パシフィック・リム : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/unshkxerr
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:パシフィック・リム
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(38)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「パシフィック・リム」
Excerpt(概要):監督の、日本の怪獣・アニメ・特撮への愛情とリスペクトが、あふれんばかりに表現されています。日本人キャストの登場の仕方も本格的。菊池凛子はアメリカ人男性とペアを組んで、堂々たるヒロイン!芦田愛菜も出番は短いながらも強い印象を残します。拠点として描かれるのは香港で、アメリカ色がきわめて希薄なのも特徴です。この映画は、鬼に金棒ならぬ、怪獣+巨大ロボットに金棒!いつまでも心に残る無敵のパワーを持ったことでしょう。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2015年5月18日
パシフィック・リム(2013年1位)
Excerpt(概要):★★★★★ 190億円近い制作費をかけただけあり、その殴り合いの様子はただただ見とれるばかり。究極の怪獣映画に仕上がっています。ストーリー面が弱いなど、賢しらげに語っている人もいますが、こういう映画を楽しめないのは人生損していますね。菊地凛子の名前の通りの凛々しい戦いぶりは素晴らしい。芦田愛菜の名演!!!ただ、泣いているだけなのに、おびえ、絶望、憎しみ、安堵といった表情を観客に届ける様子は、これまでも彼女のことを評価していたつもりですが、まさか、ここまで天才的な女優だとは、自分の見る目のなさに反省します。アクション映画ファンなら見るべし。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2014年1月29日
「映画【パシフィック・リム】を観た / オールKAIJU総進撃を期待してたけど・・・」
Excerpt(概要):楽しい映画だったんだけど怪獣映画としては観れなかったな。架空のロボットアニメの実写化って感じだし、劇中世界における騒動の始まりから終わりまでしっかり見せてくれるし、なにより子役の芦田愛菜がなぜ大女優並みの扱いを受けてるのか理解できた彼女の「ママー」と助けを呼ぶ叫びには、正直グッときた。
Weblog(サイト)名 : NEW WAY.NEW LIFE  / Tracked : 2013年12月15日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):ツッコミどころが多くて仕方ないのに、なんだか嬉しい笑みを浮かべてしまうのはなぜだろうか。なんか、ガチでやっちゃうとこが素敵だ。物語は、捻りはなく一直線ですが、このイェーガーの設定だけでときめけちゃうから、私は満足だな。菊地凜子さんも、あまり好きではないのですがこの作品では良かったと思う。超面白かった!男の子の夢と希望と憧れを一緒くたにした映画。ある意味で日本人の夢も叶えてくれた。でもこれは人を選ぶかな。ウルトラマンの好きな甥っ子は喜びそう。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2013年12月13日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):★★★ なかなかおもしろく見ることが出来ました。でも、怪獣映画が大好きな人にはたまらないでしょうが、それほどでもない者にとって、確かに映像のリアリティーにものすごいものがあるにせよ、評判ほどでもないのではという気がしてしまいます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2013年9月23日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):昔見たロボットアニメがスケールアップ、ド迫力の実写で見せられた印象でした。ストーリーも単純で・・というか、次から次から怪獣が現れバトルになるので、登場人物のことも思ってる間もないですね〜。でも結構面白い。な〜んも考えないで楽しめるって感じ。バトルが長いとちょっぴり眠たくなってきた感もありましたが。イェーガーの操縦方法が面白いですね。怪獣が出現する理由は途中から分かるんだけど、環境に適した時代になったというのに何だか考えさせられるな〜と思ってしまいました。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2013年9月12日
「パシフィック・リム」:わーい!怪獣映画
Excerpt(概要):「怪獣+ロボットもの」を原題のVFX技術&ビッグ・バジェットでハリウッドが作るとこうなりますという、その手のファンにはたまらない作品。菊池凛子が堂々と主役級やっているあたりも、日本の「戦闘美少女」系譜へのリスペクトでしょうか。冒頭から最後まで、何度もバトルが繰り広げられるので、ダレずに楽しめるのも嬉しいところ。ロボットの重量感だとか、水の垂れ方だとか、人間目線からの仰角映像だとか、まあことごとく完璧な絵で、見事なもんです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2013年9月7日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):海の中で、8割壊れているのに、頑張れちゃう主人公のロボット。さすが映画ですよ。戦隊モノが好きだった昭和世代に受けそうな映画でした。
Weblog(サイト)名 : うろうろ日記  / Tracked : 2013年9月6日
「パシフィック・リム」
Excerpt(概要): 3D試写会で鑑賞。こんなに面白いとは!監督のギレルモ・デルトロは、日本の特撮物に敬意を表して作ったというけれど、こちらこそ監督に敬意を表したい。 考えてみれば、異形物のクリーチャーには物凄い力を発揮するデルトロ監督。「パンズ・ラビリンス」然り。いやしかし、KAIJYUの出来がどうこう、というより、全体的に大人が手に汗握れる特撮作品。 地球を滅亡に導く地球外生命体は、地球の外からやってくるのではなくて、実は地球内部に潜んでいたのだ…。 という幕開けからして、何とワクワクする事か! 海底の奥底に裂け目があって、そこから次々とKAIJYUが出てくるのよ…。しかも彼らは海底の...
