ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/whwhycbbwf
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(31)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 圧倒的な映像美で描く人生の深淵
Excerpt(概要):考えさせられる映画。3Dの映像美。考えさせられるのはラストまで観終わってからで、観ている間は息をのむ映像美に圧倒されっぱなし。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2016年2月29日
「ライフ・オブ・パイ〜虎と漂流した227日間〜」
Excerpt(概要):素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。内容は、単に虎と一緒に漂流したというだけでなく(もちろんそれがメインですが)、インド人のとあるカーストの精神や、生活、少年時代に温かい家族のもとで幸せに過ごしてきた事などが丁寧に描かれていて、それがその後の主人公の行動に表れているようだ。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2013年9月18日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):海面が陽に輝いているシーンだとか、映像はとても美しかったです。生きるための気持ちというのは神が人間に与えた最大の力なんじゃないかなと思った。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2013年6月12日
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D・吹)
Excerpt(概要):★★★★★ 3Dは本当にきれいでしたね〜感心しちゃいました。そしてただひたすら荒れ狂う洋上の奇跡的な体験の果ての漂流日記かと思いきや、なるほど。。。って感心すらしてしまいました。ストーリーに引き込まれていったな〜本当に映像はきれい!!海の映像、ミーヤキャットの映像、魚の映像、すべて美しかった。アン・リーやるな〜。
Weblog(サイト)名 : C’est joli〜ここちいい... / Tracked : 2013年4月14日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):聞き手であるライターのリアクションや、パイの語り口そのものから、そもそもの最初からこれは「そういう映画」ではないということが明確にわかるような仕組みになっています。
Weblog(サイト)名 : キノ2  / Tracked : 2013年2月25日
映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜劇場で
Excerpt(概要):3Dについては、すばらしい!の一言です。ストーリーがなくても、延々これを見てろと言われたら、楽しく見られるのじゃないでしょうか、飛び出すサファリパークなんて、素敵です!映像の力を味わうことができる作品です。困難を乗り越えるのは、科学や理屈の力でない、精神力というか、ぎりぎり追い詰められたところで、何かを信じることで出てくるものもがあるということを考えさせられました。十分味わい深い作品になっていると思います。
Weblog(サイト)名 : David the smart ass  / Tracked : 2013年2月12日
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る
Excerpt(概要):観る前に想像していたのと全然違う感触で、またその感触も観ていくなかで変わっていくという不思議な印象をもった作品でした。観る作品の中に意味や意図を見いだそうとするスタイルが僕自身にもあり、まさに本作のように人が本来にはただあるだけの出来事や世界に意味を見いだそうとすることと同じことなのだなと思いました。そういう人の性(さが)を描こうとする意味があるのではないかと、この物語を読む自分自身も人間とての業があるなと感じたりもしました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年2月11日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日・・・・・評価額1800円
Excerpt(概要):★★★★★ 極めてロジカルに構成された物語は、神話的な暗喩劇である。穏やかな南インドの風土を背景に纏った、この冒頭部分が決定的に重要だ。3Dによって迫力満点に描写される本作の自然は、ナショナルジオグラフィック風のリアリズムというよりは、むしろ宗教画の様に華麗にして荘厳で、見る者を驚嘆させて畏怖の念を感じさせる物だ。ネコ族の細やかな仕草までリアルに再現したデジタルキャラクターは、圧巻の出来だった。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2013年2月5日
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」映像の魔法に身をゆだねる心地よさ
Excerpt(概要):★★★★ 生と死を象徴するような過酷さと生きる喜び、それらを感じさせる映像が圧倒的に素晴らしい。劇場の大画面で見ないと映画の面白さは伝わらない。映像の魔法が確かに感じられる。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2013年2月5日
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
Excerpt(概要):★★★★★ 映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。映画芸術を堪能させていただきました!遭難からラストまで、飽きさせない手腕は素晴らしい。トラの映像は、かなりの部分がCGだと思うが、すごいものだ。トラの動きを見るだけでも楽しかった!物語としても、平坦ではなかった。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2013年2月1日
