シン・シティ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/lcwbpbtbut
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:シン・シティ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「シン・シティ」
Excerpt(概要):クール!戦う男のかっこよさもさることながら、女たちが、また、かっこいい&美しい。劇画をそのまま映画にしたユニークさ。映画で観る劇画。実際、セリフや構図などは劇画のままのようなものらしい。白黒を基本に、部分的に色をつけた映像も印象的。タフな男3人の、3つの話が物語の柱になっている。この3人がブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、女のために命を張る。うー、かっこいい!笑かしてくれたのが、ベニチオ・デル・トロ。映像的には、言うことなしの、かっこよさ&ユニークさ。ただ、内容的に似たトーンのテンション張り続けで、観ていて少し疲れるかも。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2016年2月19日
シン・シティ/シン・シティ 復讐の女神
Excerpt(概要):私にはいまひとつ合わないなあ。面白くないわけじゃないんだけど。アメコミが原作らしいですが、非常にアクの強い作品で全体的にモノローグがほとんどで、3つのエピソードのうちその主人公が自分の思いをつぶやきながら場面が流れていく。一作目と違い続編はひねりがあまりなく、ノレなかった。ジェシカ・アルバが成熟しすぎたかな。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2016年2月14日
シン・シティ/Sin City
Excerpt(概要):物語がシリアスに展開している最中に、CGで描かれた自動車が重量感の微塵もないような挙動で画面上に登場しますってぇと。それが、没入感を集中力を途切れさせる原因となってしまう訳で御座いまして。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2012年10月16日
シン・シティ
Excerpt(概要):この映画の見所は、3つのストーリーが複雑に絡み合い、最後に全てのストーリーが繋がり、今まで観て来た3つのストーリーの謎や繋がりが判明するという映画自体の構成と斬新な演出の数々です。 この映画は、ぜひDVDで何度か観返して欲しいオススメの映画です、販売されているDVDは特典映像もたっぷりなので、かなり楽しめる作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : 映画・DVD・映画館レビュー  / Tracked : 2007年5月14日
『シン・シティ』レビュー
Excerpt(概要):★★★★ アメコミが原作の作品を乱発しているアメリカ映画界。『シン・シティ』もグラフィック・ノベルの映画化だが凡百のアメコミ映画とはわけが違う。刺激を抑えたファミリー・ムービーではなく、オッパイと暴力を満載した大人向けの映画なのだ。こんなコアな映画にブルース・ウィリスを初めとしたオールスターと呼んでいいキャストが集まるなんて、素敵なことじゃないか。 刺激に飢えた男性におすすめ。
Weblog(サイト)名 : トーンコントロール  / Tracked : 2006年9月15日
[映画]シン・シティ
Excerpt(概要):イエロー・バスタード最高! 予想してたよりもグロい。 特にケビン(イライジャ・ウッド)を犬に食わせるシーンがエグい。 まあグロいシーンは影絵みたいな感じにしてあるんだけど。 そんな訳で話の内容的にモノクロでパートカラーにしてるのは正解。 映画でアメコミを表現してるので普通の映画の感覚で観に行くとチト戸惑うかもね。
Weblog(サイト)名 : tuskyのblogってどうよ-2号店- / Tracked : 2005年10月10日
「シン・シティ」斬新さはこんなところに無い
Excerpt(概要):★★★ 連写しているカメラの映像みたいだ。 中心となるのは、ブルース・ウィリスのストーリーだが、他にも場面は様々な方向に飛んで、プロモーションビデオの様に、内容を伝えるというより、視覚にどう訴えるかが、重視されている。普通の映画を見たい人にはすごく違和感が残るだろう。 ただ、たまにはこんな映像の映画も面白い。
Weblog(サイト)名 : soramove / Tracked : 2005年10月9日
シン・シティ(Sin City) 血で血を洗う裸と裸のシバキ合い!
Excerpt(概要):コエーヨーーー! グロいヨーーー! キモいヨーーー! 死んでる奴の顔面打つなヨー! 手ぇもげてんじゃねぇヨー! 拷問シーンなげーヨー! やーだ!!オレ、グロいのダメなの!! もう血とか見ると、力抜けちゃうの!嗚呼、もう嫌だ、南無阿弥陀仏ーーーーッッッ!!! よーく考えよう命は大事だよ。
Weblog(サイト)名 : I ラブ Me / Tracked : 2005年10月3日
参照ページ:シン・シティ

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.