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2013年8月30日
パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり
Excerpt(概要):3Dがすごいですね。ただ個人的に物語そのものにはのりこめなかった。あと音響。これもダダごとではない。ものすごい。
Weblog(サイト)名 : 単館系  / Tracked : 2013年8月29日
パシフィック・リム (2013)
Excerpt(概要):★★★★★ IMAX3D(字幕版)+ウィンブルシート(座席振動)というフルコースで堪能してきました。うむぅ、この作品の為にあるシステムのような気がしてなりません。伝統芸と現代設定を上手く重ねて違和感をなくしたのは流石です。ストーリーは鉄板モノですが、コレくらいが良いと思いましたね。強いて言うなら夜の海での闘いが多く、胸熱の戦いが判り辛かったのが残念。日本のオッサン男子には“痒いところに手が届いた”ステキ作品でした。
Weblog(サイト)名 : 肩ログ  / Tracked : 2013年8月26日
【パシフィック・リム】ロケットパーーーーンチ!!
Excerpt(概要):もう〜とにかく、見終わった後、身体が重くて重くて…。いや、ストーリーが重いなどという意味ではなくて、文字通り「重い」。イェーガーの重量感。あれのドスンドスンという響きが自分の中に残っている。3D映画の意義を感じた映画は「アバター」以来かも。飛び出すとか奥行とかそんな事は何も考えず、とにかく体感した。世間的には「オタク映画」だという評を受けているらしいけれども、そういう事は全く気にせず楽しめる映画だと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2013年8月18日
【映画】パシフィック・リム
Excerpt(概要):操縦するだけじゃなくて、二人の心をつなぎ、イェーガーを自分の手足と同じように動かすところが未来的だけど現時的でもあってよかった。リアルじゃないけど、リアリティを感じたのね。戦いのシーンはフルCGなのかもしれないけど、迫力はさすが。個人的にはロボロボだけじゃなく、人間ドラマもあって飽きずに見られました。ロン・パールマンが出てきたところで少しテンションあがった(笑)。菊池凜子が良く演じているので楽しく見られましたよ!
Weblog(サイト)名 : ☆紅茶屋ロンド☆  / Tracked : 2013年8月16日
「パシフィック・リム」
Excerpt(概要):★★★★ I−MAX=3Dで観たのだが、大正解。大画面に展開する、カイジュウ対巨大ロボットの壮絶な闘いぶりは大迫力。大人が楽しめる作品に仕上がっていた事に、深い感慨を覚えてしまった。怪獣映画ファン、ロボットアニメ・ファンのみならず、古今東西のSF映画へのオマージュも随所に散りばめられている故に、筋金入りのSF映画ファンをも満足させる秀作となった。エンド・クレジットにもジンと来てしまった。ストーリー部分もしっかりと構築されている。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2013年8月14日
映画「パシフィック・リム(IMAX3D 吹替)」感想
Excerpt(概要):こんな映画が見たかった!!!!私の中のロボット魂と怪獣魂がシンクロというかドリフトというか、もうエライ状態になってました!!全体のトーンはエヴァとゴジラを混ぜた感じです。この監督はロボットが心底大好きなんだろうなと感じるのですよ。古谷徹さんと三ツ矢雄二さんの博士コンビが素晴らしい(´∀`)マコが林原めぐみさんの吹き替えで良かったです。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2013年8月14日
パシフィック・リム/Pacific Rim