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ
Excerpt(概要):★★★★★ 圧倒的な映像美、生と死にまつわる人類の英知を全て詰め込んだような骨太のあらすじ、本当に素晴らしい作品でした。本作はあらすじも逸品。特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、宗教関連の本をわりかし読んでいる私には興味深いものがありました。サバイバル・アドベンチャーの逸品といえる作品です。本作のような映画こそ、映画館で観るべき作品だと思いますよ。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2013年2月1日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):美しい映像に魅せられながら、少年パイの冒険に引き込まれていきました。トラと海の存在感にびっくりでした〜自然の壮大さや恐ろしさが、美しさと共にスクリーンから伝わって来ました。また、動物たちのリアルさにもびっくりしました。パイの体験する多くの試練や感情を一緒に体感したように感じました(^^ゞ観終った時、トラの後姿が神々しく見えたなあとちょっと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年1月29日
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想
Excerpt(概要):自身の生存のためならば他者を平気で殺す存在であるという、ごくごく当たり前の事実を再確認させてくれる作品ですね。作中の映像は、かなり綺麗かつ自然の美しさと脅威の双方を上手く表現するものではありましたね。ただ一方で、アレだけ嵐に遭遇する場面やトラとのにらみ合い等のシーンがありながら、アクション&SFX系映画で見られる爽快感をもたらす描写の類はまるでないので、その辺は余計な期待をしない方が良いかと。全体的な構成としては、自然の雄大さと人間の無力さが前面に出ていて、かつ宗教的な要素が少なくないストーリーが展開されるので、観る人をかなり選びそうな作品ではありますね。
Weblog(サイト)名 : タナウツネット雑記ブログ  / Tracked : 2013年1月28日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):3Dの迫力が生かされていた映像美に満足でした。ただ、予想に反してパイのサバイバル生活までの前置きが長くて、 しかも、そこに後半への重要な伏線があると予測できる流れで、 インド時代の一家の物語が延々と続くのは想定外ですが、ガマンのしどころです。全編3Dと言うわけではないけれど、序盤の色鮮やかで美しく 臨場感ある動物達のシーンで、すぐさま心を掴まれました。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2013年1月27日
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI
Excerpt(概要):★★★★ 大自然と生命の神秘圧倒的映像美で魅せる、これはぜひとも劇場、それも3Dがやっぱりオススメ。大型の船が嵐で難破するまでの話がけっこういらないかも。前半の30分くらいまでがけっこう退屈。やっぱり漂流してからが俄然面白くなってくる。感動!!というよりじんわりいい話。これがアカデミー賞作品賞をとるか?といえば、とるほどではないという気がするけど、観て良かったと思える作品。
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2013年1月27日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):★★★★ 幻想的な映像美は見応えあり。シマウマが飛び出してきたりとか、沈んでいく船の姿とか映像的に見応えあるシーンで、ここから話に引き込まれた。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2013年1月27日
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
Excerpt(概要):アン・リー監督の実力を存分に味わうことが出来る映画だと思います。前半は原作のタイトル通り、少年パイの人生が描かれているだけで少々退屈。特に空と海を鏡写しにするように描かれる極楽浄土のような風景、深夜の海に母親の表情を思い浮かべる精神世界のような不思議な体験などは、もはや単に美しい映像という表現では言い表せないほどの感動があり、しかも事前にパイの宗教観を見ているだけに何かしら神秘的なものも感じずにはいられないんですよね。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2013年1月26日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):一見余分にも思える「前置き」状の語りが、この作品にとって、大事な部分であるのだろうと考えられる。実際、この前置きがなければ、この作品の本質が描けない気がする。3Dで観ていたら、素晴らしい効果の映像だっただろうと思う。意外なところで登場した、日本の会社や日本語の文字。読めてしまうだけに、そこだけ妙に目に留まるのだが、「門真市」なんて文字が出てくると、思わずふっと頬が緩んでしまったりします。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2013年1月26日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):★★★★ 映像はとても美しく、海の中などの映像は3D効果もあってとても幻想的でした。主人公が漂流することになる嵐のシーンはド迫力で怖かったですね。その後の穏やかな海だったり、光るクラゲや飛んでくるクジラは予告編で何度も観たけれども本編で見るとより美しかった〜ちょっとした宇宙空間を見てるようでした。大量のトビウオが飛んできたシーンは思わず避けちゃった(汗)。最初の30分くらいはなかなか本題に入らないので微妙に退屈気味でした。
