偉大なる、しゅららぼん : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ttaarnpqub
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:偉大なる、しゅららぼん
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(17)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『偉大なる、しゅららぼん』('14初鑑賞24・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 気になるところは多々ありますが、それなりに楽しませていただきました。配役がうまくいっていると思います。主演の濱田岳、この役にピッタリはまってて、この役者以外には無理・・・とまでは言わないけども、それだけの個性が光っていました。あと、ツボはやっぱり 深田恭子。超ドSの役柄・・・ですが、それほど”S”っぽくは感じなかったですが、深キョンは好き。『十戒』みたく、琵琶湖が真っ二つに分かれる場面、”竜”が登場する場面、スペクタクルな場面で心躍らせて楽しませていただきました。個人的には、もっとはじけても良いと思う。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年1月31日
『偉大なる、しゅららぼん』をトーホーシネマズ府中8で観て、
Excerpt(概要):★★★ 濱田岳(殿)普通に上手いなあ。「のらりくらり」で全く正体の掴めないところが全編どこでも凄く効いている。深田恭子(毒舌)えーわー。弱い所を持ちながら最強で強面。これを凛と演じる深キョンはこの映画で一番の収穫。おっきなお金をかけて作られた、とってもどうでもいい話であって、こういうどうでもいい話は好き。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2019年1月31日
「偉大なる、しゅららぼん」
Excerpt(概要):★★★ 源じい(笹野高史)には、原作よりも映画のほうで、ほろりとさせられた。深キョンの「強気な姉」役は珍しい気がするので新鮮であった。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2019年1月28日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):★★★★ これも笑えました。とにかく設定が面白いんだよね〜深田恭子ちゃん、貫地谷しほりちゃんもよかったね〜深田恭子ちゃんの舌打ち好きでした(笑)濱田岳くんは本当に最高った。最後の題名のしゅららぼんの意味はあーーーーーってよめてました(笑)。
Weblog(サイト)名 : C’est joli〜ここちいい... / Tracked : 2014年5月14日
「偉大なる、しゅららぼん」
Excerpt(概要):まあまあでした。万城目ワールドは炸裂していたし、その発想の豊かさとファンタジー性には舌を巻く。楽しい気持ちで映画館を出れたし。これってすごく大切な事だと思います。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2014年4月25日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):★★★ 随分と面白い設定ではあるものの、2時間の映画枠の中に収めるにしては、登場人物が多い上にその関係が複雑で、様々な説明を行っている内に映画が終わってしまうのは残念至極と思いました。俳優陣はそれぞれまずまずの演技ですが、中では濤子に扮した貫地谷しほりが印象的でした。設定が大仰の割に展開が貧弱だなという印象を持ちました。先祖からの伝承が大切だとされながら、その内容が十分に説明されていないように思われます。地域限定版という感じがします。ファンタジーの世界にもかかわらず、ラブ・ストーリーが上手く組み込まれていない感じです。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2014年4月2日
「偉大なる、しゅららぼん」:赤いガクランを見る映画
Excerpt(概要):大ぼらがあんまりハマらない、キマらないんですよねえ。なんか「アホらし」感が頭をもたげてしまって。もっともっとディテールをリアルに積み重ねて、ウソをマコトに見せてくれないと。岡田将生&濱田岳の凸凹コンビはなかなかよろしいです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2014年3月21日
【 偉大なる、しゅららぼん 】しゅららららぼーーーんの意味
Excerpt(概要):映画も原作もどちらも楽しい。奇想天外な発想が楽しい。大好きな京都や奈良の歴史が絡んだファンタジーが楽しい。基本は人情ドラマや成長物語だけれどもベタっとしていないところが楽しい。独特な世界の中で動き回るキャラクターが楽しい。辛い話がベースにあるので後味も決していいと思えなかったし爽快感も味わえなかった。キャラクターには濱田くんののほほんっぷりと岡田くんのコミカルな演技を生かした楽しさが充分あったのに。キャラは最高に楽しかった。キャラクター万歳と言ったら、もう深キョンでしょう!ほんっっと劣化しない人だよね…一体いつまで可愛いんだ。エンドロールの後にしゅららぼんに関する大変な「秘密」が明かされる。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2014年3月15日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):★★★ それなりに面白かった。決してつまんなくはないし、それなりに面白いんだけど何だか自分には『鴨川ホルモー』や乳揺れ綾瀬ほどにはハマらなかった。濱田岳のキャラは良かった。彼独特のひょうひょうとした感じが御曹司のキャラにあってた。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2014年3月13日
