フォードvsフェラーリ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/jwxvfgxgwh
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:フォードvsフェラーリ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
フォードVSフェラーリ
Excerpt(概要):★★★★ カーレースシーンは凄い臨場感であり、カメラがレーサー目線になっているので、自分もレーシングカーに乗ってサーキットを走っている気分にさせてくれる。24時間ずっと車が走っているだけだから、単調になってもおかしくない場面だけれど、30分以上もあるのに、全く持って退屈させず、いろんな駆け引きや、思惑を盛り込んで見せきっているのには感心しました。演出の力ってことを実感しました。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2020年2月7日
『フォードvsフェラーリ』をトーホーシネマズ日本橋2で観て、
Excerpt(概要):★★★★何かを成し遂げる高揚感に満ちた映画。あー、おもろかった。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2020年1月27日
「フォードvsフェラーリ」
Excerpt(概要):価値ある作品。車好き、カーレース好きには堪らない作品であるが、それだけを描いた作品ではない。喪失感に満ちた結末であったとしても、心の中は美しい余韻を感じることができる。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2020年1月17日
フォードvsフェラーリ・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 見ごたえたっぷり、いぶし銀の熱血バディドラマだ。信頼できる仲間、愛する人たちに支えられ、7000rpmを超える誰も見たことのない領域を極めるため。彼らはある意味で、永遠に届かないゴールを目指すボヘミアンであり、魂の冒険者なのである。全てを捧げた者が常に報われるとは限らない。今はもういない20世紀の頑固な男たちの見果てぬ夢のロマンが、余韻として心にしみる。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2020年1月13日
「フォードvsフェラーリ」
Excerpt(概要):★★★★ スティーヴ・マックイーン主演映画「栄光のル・マン」を思い出し、あちらはレース・シーンが多く、レースの迫力を楽しめた。対して本作はドラマ部分も多いせいもあるのか、レースを見ている感覚の熱中度は少し及ばない気がする。若い時分に見た映画のほうが心に残るということもあるだろうし、作品として見せようとする全体像が違うのだろうから、比べるべきものでもないが、そう思ってしまうのは、いたしかたない。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2020年1月13日
フォードvsフェラーリ
Excerpt(概要):★★★★★ 基となる出来事は知らなかったので最後までどうなるのかとスクリーンにくぎ付けで観てました。153分の長丁場もダレることなく観られました。レースシーンは臨場感あるカメラワークにテンション上がりました。リアルさが半端ないです〜。車の整備やレースの流れなど難しそうに思えますが詳しくなくても楽しめる所が良いです。わからないなりになるほどーと興味津々。この時代のレースカーは味があっていいですね。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2020年1月12日
フォードvsフェラーリ
Excerpt(概要):★★★★★ レースシーンは本当に迫力満点だ。レッドゾーンまで回しても大丈夫なのか、エンジンは持つのか。ブレーキや冷却装置は耐えられるのか。ワクワクが止まらない。アナログなレースを充分に堪能できた。フォードGT40とフェラーリ250LMのレースシーンは本当にコースを走っているみたいだった。その後の主人公たちのドラマもよかった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2020年1月10日
映画「フォードvsフェラーリ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★★ 「会社vs会社」の骨格の上に、2人の男の人生の「人間ドラマ」を被せて、見事な「熱血根性映画」に仕上がっています。迫力のレースシーンも車はほぼCG無しで、振動で揺れる車のボディは必見です。でも、決してカーレース映画ではなく、あくまでも車やカーレースを通して描かれる熱血根性人間ドラマ。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2020年1月10日
「フォードvsフェラーリ」熱い、熱い”おっとこの映画”
Excerpt(概要):とてもリアルに撮りあげられたレースシーンが、もお度肝を抜かれる圧巻モノ!今から約半世紀前のレースを果たしてどうやってこんなに迫力満点に撮ることが出来たのか?もう、脱帽!でございます。このグイグイとスクリーンに惹き込まれる映像が、とにかく熱くてすんばらしいですわ!マット・デイモン、クリスチャン・ベイルは意外や初共演なんですね。この2人の共演を見るだけでも、この映画は一見の価値が有ると吾輩は思います。とにかく素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2020年1月9日
参照ページ:フォードvsフェラーリ

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.