ブリッジ・オブ・スパイ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ppmfcvhltl
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ブリッジ・オブ・スパイ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(27)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★ スピルバーグお得意のお家芸。勿論さすがと思わせるのは人物描写だけでない。ベルリンの壁建設描写もすっごくリアルで(このようにしてドイツは東西分離されたのだ。)と強く意識する事となった。一人涙して鑑賞したのでありました。
Weblog(サイト)名 : タケヤと愉快な仲間達  / Tracked : 2016年8月7日
【映画】ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ 思いのほか会話劇にスッと入っていける面白みのある展開に、予想以上に楽しめちゃいました。スピルバーグとコーエン兄弟のコラボがどう出るのか、ちょっと読めないところもありましたが、間違いなくプラスに出ましたね。トム・ハンクスの魅力、それをいかしたキャラクター像の素晴らしさも特筆物でした。マーク・ライランスが演じたソ連のスパイ・アベルとドノバンの奇妙な友情の描き方も、とても素晴らしかったですね。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2016年6月19日
「ブリッジ・オブ・スパイ」
Excerpt(概要):冷戦時代のアメリカとソ連の水面下ながらも丁々発止のやりとり、アメリカから国家として認められていなかった東ドイツの思いと狙い、各々が持つ「愛国心」のありようも重なって、きちんと面白く仕上がった作品である。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年2月7日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ この作品を見て一言〜弁護士って大変な仕事なんだなーです。難しい職業の役を演じたトム・ハンクスも見事でした。序盤はドキュメンタリーっぽい展開で淡々と進むストーリーのため、眠くなることもありましたが、サスペンスの要素が加わる後半は「ブリッジ・オブ・スパイ」という題名だけに、橋で双方の国のスパイを交換するシーンで何か起こるんじゃないか、誰かが発砲するんじゃないかと、ドキドキしながら鑑賞できました。
Weblog(サイト)名 : 必見!ミスターシネマの最新映画ネ... / Tracked : 2016年2月5日
映画「ブリッジ・オブ・スパイ 」東ベルリンの無法地帯では、こちらも緊張マックス
Excerpt(概要):★★★★ 「核の脅威」と聞いても頭では分かっても、 実際はピンと来なかったが当時の人々が、かなり真剣に核戦争を想定していたことが映画で良く伝わって来た。弁護士と依頼人という二人の関係は、友情のように繋がり、どんな時代や境遇であろうと人間は理解し合い、お互いを思いやる心もあるのだと映画は巧みに伝えてくれる。秀作、とても面白かった。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2016年2月3日
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、
Excerpt(概要):★★★ トム・ハンクスは良かったよ。ロシアのスパイ、アベルを演じたマーク・ライランスも信念を曲げない姿勢で言えば、私にはこちらの方が恰好良く映った。外見は目がウルウルしてる波平なんですけどね。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年2月3日
映画『ブリッジ・オブ・スパイ』☆スパイ劇でなく外交交渉した弁護士の人間ドラマ
Excerpt(概要):スパイ交換の前に、まず、アベルとドノヴァンの関わりを、しっかり見せているのがイイ。米ソともに、スナイパーを待機させての交換は最後の最後まで、ハラハラさせます。
Weblog(サイト)名 : **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  / Tracked : 2016年1月29日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):スピルバーグ監督ならではの見どころがアチコチに転がっていると思います。とはいうものの、本作はごくごく地味な仕上がりになっているものと思います。本作は、大層地味な作りながらも、アベルが言う「不屈の男(Standing Man)」としてのドノヴァンが上手く描き出されていることも確かなことでしょう。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年1月26日
「ブリッジ・オブ・スパイ」:古き良き米映画の伝統
Excerpt(概要):2時間22分の作品なのに1時間50分ぐらいに感じました。それだけテンポが良く話にムダが無いということで、ここらもオールド・ハリウッド流。また、常にキャメラが動いているような絵づくりはスピルバーグ印。今回もヤヌス・カミンスキーの撮影が見事です。本作で全てを、とは言いませんが、多くをかっさらってしまうのはソ連のスパイ、アベルを演じたマーク・ライランス! これまでは小さな映画が多く大江戸は知らない役者でしたが、いやー、淡々とポーカーフェイスでいい味出してます。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年1月25日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ さすがスピルバーグっていうよりは、さすがにコウエン兄弟の脚本だったな〜って思ってしまいました。最後まで緊張感もっているのに、ちょっと皮肉ったり感動したりってなんかうまいな〜って思ってしまいました。
