フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/drzihueonh
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(10)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要):★★★ わりと普通に観られました。アナ役のダコタ・ジョンソンのまさに身体張った演技はえらい。次週をお楽しみに!!!という気分でした。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2015年7月15日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要):特殊なのは、SM契約ってところでしょう。愛しているけど心から愛せないみたいな葛藤がみれるのかと思いきやその辺はさらりと描かれていて不満足。運転手のテイラーが好みだった。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年7月14日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要): ボカシの必要なシーンなんかなかった!音楽の使いかたがうまい。飛行シーンが良い。恋愛のかけひきのtips満載。アナを演じたダコタ・ジョンソンが良い。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2015年3月1日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要):作品にぼかしがあっても構いませんが、多いと興ざめちゃいますし、スクリーンの大半をブラックホールのようなぼかしで、身体が隠れるくら大きいものまでと拍子抜けしちゃいますね。SMのシーンはあまりいい気分になれませんでしたが、ダコタ・ジョンソンの裸体はとてもキレイでした!これは男性だけでなく、女性もうらやましいと思うのではないでしょうか(笑)。
Weblog(サイト)名 : 必見!ミスターシネマの最新映画ネ... / Tracked : 2015年2月27日
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
Excerpt(概要):映画を観終わって、これって究極のロマンス映画じゃないかと思った。原作本はきっとそれ以上のロマンス本であるかと想像する。SMシーンも過激ではなく、美しく描いている。ジェイミー・ドーナンはとてもキュート。コリン・ファレルとヘンリー・カヴィルを足して2で割った感じで、二人以上に甘いマスク。ドン・ジョンソン&メラニー・グリフィス夫婦の娘ダコタの体当たり演技に注目。彼女はマザー譲りのナイス・バディ。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2015年2月20日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ| エロさは映画の中でなく女の中にある。
Excerpt(概要):★★ 映画自体がものすごく過激なのかと思ってたけど、エロいと言うよりはかなり美化されて綺麗なセックスシーンになってます。セックスシーンも、のけぞる裸体とか、張り詰める足先とか、なんと言うか古典的なカットが多いかな。主演のダコタ・ジョンソンは惜しげもなくその裸体をさらけ出しているが、エロいと言うよりも綺麗。この映画にエロさを求めたら、物足りないかも。この映画のエロさは、ありきたりの日常の中で実はこんなことを夢想している平凡な女の中にあるのだから。
Weblog(サイト)名 : ミニシアターで映画を  / Tracked : 2015年2月19日
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 (2015)
Excerpt(概要):危険なムード漂うライトなお色気ムービーではあるのだが、如何せん事前情報を得て向かわないとツライ一作であった。女性監督らしいオシャレなタッチで、えげつなさは全然ない。アナ役のダコタ・ジョンソンとグレイ役のジェイミー・ドーナンのお二人が、体当たりの演技をみせており、好感度大。好きだけど、受け入れられない。感情と現実にどう折り合いをつけていくのか?そこをカリカチュアライズして、官能系にコーティングしたのが、本作の味である。一本の作品として、およそ成立していまい。おそらく「次作に続く!」ということなのだろうが、だったら「パート1」と銘打っておいてほしい。(原作は3部作だそう)。
Weblog(サイト)名 : 相木悟の映画評  / Tracked : 2015年2月14日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/俺も無理
Excerpt(概要):黒いぼかしって一体いつの時代の作品だよと思う。俺が子供の頃から変わってないんじゃないか?別に結合部をもろに見せろなんて言わないけれど、作品が恐ろしくチープになるよね。“フィフティ・シェイズ”とはグレイが自らを称して言うセリフなんだけど意味としては「50の陰」具体的にはそれも語られていないので解らないけれど、要するに彼の人には言えない50の歪んだ一面を持っているということなんだろう。グレイのような人は俺の知らない遠くの世界で勝手に好きなように生きていってくださいとしか思えない。原作を読む気にもならないこの作品、続編は当然あるのかな。まあ気が向いたら観るかも。
Weblog(サイト)名 : MOVIE BOYS  / Tracked : 2015年2月14日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要):男性の50通りの歪んだ性格が出来上がった理由をもう少し詳しく描いていれば、もっと奥行きのある内容になっていた。続きが出来そうな終わり方であった。ファッショナブルではあるけど、エモーショナルではない。エロティックなシーンは美しくて、官能的である。デートムービーとしてはお勧めできない。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2015年2月13日
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Excerpt(概要):★★ 今時こんな大きなデカ黒あるのかと思ってしまうほど。昔だってこんなでかくなかったと思う。場面によってはアナの体の半分くらいボカシが入るのだから。意外にストーリーは淡白。脚本もっと凝った方が良かったのではと感じてしまう。もう一つ引っ掛かったのは、ことを終えた朝にグレイのママ(継母)がずかずかと入って来るところ。大富豪ならそれ専用の秘密のマンションくらい買っとけよ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2015年2月13日
参照ページ:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.