ジョーカー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nuxhagseha
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ジョーカー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(14)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ジョーカー
Excerpt(概要):★★★★★ DCコミックのバッドマンに登場する悪役ジョーカーの誕生の秘密を丁寧に描いた重厚なドラマになっている。行政の政策が信じられないほどの悪政なのだ。ゴッサムシティーは全く弱者に厳しい社会である。こんな環境では民衆が荒れるのも無理はないと思う。彼が人殺しをなんとも思わなくなる過程に悲哀を感じる。いやはや、ダークな作品でした。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2019年11月14日
映画『ジョーカー』☆善悪を簡単にしないジョーカーの“笑い“がツボ!
Excerpt(概要):ホアキン・フェニックス、彼も、イイですよねェ〜震え上がりそうな、恐ろしさを秘めながらも、一方で壊れやすそうなハートをもつ、繊細さあり。そのギャップが、人物の厚みや深みになって彼の“こじらせキャラ“は、絶品です!。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年11月2日
ジョーカー Joker
Excerpt(概要):★★★★★ 全体的に音楽の使い方が上手いと思う。とにかく強烈なインパクトを持つ映画だ。観終わって鬱になる人や、まじでジョーカーになってしまう人が出そうな狂気を孕んだ作品だ。
Weblog(サイト)名 : 映画!That' s Entertainment  / Tracked : 2019年11月2日
ジョーカー
Excerpt(概要):狂気の犯罪者なるイメージがすっかり定着してしまったジョーカーも然りなので、そういう悪の足跡というか起源というものを知る意味でも、本作の主人公である無名の大道芸人・アーサーがカリスマ的存在のジョーカーになっていく過程の物語は、確かに前評判などで知り得た絶賛ぶりも理解出来る非常にパワーのある内容だったと思う次第。主演のホアキン・フェニックスで、本作のアーサー=ジョーカー役はもう素晴らしいの一言に尽きますね。痩せこけた体や突発的に発せられる笑い声、積み重なった怒りや悲しみなどもちゃんと伝わってくる、そういった彼の全身全霊の熱演は釘付けになること請け合いです。
Weblog(サイト)名 : シネマをぶった斬りっ!!  / Tracked : 2019年10月31日
『ジョーカー』をトーホーシネマズ渋谷3で観て、
Excerpt(概要):★★★★★主人公のジョーカーに感情移入し、びっちり不孝の闇に囚われる。それも又、よし。この映画のジョーカーはとことん何も持っていない男で、物語の後半まで、彼はその自分が何も持っていない事に気が付いてすらいない。彼には何の落ち度もないのに、その事実は生革を剥すように明らかにされる。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2019年10月27日
ジョーカー
Excerpt(概要):★★★★主人公アーサーを演じたホアキンが凄い。最初は気持ち悪いくらいにやせ細ったピエロの頼りない姿、そして後半ピエロの化粧に赤スーツに身を包んだ彼の姿は、言葉に出来ない格好良さがあった。震えた。もともと、序盤から一場面一場面のいわゆる画の力は凄かったので、絵になるなあ…でも顔がくしゃくしゃだなあ…と思いながら観てたのですが、 赤スーツ以降のシーンはもうまさにどのシーンも格好良い。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2019年10月26日
映画「ジョーカー(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ 世の中の全ての出来事が、見方を変えれば、時に喜劇であり悲劇でもあり、それらは常に表裏一体であると言う現実を、悲しい男アーサーが教えてくれる映画です。気合を入れて見に行った方が楽しめます!。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2019年10月20日
「ジョーカー」@新宿ピカデリー
Excerpt(概要):エンタメ性のある作品と予想していたが、期待はあっさり裏切られ、とっても激ヤバでマニアックな作品であった。アーサー役のホアキン・フェニックスの怪演に尽きる。社会に適応できない人間的に弱い男が、現実と妄想の間で狂気に取りつかれ、暴力の力を借りて悪に染まっていく姿を異様であり、内面と外面から狂気をにじませた演技はホアキンの役者魂がさく裂したように感じた。
Weblog(サイト)名 : 辛口映画館NEXT  / Tracked : 2019年10月20日
「ジョーカー」
Excerpt(概要):★★★ 脳に欠陥があって、いきなり笑いだし、笑いが止まらないのだ。って設定は、狂気っぽく見える仕掛けとしては、ナイス。ジョーカーという悪人ありきから、では彼はどんな過去を? とさかのぼって考えた映画だから、こんなふうになるのは想像できるわけだが、演技にもチカラはいりまくって、いまの社会を反映したようでもあり、なんだかすごい感じになっていました。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2019年10月17日
ジョーカー
Excerpt(概要):★★★★ この映画は、ホアキン・フェニックスの演技を見るための映画だといっても過言ではない。肩の骨が浮き出るほどに痛々しく痩せて、暗い瞳には小さな光も見いだせないようにすら見える、この映画の彼のすべてをじっと見守りたい。限りなく繊細で卓越した彼の表現方法と、存在の仕方をこの目でしっかりと見届けようではないか。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年10月17日
ジョーカー
Excerpt(概要):★★★★ 精神病院でカウンセリングを受けているシーンを見るにつけ、本作も最初から最後までジョーカー自身の妄想なのかと思えてしまう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2019年10月8日
ジョーカー・・・・・評価額1800円
Excerpt(概要):★★★★★ これはヤバイ映画だ。端的に言えば「タクシードライバー」と「キング・オブ・コメディ」をDCの世界観にぶち込み、ピエロの顔をしたガイ・フォークスでまとめ上げた作品。公開を控えて、米国の治安当局が厳戒態勢を敷いているそうだが、本当に怒れる人たちが観たら、暴動のきっかけになり得る。そのぐらい主人公のドラマに、現実と地続きのリアリティがある。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年10月6日
劇場鑑賞「ジョーカー」
Excerpt(概要):今までのド派手なアクションシーンのあるDC映画とは違い、今作はアーサーがどのようにしてジョーカーへと至ったのか、その心理の変遷が丁寧に描かれている。非常に惹きつけられる内容になっていました。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年10月5日
ジョーカー
Excerpt(概要):★★★★★ ゴッサムシティという架空の都市の物語だけれど、現実世界においても誰でもジョーカーになり得るという怖さもありました。アーサーはもともとコメディアンになって人々を笑わせたかった。でも世の中はそうさせてくれなかった。笑いというと明るいイメージだけどアーサーの笑いは心の奥の悲しみを感じました。ヒース・レジャーのジョーカーのイメージが強くそれ以上はないなーと思ってたのですが、ホアキンのジョーカーも狂気を見事に演じきってホント素晴らしかったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2019年10月4日
参照ページ:ジョーカー

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.