Weblog(サイト)名 : C’est joli ここちいい... / Tracked : 2016年1月19日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):さすがベテラン・スピルバーグで演出にはほとんど隙がないし、重いトーンでの色彩設計もピッタリ。この映画は少なからずハリウッドの良心の一部分を示していると思えた。過去の話なので俯瞰的に見れているせいもあるが、間違った愛国心は国を滅ぼしかねないということ。現在隣国を口汚く罵っているだけの人たちは、この映画を観てちょっと考えを改めてほしい。
Weblog(サイト)名 : 小人閑居為不善  / Tracked : 2016年1月19日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ 米ソ冷戦時代、スパイ交換の実話をまるでドキュメンタリーのような映像にしてくれた。見た直後はもう崩壊したベルリンの壁が時代遅れの感じで、今ひとつピンと来なかった。しばらくすると、トム・ハンクス演じた普通の弁護士がイギリスに観光旅行に行くと家族に言って、スパイ交換という歴史的なことをやっていた凄さがわかってきた。テレビの報道で初めて父親の偉業を知るシーンが素晴らしいのだ。ベッドに倒れこむ主人公の緊張が痛いほどだった。脚本が素晴らしいと思う。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年1月17日
ブリッジ・オブ・スパイ・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★ スピルバーグ好みのサスペンスフルで骨太のヒューマンドラマだ。トム・ハンクスが良いのは当然だが、アベルを演じるマーク・ライランスの飄々とした演技が深く心に残る。本作は基本的に地味な会話劇なのだが、この撃墜シーンだけはまるで「ゼロ・グラビティ」を思わせる凝りに凝った演出。スパイのさらに裏方を描く地味な作品だが、コーエン兄弟の脚本は彼ららしい適度なユーモアを隠し味に手堅い仕上がりを見せ、スピルバーグはさすがの演出力で王道の娯楽映画として昇華する。映画の完成度は圧倒的に高く、画面の隅々まで見応えたっぷりだ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年1月15日
ブリッジ・オブ・スパイ〜実はソ連側の勝利
Excerpt(概要): スピルバーグとハンクスが組むと、なぜか国と国との境界線上の物語になってしまう。アベルとドノヴァンが運命の交換が行われる橋でのアベルのソ連での将来についての会話もおかしい。演出過剰が目立つ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年1月15日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):この世界がそれほど遠く無い時代の出来事なのねと改めて思いながらスクリーンを見つめていました。アベルの後姿をずっと見つめているドノヴァンの姿が印象的でした。何だか国に使われる人たちって気の毒ですね。観終った時、ソ連が東ドイツでドノヴァンに仕掛けた心理戦の巧妙さに怖いなあと思いつつも普通の弁護士でもこんな事態に巻き込まれてしまうのが冷戦から続く世界なのだろうなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年1月11日
『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー
Excerpt(概要):50年代のブルックリンとか、東ドイツがベルリンに壁を建設する場面など、限りなくリアルに撮られている。CGではあそこまでリアルな質感にはならないはずで、実際に街を作り上げているものと思われ、そのあたりはとても丁寧でほかの追随を許さないほどの出来栄えだった。2時間半ほどを一気に見せてしまう作品はさすがスピルバーグというところなのかもしれないが、ドノバンにしてもアデルにしてもヒーロー然としているようにも見え、アベルがプレゼントしたドノバンの肖像画のように美化された部分があるんじゃないかとも思ってしまう。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年1月11日
〔劇場鑑賞〕ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ 当時の歴史は特に知らないのですが、そういったことを知らなくても分かりやすく簡潔に理解できる脚本でした。ノンフィクションなんで調べれば結末を知ることができますが、それはしない方が楽しめるかと思います。感想としては普通に素直に感動できる話でした。特に大きなアクションシーンはないので、大画面で見ないと良さが分からないわけじゃないけど、映画館で見ればより感動すると思います。
Weblog(サイト)名 : ジャスターの部屋  / Tracked : 2016年1月11日
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies
Excerpt(概要):事実に基づく作品。フレデリック・プライヤー開放のシーンが中々興味深いですね。142分と、比較的長い作品ですが、非常に面白かったです。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2016年1月10日
同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』
Excerpt(概要):★★★★ 内容は米ソ冷戦時代の実話を基にしているので、とっても社会派な作品ですし、上映時間は142分と若干長めなので社会派映画が苦手な人にはとっても退屈してしまう可能性ありです。でも私が終始退屈せずに観る事ができたのは、物語の背景が超社会派であっても劇中に描かれている人間模様が興味深かったからなのかもしれません。そんな中でも一番印象的だったのは通勤電車の中での乗客たちの視線。人間は残酷な生き物だと感じる反面、優しい生き物でもあると思わせてくれるこの作品。
