イレブン・ミニッツ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ztwnqinnhp
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:イレブン・ミニッツ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「イレブン・ミニッツ」
Excerpt(概要):ドラマに台詞はあるけど、スタイリッシュな映像が物語る作品。ラストのスローモーションは圧巻。「エッセンシャル・キリング」や「アンナと過ごした4日間」のイメージが強烈なイエジー・スコリモフスキ。本作は全く趣の違う作品でびっくさせられた。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2016年10月26日
『イレブン・ミニッツ』こんな禄でもない映画以下の粗末な存在の我々。
Excerpt(概要):観察していくということ自体がテーマになっていると思う。いろいろな人間模様が、煮え切らない形で描かれるのはこの最後のカタルシスをよくも悪くも強調している。そしてそれが、快く思えようと不快だろうと、それは監督の意図通りといえるだろう。強烈な皮肉に痛快さを感じたり、あまりの理不尽さに怒りを覚えたりする。意図はしっかりと受け取ったうえで好き嫌いのわかれるエンディングになっている。
Weblog(サイト)名 : アレなアレコレ  / Tracked : 2016年10月17日
イレブン・ミニッツ 
Excerpt(概要):★★★ 突然の非日常的なできごとで、人生が一変することはあるわけですし、ラストカットも非常に印象的なものなので、実験的な作品を作りたいという意欲はみているこちらにも伝わってきます。登場人物がとった行動が、別の登場人物を撮したカットで、違った意味にとれるというのも面白かった。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年9月7日
イレブン・ミニッツ
Excerpt(概要):★★★★ 本作はポーランド映画で、都市で暮らす様々な人間が、夕方5時丁度から5時11分までの11分間に何をするのかを描いている作品。それぞれお互いに何のつながりも持っていないにもかかわらず、偶発的な出来事の重なりによってつながりを持ってしまう様子が、サスペンスフルに描かれており、音の使い方がトテモ巧みなこともあって、見ている方は思わず引きこまれてしまいます。群像劇ともいえるこうした構成の作品はこれまでにも作られているころ、本作がそれにどんな新しさを付け加えているのかは見てのお楽しみです。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年9月2日
『イレブン・ミニッツ』 イレブンの意味あるいは無意味
Excerpt(概要):緊張感を増してラストへと突き進んで行く演出はさすがに見応えがある。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年8月28日
イレブン・ミニッツ〜「11」は不吉の番号
Excerpt(概要):★★★★ 夥しい数の監視カメラのモニター。この夥しいモニターは映画監督が撮影した膨大なフィルムのようにも思え、映画内映画の趣もある。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年8月23日
「イレブン・ミニッツ」:時間のキュビスム
Excerpt(概要):これまで観たことのないような映画ですし、そういう新しいクリエイティヴィティに出逢うことは、映画ファンにとっていつでも刺激的な喜びなのです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年8月22日
【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』
Excerpt(概要):効果音にもあおられ、ドキドキしながら「その時」を迎える至福。再見すると一度目に気づかなかったことも発見できて一層楽しめます。77歳のイエジー監督の遊び心には感服です。
Weblog(サイト)名 : アリスのさすらい映画館  / Tracked : 2016年8月21日
参照ページ:イレブン・ミニッツ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.