[映画][☆☆☆☆☆]「偉大なる、しゅららぼん」感想
Excerpt(概要):★★★ 物語としての筋道はしっかりしているし、散りばめられた伏線もほとんどキレイに回収、構造そのものを見れば、確かによく出来ている。が、単に小生の感覚に合ってないのか、はたまたセンスがあまりよろしくないのか、如何せん肉の部分、つまりキャラクターやその設定等に魅力がなく、面白さに結びついていないように感じた。一つ一つのジャブはそこそこ効いてるし、ワンツーも入っているが、決定打になるコンビネーションや強烈な一発が打てていない、全体的にそんな印象を受ける作品だった。棗潮音役の柏木ひなた、ムダに可愛かった(笑)。
Weblog(サイト)名 : 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜  / Tracked : 2014年3月12日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):心にくすぶってる憧れとか妄想の世界観、より男子に受ける気がします♪主演の2人のキャスティングも然ることながら、脇を彩る個性派俳優もこれ以上ない怪優たち、キャストのどなたのファンであってもきっと満足の、見せ場がそれぞれ用意されています。恭子ちゃん演じるグレート清子の際立つ存在感〜。クライマックスからのCGは凄いです!!何度も言いますが、これは主演を含めた、味のあるキャストの怪演で愉しむ映画で、性別、年齢を問わずにゆるり楽しめるファンタジー、コメディですが、終盤、ちょっと胸にクル彼らの因縁の顛末。。。デートムービーとしてもオススメです♪
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2014年3月10日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):★★★ ラストで源治郎が文字通り舟を漕ぎながら舟を漕いでいるシーンがある。見方を変えれば、この物語はただ源治郎が舟を漕ぎながら居眠りをして夢を見ていただけ、という駄洒落的夢オチにもなりそう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2014年3月10日
劇場鑑賞「偉大なる、しゅららぼん」
Excerpt(概要):相変わらずの万城目ワールドでした。良くこんな物語を思いつくなぁ…と感心。主要キャストでは濱田さんと岡田さんと渡辺さんの学生キャラは年齢的にちょっと無理があるような気もするけど、深田さん演じるドSキャラの清子はカッコ良かったです。VFXは邦画にしてはかなり頑張ってました。全体を通して、話が面白いというよりも、それぞれのキャラクターに笑わせられるという感じでしょうか、キャストそれぞれにしっかりと設定が組み込まれているのは良かった!なんてことのない台詞や小道具が後々の伏線となってくるので要注意。万城目作品が好きなら、是非とも鑑賞して欲しいです!!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2014年3月9日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):琵琶湖を巡る2つの名家の争いと共に始まる事件がダイナミックに展開されていて、謎の切なさと共にワクワク楽しめる作品でした。不思議な物語がとてもスクリーンの似合うエンターテイメントになっていてワクワクしました。観終った時、アメコミ映画も楽しいけれど、こういう日本の不思議な映画も楽しいなあとニッコリした1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2014年3月9日
映画『偉大なるしゅららぼん』観てきたよ〜
Excerpt(概要):楽しかったわぁ〜。エンドロール中に席を立たれませんように。キャスティングが全体に設定よりも老けてるからなぁ、って危惧していましたが、意外にも違和感ありませんでしたよ!彦根城で撮影できたなんて素晴らしい。ハリウッド映画ほど大げさで派手ではないかもしれないけど、そのくらいがちょうどいいよね〜結末を知っていてもニヤニヤして楽しめましたよ。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2014年3月8日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):奇想天外な設定は面白いですね。どう見ても高校生に見えないキャストも面白いし、クスクス笑える場面はあるんだけど、いまいちツボにハマらなかったかな〜という印象です。琵琶湖周辺の景色は素敵でした。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2014年3月2日
偉大なる、しゅららぼん
Excerpt(概要):面白かったです。本を先に読んじゃうと、あーあのエピはカットかーとか色々思い出してしまうので、映画を先に観た方が楽しめますねー。主人公の濱田君、すごいぴったりでした。色々な所に笑い所がちりばめられていて、純粋に楽しめるエンターテイメント系の映画です。映画見た後、原作読むとそれはそれで面白いのでお勧めです。
Weblog(サイト)名 : うろうろ日記  / Tracked : 2014年3月2日
参照ページ:偉大なる、しゅららぼん

Google Web 象ロケ内





象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.