グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nelpdsedi
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(19)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):ニコールとグレース・ケリーを比べてしまうのは、無粋でしょうね。作品最大の見せ場でもある舞踏会のスピーチと公妃としての所作、そういったものを身につけ、これは物言える男性とは違う女性の戦いだったよね。神父との対話で涙を流しながら説得されるグレースには、女優グレース・ケリーとして逞しく甦る力強さが感じ取れたよ。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年5月10日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):★★★★ 気品高いニコール・キッドマンをみにいったって感じだったね(笑)。モナコがフランスの属国に堕ちかけた時、私が救えること!って感じで、公妃を演じ抜くことで国を守ろうとするグレース・ケリーがすごかった。最後のスピーチも素晴らしかったけど、やっぱりマリア・カラスの歌声が素晴らしかったな〜。
Weblog(サイト)名 : C’est joli〜ここちいい... / Tracked : 2014年12月1日
おとぎ話の裏側。『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
Excerpt(概要):★★★★ 途中からは完全に社会派ドラマのサスペンス調です。この映画を観て痛感した事は、実在した美しいプリンセスが体験したおとぎ話の裏側は毎日が楽しくもなく穏やかでもなかったという事。
Weblog(サイト)名 : 水曜日のシネマ日記  / Tracked : 2014年11月9日
『 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 』おとぎ話では済まない人生
Excerpt(概要):世紀の美女を、間違いなく今世紀の美女であるニコール・キッドマンが演じるのだからそこは本当に見どころの1つ。カルティエやディオールなど高級ブランド制作の優雅で豪華な衣装やアクセサリーも素晴らしく、それだけでも、もう満足。青い海、青い空、白く美しい大公宮…と、風景も見どころだが、ロケはイタリアやマントンで行われることが多かったらしい。ストーリーは、国家の一大事に直面した大公が自分に冷たくなっていくのを見て孤独に悩む公妃…というラブストーリー的部分や、誰が裏切り者なのかというミステリー的部分もあり、なかなかに飽きさせない造りとなっている。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2014年11月9日
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 彼女の国の守り方
Excerpt(概要):ニコール・キッドマンはやはり美しいのですが、彼女のアップのところに不自然なくらいにフィルターがかかっていたのが気になった・・・。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2014年11月7日
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」:クロースアップの力
Excerpt(概要):二コール・キッドマンがグレース・ケリー役だということを許せるか許せないかで、かなり評価の変わる映画でしょう。小生は許せる派です。クライマックスの彼女のスピーチはさすがの女優力でした。中盤までは結構たる目の展開で、いったいこの映画をどう転がしたいんだろうって感じでした。そういった意味では、構成に難ありでしょうね。ヒッチコック役のロジャー・アシュトン=グリフィスは、撮る時のアングルとか顔にシャドーをもってくる技法などで、かなり似た感じに仕上がってました。グレース王妃の衣装は、さすがに頑張りどころなだけに、見事にエレガント&ゴージャスでありました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2014年11月6日
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』('14初鑑賞72・劇場)
Excerpt(概要):★★★ 「グレース・ケリー」を演じた女優「ニコール・キッドマン」を観るための作品ですな。モナコ公国という名前は知っていますが、地図上のどこにあるのか解らなかったぐらいなので、観る前にちょっとでも勉強しておけば良かったと思いました。ニコール・キッドマンは綺麗ですよ。衣装も豪華だし、モナコの風景も素晴らしい。なにより映像が温かみのある色調で、ひと昔前の映画をみているようで心地良かったです。物語は、正直なところ、それほど印象に残るものではなかった。劇中、結婚式の時の記録映像をみる場面がありますが、そこは実際の映像のようでした。その場面のほうが興味深かった。映画の宣伝の仕方に少々、問題があるなぁ〜。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2014年11月2日
グレース・オブ・モナコ
Excerpt(概要):主演のニコール・キッドマンの美しさも比類ないものがあり、その点では問題ないと思います。とはいえ、民間人が王室に入った時の大変さが映画で描かれても、日本人にとり随分とおなじみであり、余り新鮮さがありません。本作は、“公妃”としてよりもむしろ“女優”としてのグレース・ケリーに焦点を当てているのでしょうが、そうであるならば、なにもド・ゴール大統領そっくりさんを映画に登場させることなど二の次にして、そのグレースを“女優”のニコール・キッドマンが更に演じているという観点に立った映画作りもありうるのでは、などといい加減なことを思ったりしました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2014年10月28日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):伝記ドラマという感じはそんなにしなかったし、ちょっとサスペンス仕立てな部分で引っ張られて、最後まで楽しめました♪ランバンが、シャネルが、ディオールが、当時の衣裳を一から作り上げたというのも、この作品に大きく貢献して、観客を60年代のモナコに誘ってくれていたと思う。ニコールは最後までニコールだったけど、十分クールビューティーな公妃でした!クライマックスへの序曲、プッチーニの私のお父さんをマリア・カラスが歌い上げるシーンは、何の違和感もないパス・ベガが成り切ってました〜。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2014年10月27日
映画 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):字幕版で見たせいなのか、古き良き洋画のような印象を受けました。映画は、誰が裏切り者なのか分からない状態で思い悩んだり、モナコの慣例を学ぶグレイス・ケリー役のニコール・キッドマンの演技が素敵でした。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2014年10月27日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要): キッドマン、顔がキツ顔でgraceじゃない。どうせならキーラ・ナイトレイとか、ナタリー・ポートマンあたりにやってもらった方が良かったような。本作は最近の偉人・王室物映画のごちゃ混ぜな感じがする。良かったのはマリア・カラス(パズ・ヴェガ)の独唱と1960年代風のの映像。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2014年10月22日
劇場鑑賞「グレース・オブ・モナコ公妃の切...