Excerpt(概要):菊地凛子が演じる復讐心を抱く女が、イドリス・エルバが演じる師の衣鉢を継ぐ主線の物語の特にその見せ方に於いて、ヒロインに関してはそれなりに演出がされているように見受けられましたけれども総じては基本を押さえただけに見え、詰まりが絵面作りの為のエクスキューズであり舞台装置に過ぎなく思えてしまった訳ですが。更にそれが、印象的な場面も不在なものですからして優れたドラマ性も持たないままに徒にだらだらと語られているように、端的に言えば冗長に退屈に感じてしまった訳ですが。主役よりも脇役、というその精神性に非常に好感を持った次第で御座います、と。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2013年8月14日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):★★★★ スゲー面白かった!少年時代にウルトラマンなどの特撮物を見て育った世代的にはドンピシャで、最後までワクワクできる内容だった。日本のマンガやアニメ、特撮作品が好きなギレルモ・デル・トロ監督がそれらにオマージュを捧げたと言っていた通り、いろんな作品へのオマージュが感じられるシーンや設定があって、観ていて楽しかった。菊地凛子、今まで可愛いとか美人とか思えなかったんだけど、今回ちょっと可愛いなぁって思ってしまった。パイロットスーツ効果か!菊地凜子の少女役を演じた芦田愛菜も可愛らしくて良かった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2013年8月13日
「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発
Excerpt(概要):本作は怪獣もポイントのひとつ。マニアックにいろいろ楽しめる作品だと思います。本作の新しい要素としては「二人で操縦すること」でしょうか。二人の意識がシンクロすることによりロボットを操縦できるというのは、パイロットとコパイの間でのドラマ要素を生み、作品を豊かにしたと思います。本作の怪獣は日本的というよりはクトゥルフ的な印象が感じられました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年8月13日
『パシフィック・リム』が守った映画のルール
Excerpt(概要):冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。本作だけでも充分楽しめるけれど、『ゴジラ』をはじめとする怪獣映画や『ウルトラマン』等の特撮番組を観ていれば、より深く深く堪能できる。はじまって早々、怪獣ナイフヘッドの鋭い頭部とその暴れっぷりに感激した。本作の魅力はむしろ怪獣にこそある。本作は、物語の進行につれて怪獣の生物的な特徴が解き明かされる過程が見どころになっている。エンドクレジットに添えられたレイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎への献辞は、本作に対する自信の顕れでもあろう。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2013年8月12日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):人類の危機に団結してやって来た敵に勝つ王道中の王道。だから特に期待もなく観に行ったのですが、これが熱くて迫力あるロボット映画でした!エンドロールはちょっとしたおまけあり。すぐに席を立たないで。あの人が出てきたところまで見てから帰りましょう。
Weblog(サイト)名 : 映画感想メモ  / Tracked : 2013年8月11日
パシフィック・リム・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り上げたのは、嘗ての日本製怪獣映画やロボットアニメのエッセンスを抽出し、全く新しい次元で結実させた、壮大な“特撮映画”だ。菊池凜子は日本映画よりも西洋人の監督が撮った時の方が、確実に美しく見えるのは気のせいか。出番は回想シーンのみで台詞も殆ど無いのだが、マコの子供時代を演じる芦田愛菜が強い印象を残す。冒頭、中盤、終盤と三回にわたる大掛かりなバトルシークエンスが、全て夜とか海の底とか暗い場所の設定なのはちょっともったいない。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2013年8月11日
『パシフィック・リム』
Excerpt(概要):不満は多々あります。ツッコミどころも多々あります。でもそれ以上に熱いヲタク魂がこの映画には溢れているのです!怪獣の肌の質感も「ウルトラマン」シリーズの怪獣の質感を彷彿とさせるようなザラツキで、造型に関しても棚に飾るには申し分のない。一番興奮が止まらないのはお約束通りにローリーとマコのシンクロが互いのトラウマが原因で失敗しておきながら、苦戦の末に最後の最後で隠し玉のチェーン・ソードで怪獣をバッサリとやっちゃうところですよ!最後の最後で本多猪四郎先生への敬意を示すところも、素晴らしいの一言です!
