終戦のエンペラー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qexwgnpqt
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:終戦のエンペラー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(22)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「終戦のエンペラー」 マッカーサーと昭和天皇の会談シーンが圧巻!
Excerpt(概要):映画化にあたって、フェラーズと日本人女性のラブストーリーの側面がクローズアップされたことには賛否両論あるかも知れません。しかし、このふたりの結びつきに日米の交流を象徴させようとした製作者の想いは伝わってきます。圧巻はやはり、マッカーサーと昭和天皇の会談シーン。その後の日本の運命を決定づけたこの世紀の会談を、このように精密に描いただけでも、この作品の意義は大きい!
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2015年5月22日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。重々しい話だったらそもそもこの映画を手に取ることはなかっただろうから(笑)ある意味で、映画的な映画のほうでよかったのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2014年3月4日
「映画【終戦のエンペラー】を観た / The Catcher in the Bamboo」
Excerpt(概要):本作はその様に従順な日本人を教育する、いわゆるGHQ史観で作品が進むのかと思いきや、ちょっとというか大分違っていて、日本の立場をアメリカに理解させようという内容に感じた。真面目な史劇を期待して観に行った観客をゲンナリさせたであろう本作のメロドラマ場面、個人的には結構好きだった。本作での喧嘩のシーンは日本人的には良い気分がしなかったな。
Weblog(サイト)名 : NEW WAY.NEW LIFE  / Tracked : 2013年12月22日
終戦のエンペラー(EMPEROR)
Excerpt(概要):物語全体は、フェラーズ准将のラブストーリーでややマイルドに仕上げられていましたが、終戦直後をアメリカの視点で描いた作品として一見の価値があると思います。
Weblog(サイト)名 : シネマクマヤコン  / Tracked : 2013年8月19日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):これが遺作となった夏八木さんのとぼけた味わい、昭和天皇の片岡孝太郎さんの雰囲気が嵌っていました。が、それだけにフェラーズのアヤを巡る行動、人物の描き方が釈然としませんでした。アメリカ人の見た日本の終戦を語るという感じで、感動するまではいかないのですが、オープニングの原爆の画像。真っ黒の何もかも焼け焦げた敗戦国、日本の姿。私などはもうこの映像だけで胸が震えて、、、改めて思うのでした。そこから必死で這い上がり、ここまで戦後を生き抜いてき、立て直してきた日本人は本当に凄いって.......。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2013年8月16日
「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く
Excerpt(概要):本作はその点について非常に丁寧に取り扱い、また公平な視点で描こうという姿勢を感じました。本作で見事だと思ったのは日本人の精神性について非常に丁寧に描いていることです。天皇に戦争責任があるかどうかということを主人公のフェラーズ准将が探っていくところはミステリーサスペンス的なハラハラ感もありましたし、また彼と日本人の恋人の間の悲恋も物語の縦糸となっていました。上映時間は1時間半強と最近の映画の中では長くはありませんが、見応えのある密度がある作品に仕上がっていたと思います。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年8月11日
映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった
Excerpt(概要):★★★★ 日本の俳優陣も好演している、セットの美術も違和感は無い、ただただこの映画がハリウッド映画という事だけがとても残念だ。この映画はそんな夏の日にもっと日本の近代史を学び、日本についてもっと考えたいと この映画を見ながら思った次第。実際に体験した時代じゃないのに、様々なシーンで胸がジーンときた、この感情は何なんだろう。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2013年8月8日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):★★★ 終戦時のエピソードが次から次に描かれて、なかなか興味深いものがあります。それに、俳優陣の演技はなかなか見応えがありました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2013年8月6日
【終戦のエンペラー】無私の民、日本人
Excerpt(概要):アメリカ人にとって、全てが「グレー」で非常に解りにくい人種である「日本人」…という描写が新鮮だ。日本の戦争映画ではお馴染みの方々も多く、見ていて安心感がある。ボナー・フェラーズ准将とあやの恋愛関係は丸っきりの創作らしく原作にもないらしいが、全くそんな事は知らず原作も未読の身にとっては、この回想シーンも美しい。大抜擢でハリウッドデビューした初音映莉子さん。美しく、可愛らしく、スタイルよく、毅然としている…という素敵な日本人女性になりきっていた。興味のある方もない方もぜひ見ていただきたい1本。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2013年8月4日
『終戦のエンペラー』
Excerpt(概要):映画は、東京裁判のための調査を10日間でおこなう、米軍の視点でえがかれる。ひとことでいうと、裕仁を絞首台へおくるかどうかが主題。映画自体は、初音映莉子がうつくしく、肩肘はらずたのしめる。日本の女性や家屋の端然たる美を、邦画よりずつと周到に表現するのがくやしい。
Weblog(サイト)名 : そのスピードで  / Tracked : 2013年8月3日
『終戦のエンペラー』
