J・エドガー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qvffscizg
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:J・エドガー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(28)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈
Excerpt(概要):★★★★ ヤッパリ、良く分からない=あんまり楽しめなかった…というのが、正直な感想。ディカプリオが自然に年をとった顔では無いんだよなぁ…ということでヤッパリ不自然感は拭えず。ホモジジイのコントを観ているみたいでしたな。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2013年4月29日
「J・エドガー」  !!(゜ロ゜屮)屮マザコンでホモかよ!
Excerpt(概要):★★★ 科学捜査の基礎を築いたのは彼だったんだ〜と感心させられる。レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツが特殊メイクで老人になった役をやってるのも必見っす特殊メイクすげえーって感じっす難しい内容ですけど・・・けっこう見れちゃいましたね
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas  / Tracked : 2012年6月22日
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』
Excerpt(概要):★★★★ 素材としてはおそらく最高。非常に手堅いつくりだったと思います。変に面白さを追求して妙な陰謀論をぶち上げなかったのは正解ですね。20代から70代まで演じきったディカプリオが素晴らしいですね。1920年代の衣装や車の雰囲気の良さがよく出ていましたし、イーストウッドらしい手堅く完成度が高いけど、どこか心理変遷などの展開が読みやすく演出も意外性がなかったかなとも感じました。95点〜100点取れる秀才が、努力を怠ったか手を抜いたりして、80点に収まっているようなもどかしさも感じてしまいます
Weblog(サイト)名 : 映画部族 a tribe called movie  / Tracked : 2012年6月20日
J.エドガー
Excerpt(概要):地味だがしっかりとした骨太の作品。役者連中も非常に優秀。やはりレオナルド・ディカプリオはある時を境に一皮も二皮も剥けたのだなぁ、と思う。ヘレン役のナオミ・ワッツも老け顔演技をものともせず、静かな佇まいが逆に現実的。フーヴァーの片腕のクライド・トルソンを演じたアーミー・ハマーもすごく良かった。特にクライドの秘めた愛情で忠誠を誓う所が。監督クリント・イーストウッドの親父魂が密やかに燃える、137分の長さを感じさせない見応えのある作品だった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2012年6月13日
J・エドガー
Excerpt(概要):実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。物語としては伝記ドラマの形式をとった、ヒューマンドラマ。一人の人間のグレーゾーンを大きく揺さぶり描いていると思う。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2012年6月8日
J・エドガー
Excerpt(概要):★★★★ 歴史上の人物に関する伝記映画のように作られているものの、焦点が当てられているのは、老いゆく主人公の姿や彼の周辺近くにいる人物との関係であり、その中心に位置する主人公の心の動きが実に巧みに描かれていて、登場するのは皆実在した人物のため、ともすれば“ソックリさん”大会になりかねないところが一定範囲に抑えられてもおり、最後まで興味深く見続けることができました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2012年2月23日
「J・エドガー」
Excerpt(概要): 過去と現在を巧みに行き来しつつ、また実際に起きた様々な事件と、その私生活も取り混ぜつつ、次第にその謎が明らかになって行く重層的な展開はスリリングで見ごたえがある。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ? / Tracked : 2012年2月15日
映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語
Excerpt(概要):★★★★ イーストウッドはこの映画で何を一番に描きたかったのかそんなことを考えたきっと彼の頭の中にはまだまだアイデアが溢れとにかく自分の国アメリカの色んな事を出来る限り記録し映像に残したいのだろうなとそんな結論。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2012年2月14日
J・エドガー
Excerpt(概要):まったくわけのわからない野郎、、、っていうそんな感じの作品。
Weblog(サイト)名 : SUPER BLOG.JP  / Tracked : 2012年2月13日
【J・エドガー】栄光の人物の光と影
Excerpt(概要):この映画に彼の伝記的な物はあまり期待しない方が良い。そこは、イーストウッド監督。功績よりも、人間の光と影に焦点を当てて描いている。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2012年2月10日
J・エドガー
Excerpt(概要):特にジョン・エドガー・フーバー長官に関心がなくても、FBIが関与してきたアメリカの犯罪史としても、アメリカの正義といわれた男のドラマとしても、興味を持って観ることが出来る作品だと思います。でも、どちらかと言うと男性にオススメかな〜。私は結構好きでした
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2012年2月8日
J・エドガー
Excerpt(概要): キビキビとリズムのある演出が大変快い一作です。
Weblog(サイト)名 : キノ2  / Tracked : 2012年2月7日
『J・エドガー』
Excerpt(概要):ここ何本かのイーストウッド監督の作品って結構静かな佇まいを感じさせる作品が多いなと思うんですけど、この作品もそんな1本。これといった大きな山場を感じさせることもなく、エピソードは積み重なってエンディングをむかえるっていう、そんな印象でした。
Weblog(サイト)名 : Cinema+Sweets=∞  / Tracked : 2012年2月6日
J・エドガー・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要): フーバーが“誰もが知っている人物”ではない日本では、この映画の人物像に違和感をおぼえる人は米国ほど多くないだろう。一本の映画としては、本国より冷静な評価を得られるのではないかと思う。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2012年2月2日
J・エドガー/J.Edgar
Excerpt(概要):★★★ 信念やら正義やらを貫こうとするその裏側で自業自得の恐怖や孤独に苦しみもがいていた姿が描かれておりまして。実に好い歪みで御座いますねと思いました、と。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2012年2月2日
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる
Excerpt(概要):本作はイーストウッド監督が、アメリカという国家に「どういうふうにしていきたいのだ?」と問うているようにも思えました。 老いてもなお盛んに活動し、毎年のように映画を撮り続けているイーストウッドだからこそ、その問いに重さがあるように感じました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2012年2月1日
『J・エドガー』
Excerpt(概要):あらゆる脅威からアメリカを守った国民的英雄の伝記というよりは彼の愛を描いたこの映画には、正義という名の愛を守ることの偉大さが詰まっていると思います。アメリカ近代史に何の興味もない人には退屈に感じる映画かも知れません。この映画にクリント・イーストウッドの望む人生の終わらせ方が描かれているような気がしました。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2012年1月30日
J・エドガー
Excerpt(概要):★★★★ 単なる回想ではなく,過去と現在を交互に織り交ぜた構成。時間経過とともに,まるで年輪のようにジワジワと醸造される味わい。アメリカ史を絡めたフーバーの人生が,単純な切なさではくくれない哀しみとなって浮かび上がる。見応えがあった。静謐な品格に満ちていて好き。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2012年1月30日
ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー
Excerpt(概要):全くもってエドガーさんのことを知らなかったからまさかこんな展開になるとは思いもしなかった。まぁ 映画として普通に面白いし楽しめました。淡々と話が進むから置いていかれそうにはなるけど。ある程度アメリカの歴史を知ってると面白さ倍増か。
Weblog(サイト)名 : B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  / Tracked : 2012年1月30日
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには?