Weblog(サイト)名 : 水曜日のシネマ日記  / Tracked : 2016年1月10日
劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」
Excerpt(概要):スピルバーグ監督とトム・ハンクスのコンビ作品はハズレ無し!?ま、コーエン兄弟が脚本を担当しているというのもあるんでしょうけど…(苦笑)。トム・ハンクスはやはり巧い演技をしますね。そして、スパイのアベル役を演じたマーク・ライランスの演技も素晴らしかった!142分の上映時間を全く飽きさせず。常に緊迫感溢れる展開に見事!としか言いようがありません。全体を通して、クオリティはとても高い。映像はもちろんのこと、カメラワークや音楽の使い方も非常に素晴らしかった!!とてもとても見応えある作品に仕上がっているので、オススメ♪
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2016年1月9日
「ブリッジ・オブ・スパイ」@20世紀フォックス試写室
Excerpt(概要):監督の史実を基にした作品群に分類される歴史サスペンス。本作はドノヴァンの視点を主軸に置きながら、アベルとパイロットとアメリカ青年の話を並行して描き、最終的に俯瞰から見ると全ての出来事が繋がっている運命のいたずらを感じる力強い演出が光る。トム・ハンクスの人柄を上手く使った演出で、観客を緊張から解く計算された演出が冴える幕引きも上手い。「ブリッジ・オブ・スパイ」は、我々の知らぬ史実を掘り下げて、手堅い演出で光を当てた監督の懐の深さを感じる作品に仕上がった。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2016年1月8日
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 感想と採点
Excerpt(概要):オスカー狙いが見え見えの社会派感動映画を超えてる。想像以上にサスペンス性が色濃いエンターテインメント映画に仕上がっている。人間を真正面から描くと言うドラマのお手本的な作品。映画としては142分と長尺だが、序盤の物語が動き出した辺りが少しもたつくが、プロローグの観客の惹き付け方も上手いし、その後の展開も実に速く、長いと感じることは無い。スクリーンで確かめる価値はあると思います。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2016年1月8日
「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。
Excerpt(概要):マーク・ライランスは、どこにでもいるごく普通の初老の男なんですが、スクリーンに映る何とも説明のつかない“圧倒的な存在感”は、ライランスが舞台で培ってきたキャリアから滲み出てくる物なんだと思います。トム・ハンクスは、典型的な“善良な普通のアメリカ人”というキャラの役を、今回も非常に上手く演じています。スピルバーグお得意の“歴史の暗部に光を当てる”という作業に、コーエン兄弟による緻密で練られた脚本が重なり、非常に重厚な映画になっていますが、エンタテインメント作品としても一級品の出来映えだと思います。2時間22分というなかなか長尺な上映時間になっていますが、決して長いとは感じませんでした。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2016年1月7日
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  
Excerpt(概要):コーエン兄弟がシナリオというので、そのテイストを期待したが、全くそれは感じれなかった。というより、実に「スピルバーグ」。トム・ハンクスも悪くはないが、過去の彼を越えるようなパフォーマンスはない。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜  / Tracked : 2016年1月7日
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡
Excerpt(概要):列車の車窓から〜のシーンが後のアメリカでの平和な様子とリンクしているという、伏線も見事。細かい気配りのなされた映像は、さすがスピルバーグ。だけど安定し過ぎて、ホント、ただ結果的に成功するわけだしね〜的な見方になってしまったのか、法廷のシーンや夜の場面が多かったからか、いくら頑張っても寝たり起きたり寝たり起きたり〜な私。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2016年1月6日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★ 重厚な映画だけど内容はあまり面白くない。面白くない理由その1、映画の舞台は東西冷戦時代で、正直いって古臭いしもう忘れている。面白くない理由その2、ストーリーのベースは実話で、嘘みたいだが本当にあった話らしいが、よって話に飛躍がない。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2015年12月31日
ブリッジ・オブ・スパイ
Excerpt(概要):★★★★★ 3人の交換劇をかなり地味で淡々とした展開なのですが、142分の長さを全く感じさせずにみせてくれました。実際のスパイはこうだよねという冒頭部分、どこにでもいるようなおじさんが普通に追っ手を巻くシーンはお見事。コインの仕掛けもすごいわ〜。ソ連の偽家族が出てきた所はクスッとする所があったけれど全体的にはシリアスです。そんな中でトム・ハンクスの温かみのある演技がとても良かったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2015年12月12日
参照ページ:ブリッジ・オブ・スパイ

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.