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2013年8月11日
『パシフィック・リム』 Pacific Rim
Excerpt(概要):メキシコ出身アメリカ在住の日本オタクの監督が製作費200億円でハリウッドの技術を注ぎ込んで作り上げた、巨大ロボットと巨大怪獣が格闘戦をする映画。もうほんとにそれだけ!でもそのただそれだけの事をこの今に至るまで誰も出来なかった事を考えれば、そりゃあ突っ込みどころも多いのだけれど、この出来で作り上げたのは偉業だと思います。いい意味で子供向けでした。王道な安心ストーリーで、残虐シーン無し、性的なシーン(キスシーンすら)無し。描くべきものがはっきり分かっているこの潔さが素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : グドすぴBlog  / Tracked : 2013年8月11日
☆パシフィック・リム(2013)☆
Excerpt(概要):★★★ びみょ〜な作品となってしまいました。巨大ロボットとKAIJUのバトルを楽しみに行ったのですから、そういう観点(映像)からですと、面白かったと思います。あまりにもストーリーがお粗末で、まあ、怪獣映画ですからね〜。有名俳優は出ていないのもちょっとB級感が漂うって感じになってます。私はあまりにも過大な期待で、いまひとつの感想となってしまいましたが、一緒に観た主人は楽しめたようですので、この作品は女性より男性、特に、日本の怪獣映画や円谷さんのTVシリーズを観ていた世代なら、かなり楽しめるのだと思います。
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2013年8月11日
パシフィック・リム (3D吹替版)
Excerpt(概要):★★★★★ 面白かったー!!!ロボットものは大好きなので予告編から期待してましたが期待どおりの面白さと迫力でした。日本人キャストは菊地凛子さんと、今回がハリウッドデビューとなる芦田愛菜ちゃん。凛子さんは主演クラスで活躍するし、愛菜ちゃんは青い服と赤い靴が似合ってて可愛かったし、泣きの演技はさすがですなぁ〜かなり印象に残る。ロボット映画というよりも怪獣映画に近い印象。エンドロールのおまけ映像もお忘れなく♪
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2013年8月10日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):★★★ ヱヴァンゲリオンに似ているとか、ガンダムに似ているとか、マジンガーZのオマージュだとか言われている、日本のロボットオタクであるギレルモ・デル・トロが自身の趣味をアクセル全開で製作した本作。先に挙げたものが好きな人たちには最高の出来とも取れる感じがするが、個人的にはロボット系に疎いので、ここはエヴァのここのオマージュだとか、このキャラはガンダムをリスペクトしているだとか突っ込んだことが記載できないことに加えて最高に楽しめなかったのが残念。
Weblog(サイト)名 : Memoirs_of_dai  / Tracked : 2013年8月10日
怪獣観るなら映画館へ行きな
Excerpt(概要):吹替版は、ロン・パールマンの声を芸人ケンドーコバヤシが務めていて、その点に違和感を覚えたものだが、それ以外は満点といえるキャスティング。字幕版は、視覚的な情報量という点において日本語が優れていることを再認識する契機となった。「テレビアニメの総集編みたい」と。背筋を駆け上がる恐怖、空前絶後の絶望というものは、ともにスクリーンを通して実感できるものなのだけれど、皮肉なことに「ギレルモ・デル・トロならもっとやれるはず!」との思いが強くて、だからなんとなく物足りなく感じてしまう。期待値の高さが招いた悲劇といえよう。
Weblog(サイト)名 : MESCALINE DRIVE  / Tracked : 2013年8月10日
「パシフィック・リム」 実写版エヴァンゲリオン(;゜Д゜)!
Excerpt(概要):★★★★★ エヴァンゲリオンに出てくる内容と似ています。芦田愛菜の演技はヽ〔゜Д゜〕丿スゴイ。3D映像で鑑賞しましたが、めっちゃ迫力あって良かったっす。
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピァ・Cinemas ?たぴあの... / Tracked : 2013年8月10日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):ガンダムやエヴァの世界を実写版でやってしまうとはハリウッドのスケールの違いに驚いた。動きも早いので2Dでも充分だけど3Dだとびびるだろう。お腹いっぱい大満足なのだ。巨大な人型ロボットの造形が精密でダイナミックだ。殴り合いやプロレス技もあって、まさしく怪獣映画なのだ。2時間を超える上映時間も退屈することなく、最後まであっけにとられていた。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2013年8月9日
パシフィック・リム〜リメンバー・フクシマ
Excerpt(概要):★★★ 実際、怪獣の排泄物で汚染した海岸を“除染”するシーン(←)って、どう見ても現在も進行中の福島第一原発の汚染水海洋流出防止作業と重なって見えてしまう。愛菜ちゃんが逆光で見えにくい初期イェーガーを手の指の間隔を適度に開けて見上げるのが印象的。頭いい感じが出ている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年8月9日
パシフィック・リム : おっさんに、超おすすめ映画!!
