”という問いかけを、別の角度から追求した作品にもなっているのである。渡辺謙の堂々たる存在感、李監督の風格さえ備わった澱みない演出、さらに北海道の自然の風景をさまざまな角度から捕えた笠松則通のカメラ、いずれも素晴らしく、オリジナルに迫る力作になっている。難点もあるが、明治維新後の北海道を舞台に選んだ着想は素晴らしいし、役者も揃った見応えあるドラマには仕上がっている。何より、映画史に残る名作のリメイクに敢然と挑み、オリジナルに遜色ない力作を作り上げた李監督の手腕は、大いに評価すべきである。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜 / Tracked : 2013年9月25日
『許されざる者(2013年/日本)』('13初鑑賞82・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ オリジナルよりも理解できたし、作品として面白かったです。(^-^)猛吹雪の厳寒の北海道でロケした映像は、厳しい自然の美しさと相まって、力強く印象深い。芸達者な俳優陣の演技が素晴らしいかた。女郎役の小池栄子の目力はすごいなぁと思いましたし、惣那汐里の演技も意外と良かったです。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2013年9月23日
許されざる者・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★ 本作の持つ重要なオリジナリティがアイヌの存在だ。イーストウッド版と扱いが大きく異なるのが、物語上の女郎たちの立ち位置だ。本作はオリジナルとまったく異なるラストを用意する。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2013年9月19日
『許されざる者』 オリジナルとここが違う!
Excerpt(概要):日本版『許されざる者』は、なんと傑作のリメイクがやはり傑作になるという、まことに稀有な作品だった。日本が多民族・多文化国家であることを描かないという奇妙な現象が解消し、ごく自然な姿の日本が描き出されることになった。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2013年9月16日
許されざる者(2013)
Excerpt(概要):★★★★ 実はあまり盛りあがりませんでした。リメイクのほうは舞台が日本だということもあり、こちらのほうが物語に入りやすかったです。内容を知ってたので、オリジナルとの比較を楽しみながら観られたのが良かったです。謙さんはあまり斬りまくりした人には思えなかったけど、ラストでは表情が一変して目に凄みが出てきたところはテンション上がりましたね。浩市さんの悪役良かったな。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2013年9月15日
許されざる者
Excerpt(概要):★★★★ よかったです。 北海道の風景がきれい。そして間というか、セリフじゃなく語られている部分。 豪華俳優陣の存在感に大満足でした。
Weblog(サイト)名 : 食はすべての源なり。  / Tracked : 2013年9月15日
許されざる者
Excerpt(概要):★★★ アメリカ版は、伝説のガンマン、日本版は、人斬り十兵衛、それぞれのお国柄を銃と刀で表現していたのは良かったです。けど、どちらも正直言って面白いという実感は湧かなかったです。ラストでとうとう刀を抜いた十兵衛、ここから謙さんの表情が一気に変わって凄みが!!これが見たかったんですよね。謙さん始め、役者さんたちに魅力があって見に行ったので、そのてんは満足しています。
Weblog(サイト)名 : ハリウッド映画 LOVE  / Tracked : 2013年9月15日
「許されざる者(2013)」 背中に負う十字架
Excerpt(概要):生き方をかけた戦いと言ってもよく、渡辺謙さんと佐藤浩市さんの演技も相まって、鬼気迫る感じがしました。人間というものは善悪がきれいにわかれるようなものではない、ということを少しはわかってきている年なので、オリジナルを観た時の若いときよりは、作品を理解できるようになったかな。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年9月14日
許されざる者(2013)
Excerpt(概要):★★★ 本作は顔の変化が際立つ。なつめが顔を切られ、十兵衛もなつめの傷をなぞるように一蔵に顔を斬られる。挙句はインディアンのような血のペインティング。このためか、十兵衛となつめには恋愛感情のようなものも垣間見られる。意外と佐藤浩市の演技が浮いていた。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年9月14日
許されざる者
Excerpt(概要):★★★★ ラストカットは良かった。ずしんと響いた。人間を拒絶しながらも、計り知れない大きな懐も併せ持つ日本の北の大地、過酷と荘厳の蝦夷地の景色が重厚感を演出。オリジナルの神話性も良いが、地に足の付いた真実味を突きつけられるリメイクも奥深い。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2013年9月14日
映画:許されざる者 凄い迫力!だが ・なぜ今、日本でリメイク?」の疑問は解消されない。
Excerpt(概要):特筆すべきは、北海道でのオールロケ。これがとても美しく、映画の醍醐味のひとつを十二分に楽しんだ。今作で最も目立ったのは、柳楽 優弥。彼が、強がっている人間にだんだんと表出する「弱さ」を絶妙に表現。気になる点もある。まず気になるのが、「誤った権力がどれだけ不毛なものか」というイラッと感が、日本版からはあまり強く香ってこないのだ。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ST... / Tracked : 2013年9月14日
劇場鑑賞「許されざる者」