Excerpt(概要):今作の最大の功労者はグレース・ケリーを演じたニコール・キッドマンかと。物語はいたってシンプル。全体を通して、どちらかというと公妃“の”切り札というよりは、公妃“が”切り札でしたね。劇中で登場する数々の衣装や宝石は忠実に複製したとか。これだけでも見応えがありますよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2014年10月22日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):マリア・カラス(パス・ベガ)の歌がすばらしい。そして、舞踏会の主催者としてグレース公妃がスピーチをする。その内容はあくまでも赤十字の精神に則ったものだけど、非常に効果的だった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2014年10月20日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/構成的にはスポ根?
Excerpt(概要):王妃としての毅然とした、そして凛とした美しさはニコールの良さが十二分に生かされていたと思う。あくまで伝記ではなく事実をベースにしたフィクションの物語だと断っているこの作品、だとしても多くの名優たちが織りなす現代史の物語は歴史好きには堪らないものがあるハズだ。
Weblog(サイト)名 : MOVIE BOYS  / Tracked : 2014年10月20日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):国家危機サスペンスを軸に王室内におけるG・ケリーの苦悩、家族愛も描かれていて、決して悪くはないんだけど、全体的にシラけた印象が残る作品。G・ケリー役のN・キッドマンはざわちんばりにメイク等で寄せていったんだろうけど、G・ケリーに似ていて思いのほか好印象。G・ケリーの良き理解者タッカー神父役のF・ランジェラも存在感抜群だったし、東西関係なく宗教家が政治に参画してるんだと、知れるものあり。
Weblog(サイト)名 : 風情♪の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2014年10月19日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):★★★ 裏切り者がいて....犯人は誰なのか?という所は面白かったです。グレース・ケリーを演じたニコール・キッドマンはとても頑張ってたと思いますが、んーでも個人的にはちょっとお顔がきつすぎたかなーと思いました。作品の雰囲気は良かったけど全体的に盛り上がりがいまひとつでした。それに国家存亡の危機感があまり感じられなかったのが残念でしたね。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2014年10月19日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 / Grace of Monaco
Excerpt(概要):ニコール・キッドマンすげぇ。最後のシーンは、圧巻。中々、面白い作品でした。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2014年10月18日
映画:グレース・オブ・モナコ Grace of Monaco
Excerpt(概要):グレース・ケリー役は、ニコール・キッドマン。この人以外でのキャスティングが想像できないくらい、ズバリ当てはまる人はいないかも?。大満足とはいかないのは、クライマックスでの説得力にやや欠けるところ。悪くは無いんだけど、ね。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜  / Tracked : 2014年10月16日
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
Excerpt(概要):結婚後の苦悩と努力、そしてモナコの危機に立ち向かおうとするグレースの姿に頑張ったなあと思わず拍手したくなるような作品でした。やっぱり世界中に愛される女優のオーラは違うなあと思ってしまいました。色々な意味が考えられるラストシーンには、ちょっと考えさせられました。観終った時、きっと彼女の人生の選択は間違っていなかったと願いたくなった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2014年10月11日
参照ページ:グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

Google Web 象ロケ内





象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.