Excerpt(概要):★★★★★ 本作はその期待値を軽く上回るデキに仕上がっていましたよ。映像が抜群でした。あらすじ自体もGoodな出来栄えでしたね。というのも、本作で登場する巨大ロボットのイェーガー、パイロットが二人というところがミソになっています。本作のヒロインともいえるマコ・モリを演じた菊地凛子。彼女の発するオーラは、素晴らしかったですね。「パシフィック・リム」は、子供よりも中年おっさん世代の方が熱くなれるSFアクション映画の逸品となっております。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2013年8月9日
パシフィック・リムを観たゾ
Excerpt(概要):正直オイラの感想としては、まさかここ迄大味な作品だとは思わなかった。肝心の物語も「ウルトラマン」の様な怪獣プロレスと「インデペンデンス・デイ」等といった何処かで観た事のある内容の寄せ集めに思った。
Weblog(サイト)名 : ヤジャの奇妙な独り言  / Tracked : 2013年8月9日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):★★★★ 菊地凛子に萌え要素が皆無。愛菜たん泣いてるだけでもかわええ。エンドクレジットのビジュアルイメージかっけー。スケール感はあったが、『トランスフォーマー』の方が、 無意味な決めポーズに溢れていて好き。敵との交戦が近すぎて判別しにくい。目が疲れる。怪獣=エイリアンとの戦いに突入した怪獣戦争の時代。そこに新鮮味があり面白い。しかし、人間ドラマが弱くて集中力には欠ける。大味B級アクション愛がいっぱい。巨大怪獣とロボットに興奮するより、ツッコミを気軽に楽しむ映画。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2013年8月9日
劇場鑑賞「パシフィック・リム」
Excerpt(概要):圧巻のひと言だわ〜ޥޥޥ全編に渡って、凄いとしか言いようがなく…ここまで“凄い”作品は久しぶり。とにかく大興奮しっぱなしの130分でしたよ。怪獣の重量感が半端ねー!!イェーガーの重厚感が半端ねー!ローリー、マコの成長ドラマも見どころのひとつ。全体を通して、ストーリー云々より、とにかく映像押し。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年8月9日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):@ギレルモ・デル・トロ監督が好き(パンズ・ラビリンス)Aウルトラマン・ウルトラセブンリアル体験怪獣大好き世代(笑)ということで、たいへん満足して帰ってきました。ストーリーは昔のウルトラマンやウルトラセブンと同じ。エンドロールに入っても退席せず、最後まで見届けることをおすすめします。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2013年8月8日
映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション!
Excerpt(概要):ギデルモ・デル・トロが、ニッポンへの感謝を込めて制作したのが今作なのだ!肉弾戦をメインとする展開といい、秘密兵器を繰り出すタイミングといい、全く「あの感じ」(笑)そのへんのツボ抑え方が大変に見事、としか言いようが無い。なので、これでもかのバトルを繰り広げるのを見ていて思わず、「燃える。」ニッポンへの感謝を込めて出演させている、菊地凛子の奮闘ぶりもニコニコしちゃう。個人的にギデルモ・ベストと思っている「ヘルボーイ」に主演だったロン・パールマンの怪演ぶりも笑える。今作は、この夏激押しのロボットアクション!
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ST... / Tracked : 2013年8月7日
パシフィック・リム
Excerpt(概要):昔に観た怪獣たちを合体させたような強敵KAIJUと2人組で操縦するロボットたちの活躍に、何か懐かしさを覚えるような作品でした。基本の戦い方はとてもシンプルでした〜特撮好きが創ったなあと感じる作品でした〜この雰囲気を楽しむなら大きなスクリーンを見上げなくちゃと感じました。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年8月3日
『パシフィック・リム』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ビルが立ち並ぶ大都市が戦場となり、巨大なKAIJUとロボットが戦うシーンは圧巻。中に入っているパイロットの動きに合わせて、見ているこちらの手や足までが動いてしまいそうだ。幅広い年代が楽しめる、この夏休みイチ押しの怪獣&ロボット映画。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2013年7月29日
参照ページ:パシフィック・リム

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.