Excerpt(概要):いったい米国のどんな暗部が描かれるのか、何が白日の下にさらされるのか、イーストウッド監督は絶大な権力を思うままに振るった男にどのようにメスを入れるのか。想像すればするほど期待は高まった。けれども、映画『J・エドガー』は私が予想していたものとは趣きが違った。イーストウッドはフーバーを断罪するでもなく、英雄視するでもなく、ただ血気にはやった青年が偏屈な老人になっていく様子を描写する。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2012年1月29日
J・エドガー / J. Edger
Excerpt(概要):一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じてその物語の時代を描くという形態で描かれています。嘘かホントかわかりませんが、非常に興味深い映画です。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2012年1月29日
J・エドガー
Excerpt(概要):★★★★ 最後まで興味深く観られました。FBIと言っても激しいドンパチがあるわけでもなく淡々とした展開なので盛り上がりを期待しちゃうとつらいかも。とても興味深いおはなしでした。
Weblog(サイト)名 : 新・映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2012年1月29日
J・エドガー
Excerpt(概要):★★★ ストーリーそのものは実話ベースでフーバーが男色(バイセクシャル?)だという噂も取り入れられている。イーストウッド監督は多分、抑え気味に表現したのだろうが、それでもジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ、マーチン・ルーサー・キングという暗殺された3大人物を登場させて、暗にフーバーが関与したのじゃないかと匂わせている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年1月28日
『J・エドガー』
Excerpt(概要):本作は、イーストウッドの自己批判だ。戦いつづけ、勝ちのこつた者の、孤立と悲哀。 だれもがオレを畏敬する。不出来なときですら。いまさら称讃なぞ、もとめないのに。 『J・エドガー』は、傑出した映画人の、最後の傑作となるだろう。
Weblog(サイト)名 : そのスピードで  / Tracked : 2012年1月28日
劇場鑑賞「J・エドガー」
Excerpt(概要):ちょっと詰め込み過ぎかな?とも思いましたが、 濃密な2時間ちょっとでした〜全体を通して、歴史的背景は面白く、 実際の大統領や実際の事件、その裏側のやり取りは興味深い。ただ、社会派ドラマが苦手だと退屈かもしれない。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.A  / Tracked : 2012年1月28日
J・エドガー
Excerpt(概要):絶大な権力を持ちながらもとても寂しい人だったのだなとしみじみと感じるような作品でした。 エドガーは、アメリカでは正義の象徴みたいな人なのかも知れません。でも、この物語では正義を主張する反面、虚栄心や臆病な弱さを持つ姿も映し出していました。 全体的には色を少し落として淡々と展開されていくので地味な印象ですけど、その分、主人公の人生を繊細に伝えてくれた気がしました。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2012年1月22日
J・エドガー
Excerpt(概要):★★★ 本作を観るにあたっては、若干はアメリカ近代史の知識があった方がより一層楽しめるかもしれない。 せめてJFKやルーズベルトなどの有名どころとの絡みがあるとより興味を持ちやすいと思うのだけれど。ロバート・ケネディを登場させるぐらいなら…。本作は出来るだけ事実に即して淡々とジョン・エドガー・フーバーというアメリカの一時代を築いた傑物を描いている。イーストウッド×ディカプリオの伝記物語ということで感動的大作を期待すると肩透かしをくらうだろう。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年1月21日
J・エドガー / J. EDGAR
Excerpt(概要):★★★ これってやっぱりアメリカの歴史に詳しかったり、興味があるほど楽しめるだろう。興味がなかった人でも身を乗り出して画面に夢中になれるような展開でもないので、Jエドガーにある程度興味がないとつまらないだろうしどうでもよいと思えそう。 ドラマ性に富んでいるわけでもなくストーリーが盛り上りに欠け淡々としてるし。 映画としての出来どうこうじゃなく、だから面白いかと聞かれたら 長過ぎる〜!というのが観た直後のわたしの正直な答え。
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2012年1月19日
参照ページ:J・エドガー

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.