Excerpt(概要):盛り上げ方が上手い作品だと思いましたååå渡辺謙さんの演技、スゲーܤϡまさに観る者を圧倒させる。全体を通して、とても重圧感のある、どっしりとした作品。特大スケールの北海道の自然が観る者の目を釘づけにする。素晴らしい風景の連続!! 岩代太郎の音楽も良かった♪柳楽優弥の演技が上手く…これからも頑張って欲しいところ!!!エンタメ志向の単純な勧善懲悪作品ではない…しかし、いろいろな方に観てもらいたい。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年9月14日
『許されざる者』
Excerpt(概要):オリジナルと比べると突き抜けた面白さがない一方で、李相日監督らしい間接的に不快なシ−ンを印象的に見せる演出は素晴らしかったと思います。オリジナルのような面白さもなければ、日本版にアレンジした面白さもなかなか伝わってこない作品でしたが、ただ唯一素晴らしかったのはやはり李相日監督の演出。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2013年9月13日
許されざる者 : 魂を揺さぶる映画
Excerpt(概要):★★★★ ”凄い”映画を観てしまった、それが本作を観て一番感じたこと。感動したとか、何時もの「超おすすめ!!」などとは、確実に一線を画す作品でした。そう、この「許されざる者」は、魂を揺さぶる映画だったのです。ドラマの時代背景、これがサイコーに良かった。演者の演技もキレッキレでした。主人公の釜田十兵衛、この役は渡辺謙以外ありえないでしょう。私が今まで観てきた邦画の中で間違いなくNo.1の作品といえます。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2013年9月13日
『許されざる者』 (2013) / 日本
Excerpt(概要):★★★ 復讐劇とか殺陣なども『十三人の刺客』などの方が面白かったかも・・・と考えてしまう。
Weblog(サイト)名 : Nice One!! @goo  / Tracked : 2013年9月13日
許されざる者
Excerpt(概要):オリジナルを観ていないのが痛恨の極みで、オリジナルと本作の差異、つまり、李監督が強調した部分や、あるいは改変した部分に気づけないのが、かなり残念な気持ちだ。目が止まるいくつかのポイントがある。まずは、北海道オールロケだという、雄大な風景だ。出演者たちはそれぞれ好演だけれど、何と言っても、柄本明さんが素晴らしい。いろいろ、面白い要素があって、素晴らしいところがたくさんある・・・のだけど、この作品、好きですか?と言われれば、ちょっと言葉に詰まってしまう気がしなくはない。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2013年9月11日
許されざる者
Excerpt(概要):やっぱり暗い。最後の方は、こうなるか。の終わり方です。私にはやっぱり向かない映画でした。なんだか必死剣鳥刺しを思い出してしまいました。
Weblog(サイト)名 : うろうろ日記  / Tracked : 2013年9月10日
「娼婦を人間らしく扱え!さもないと皆殺しにするぞ / 映画【許されざる者】を観た」
Excerpt(概要):冬の北海道で撮影された景色は素晴らしいし、その荒涼とした大地を映し撮ったカメラマンの手腕は凄いんだろうけど、なぜラストの立ち回りでスローをかけるという演出を採用したんだろう?主人公がただの殺人狂に見えても良いじゃない、何か腑に落ちなかったな。正直に書くと、あんまし楽しめなかったんだよな。ものすご怯える描写が多すぎて、ポジション的には悪役の筈の佐藤浩市を応援したくなってくる始末。感情移入し難い。
Weblog(サイト)名 : NEW WAY.NEW LIFE  / Tracked : 2013年9月10日
許されざる者
Excerpt(概要):クリント・イーストウッドの西部劇「許されざる者」の舞台を明治初期の北海道に変えてリメイクされた作品だそうですね。キャストの皆さんの演技も素晴らしく、大自然の映像も美しくて見応えある作品だと思ったんですが、何故か高ぶるような感動に至りませんでした。柳楽くんが兄ちゃんを殺しにかかるシーンは生々しかったです。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2013年9月8日
許されざる者(2013年)
Excerpt(概要):大自然の厳しい環境の中でぎりぎりの生活を送る人々の痛みが真っ直ぐに伝わってくるような作品でした。圧倒される作品でした。人を殺すことの恐ろしさを体感する恐怖。拷問されても友を売らない矜持。罪を背負って生きることの狂気。どれもが胸に響きました。観終った時、俺、アンタに殺されるのが怖いと言う言葉が理解出来るなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年9月4日
「許されざる者」☆和服を着た洋画
Excerpt(概要):柄本明がいい。若干年寄りすぎだったり、若干台詞が聞き取りにくいから字幕がほしいくらいだったりするけど、ご存知演技はお見事。柳楽優弥がいい。すっかり大人になって戻ってきた彼が、まるで別人のようにいい味を出して、アイヌの男の極上の演技をする。小池栄子がいい!こういう姐御の役をやらせたら右に出る者はいないのは承知のことだけど、特に女郎の仕事を終えた直後の仕草が凄い!北海道の大自然が見事。しかしこれだけの「素晴らしい」が揃っていて、何故かストンと胸に落ちてこなかった。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2013年9月3日
許されざる者
Excerpt(概要):アカデミー賞作品賞受賞作が日本映画としてリメイクされるのは初めてだそうである。内容は、ほぼオリジナルを踏襲。何かプラスαがあったか?というとあまりなかった。キャストは、なつめ、北大路、秋山喜八、卯之助がイメージ合わず。他は良かった。オリジナルの独特のかっこ良さには(遠く)及ばない。これなら、クリント版をもう一度観る方が2時間強の時間の遣い方としては正解。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2013年8月31日
参照ページ:許されざる者

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.