閉鎖病棟 ―それぞれの朝― : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/tqyunccpxn
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:閉鎖病棟 ―それぞれの朝―
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(2)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』これから生きていく力と希望を由紀から
Excerpt(概要):由紀の“証言”は、変えようもない、“過去の事情“ではあるけれどそこに、これから生きていく力と希望を見るのが、イイ。ケダモノであっても、殺人はいけませんなどと、わかりきった説教はいらない。ソイツが、生きているだけで震え上がるくらい、生きていくことに絶望する想いを汲んでくれた秀丸には、感謝でいっぱいだ。不可能な、不可思議な“事情“があっても奇跡の一歩を、踏み出せる可能性を、信じてもいいのかも。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年11月28日
『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』事情がない人なんていない
Excerpt(概要):★★★ 映画もそれぞれの心情は丁寧で、残酷だけれども温もりもあり、理不尽と希望が混在した良い人間物語になっている。闘病系といえるのか…「精神病院内の殺人事件を巡るサスペンス」のような気持ちで見に行くと肩透かし食らわせられるので気をつけて。あくまで、それぞれの登場人物の人生を描く人間物語。観るのが辛いシーンも多い。一人で生きる覚悟を後押しされる作品。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2019年11月14日




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.