ドッグ・イート・ドッグ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/xmvwcxmjvs
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:ドッグ・イート・ドッグ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(3)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ドッグ・イート・ドッグ」
Excerpt(概要):面白いというか、破壊的に破滅的に破茶滅茶な所、21世紀の時の流れとは違うテイストが、素敵。冒頭のキレ過ぎのウィレム・デフォー登場シーン、ピンクに彩られた世界や、作中のモノクロームから色が徐々に浮かび上がってくる映像もいい。ニコラス・ケイジが主役ではあるのだけれど、そしてそのニコラス・ケイジは気だるい前科者を嬉々として演じているのだけれど、ウィレム・デフォーのイっちゃったっぷりも凄まじい。夏の気だるいひとときにぴったりな作品。気だるい気だるいと言っている割には、猛烈に暴力的で残虐な作品なのだけれど。混沌の中、ただ立ち直れない犯罪者の様を描くという点では一本筋が通った作品である。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年7月12日
『ドッグ・イート・ドッグ』 ピンクのノワール
Excerpt(概要):原題のDog Eat Dogは原作のノワール小説と同じで共食いとか食うか食われるかといった意味だけど、登場人物は誰ひとり互いを信用せず、自らの欲望のままに行動する。ニコラス・ケイジは、こういうチンケな男をやらせると絶品だなあ。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2017年7月1日
『ドッグ・イート・ドッグ』 ボギー!俺も男だ
Excerpt(概要):ブラックコメディの味わいの作品だった。ラストで闇のなかに浮かぶダイナーからのエピソードはデヴィッド・リンチの映画を思わせた。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年6月25日
参照ページ:ドッグ・イート・ドッグ

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.