Excerpt(概要):フェラーズ准将の恋愛話が結構な比率を占めるこの作品。ハリウッド映画としては必要な恋愛部分も、日本史を描く作品としては恋愛部分が作品のレベルを下げてしまったと思えました。見終わった後の満足感がさほどでもないこの作品。昭和という時代を少しでも知っている者にとってはやはり裕仁陛下は人としても偉大であったことを再認識出来た映画であると共に、京都や桜と並び天皇陛下という存在もまた日本人にとって大きな精神的支柱であることを痛感した作品でした。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2013年7月29日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):戦争経験者の証言で、陸軍と海軍の権力闘争やそれに付随した利権争いも明らかになっているのだから、もっとリアルな描き方もあったと思う。通訳の高橋(羽田昌義)や鹿島大将(西田敏行)の英語は、なかなかいい。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2013年7月29日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):★★★★ 中々に見応えある内容で良かった。とんでも日本が描かれるんじゃないかと危惧していたが、結構時代考証とかしっかりして丁寧に描かれていて杞憂だった。中々に見応えある内容で最後まで飽きずに観られた。トミー・リー・ジョーンズがコーンパイプ加えてサングラスかけたら、マッカーサーに見えてしまう程、雰囲気似てるなぁと思った。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2013年7月29日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):★★★★ 半分....恋愛映画だった。ハリウッド映画ではあるけれど、やや日本映画に近い雰囲気の作品でした。アヤ役の初音映莉子さんは昭和顔の美人さんなのでこの時代の女性にはぴったりでした。あと、フェラーズの常に冷静な通訳を演じた羽田昌義さんが良かった。どう訳していいか焦るシーンが印象に残ります。日本人を丁寧に描いてくれてたのは良かったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2013年7月27日
終戦のエンペラー〜木で竹を接いだような悲恋
Excerpt(概要): 終戦物をクローズアップするツールに使われた趣がある。実はこんな凄い人物がいたとなる前に結局、マッカーサーの掌の中の人物だったということになる。ましてや彼の憧れの日本女性はメインストーリーに全く絡まずに終わり、一体何だったのか感だけが残った。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年7月27日
終戦のエンペラー / Emperor
Excerpt(概要):昭和天皇の戦争責任が、どのように回避されたのかと言うのが、この作品の主眼です。そういういう意味では、中々、興味深いです。逆に言うと、日本というのは、やっぱり欧米人には理解不能であるということも、良く解りました。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2013年7月27日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):当時の様子を忠実に再現しようとしていることを感じられる映像と、主人公の忘れ得ない恋人への熱い想いを絡ませて描かれる、緊張感のあるエンターテインメント作品だ。お若い方でも充分に理解可能なテーマと描写の作品なので、ご覧になれる方は、是非、とオススメ。とても良い作品です。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2013年7月27日
劇場鑑賞「終戦のエンペラー」
Excerpt(概要):いろいろとフィクションが入っているとは思うけど、あまり知らない驚きの真実が次々と判明していく過程は歴史サスペンスの醍醐味たっぷり。アヤを演じた初音さんが素敵。全体を通して、日本人の精神性を丁寧に描いていました。エンドロール途中から流れる米良さんの歌う日本版主題歌で余韻に浸ることが出来ますよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年7月27日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):日米の豪華な出演者たちの熱演と共に、主人公の視線で丁寧に描かれた日本の姿に様々な想いを巡らせるような物語でした。この作品がハリウッド映画であることにびっくりでした〜よくぞここまできちんと作られたなあと思いました。まるで、日本映画のようです。フェラーズと日本人女性アヤ(初音映莉子)との恋も切なくて印象的でした。出演者たちの熱演も見応えがありました。観終った時、こういう歴史があったのだなと改めて思うと同時に、夏に観るにはぴったりの作品だったなと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年7月22日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):一番感心したのは、皇居やGHQ、東京の焼野原の映像だ。今は亡き、夏八木勲さんの、御製朗唱、すけこまし火野正平のじじいっぷり、 中村雅俊の流暢な英語など、他にも見どころが多々ありました。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2013年7月9日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):GHQ役のトミーリージョーンズなど、そっくりで感動してしまいます。
Weblog(サイト)名 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画... / Tracked : 2013年6月30日
終戦のエンペラー
Excerpt(概要):見終わった後良かったな〜と思ってたんですが、帰ってからチラシを読んでみると"フィシクションを織り交ぜて"と書かれてたんで、ちょっとだけ冷めちゃったかも 切ないラブストーリーもほんまやと思ってたし。印象に残ったのは太平洋戦争の知られざれる真実っていうより、日本の微妙な心を読み取るのはわかりにくいやろな〜ってことでした。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2013年6月29日
参照ページ:終戦のエンペラー

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.