Weblog(サイト)名 : 新・映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2013年1月26日
☆ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)☆
Excerpt(概要):★★★★ オープニングクレジットに出てくるたくさんの動物たちの映像がBBCとかのNATURE番組か?と言うほど素晴らしくて、動物好きの私としては最初からテンションアップ。パイが海で漂流してから数々の映像美を観ることができました。特に嵐のシーンは、迫力ある映像で揺れが強いので、乗り物に弱い人は要注意です(笑)中でも、予告編にあって楽しみにしていた夜光虫?の群れの中から水面上にジャンプするクジラは神秘的、幻想的で美しかったです。命とは、永遠とは、人生とは、生きるとは、神とは、信仰とはetcを考えさせられる奧深い映画だったようです。
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2013年1月26日
【ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日】生があることの美しさ
Excerpt(概要):漂流生活に入る前のストーリーもなかなか長い。長いけれどもつまらないワケではなく、パイという少年の性格や拘り、家族の宗教観などが存分に描かれる。映像も物語もファンタスティック!2Dの上映回数が少なくて選択肢がなかったので3Dで観たけど、これはもう全く損はしない。自然に感謝し、命に感謝し、運命に感謝する。見終わって、そんな気持ち。残酷な描写は、ほとんどカットされているので、お子様でも安心して見れる、はず。生きるための知恵や生への執着は、ぜひ見せたい所…。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2013年1月26日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):冒頭の動物園の様子が野生に近いと感じたのは物語のふせんになっていた。宗教にあまり関心のない日本人を船の持ち主で事情聴取の役目を担わせたのは、うますぎる設定だ。傑作だと思う。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2013年1月25日
ライフ・オブ・パイ
Excerpt(概要):★★★★★ 実写合成と、CGを組み合わせて表現された "リチャード・パーカー"と名付けられたベンガルトラの映像が見事。めっちゃ怖いし、めっちゃカッコいい。トム・ハンクス独壇場の遭難劇「キャスト・アウェイ」の海バージョン。救出の安堵よりも、人生の奇想天外な面白さと、しんどさに船酔い。観賞後の余韻が切ないというか何というか。抽象的、哲学的に人類を捉えた「ツリー・オブ・ライフ」に近い感覚。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2013年1月25日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):★★★★ 起こるシーンは宇宙と海の境目がなくなったような幻想的でしかも数学的な美しさ。パイが救助を求めるメッセージを入れた空き缶を投げた時に広がる波紋は見事な円周を描く。原題のLife of Piは、円周率が無限に続くのだから「永遠の生命」という二重の意味が込められているようだ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年1月25日
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流し...
Excerpt(概要):これは観て損はない。ただ好き嫌いはあるかと思いますが…(汗)吹き替え版の鑑賞でしたけど、本木雅弘さんは格段上手くもなく下手でもなく…といった感じ。映像に集中したければ吹き替え版をオススメ。嵐によって貨物船が難破するシーンの大スペクタクル映像は圧巻の一言。リチャード・パーカーが救命ボートから飛び出すシーンは思わず体がビクッと。最先端のデジタル技術で作り出されたベンガルトラの本物と見まごうばかりの表情は凄い!3D効果を感じさせる映像の数々に感嘆。全体を通して、雄大なサバイバルアドベンチャーから、生命の神秘を感じさせる奥深いドラマへと昇華させた物語。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年1月25日
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 衝撃のラスト アカデミーなるか? 
Excerpt(概要):★★★★★ パイ役に17歳学生で新人俳優のスラジュ・シャルマ、素晴らしい演技でした今後に期待です。いや〜しかしこの映画良かったっす。船が沈む所からラストまで、目が釘付けの展開に、大嵐のシーンの迫力、そして魚や動物たちが起こす幻想的な世界観、海で自分たちが見たいけど見れない映像盛りだくさんっす。夢のように美しく、大スクリーンで観る価値のある作品です(◎´∀`)ノ3Dならもっといい。この映画は、人によって色々と違った解釈の仕方があるでしょう。
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas  / Tracked : 2013年1月25日
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑)
Excerpt(概要):J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海、これが厳しくも美しい。小説なら、全く問題ない。が、映画では疑問符がついてしまう脚本と、当ブログは判断する。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ST... / Tracked : 2013年1月24日
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか?
Excerpt(概要):非常に美しい映像が次々とスクリーンに映し出されます。この映画の3Dは、非常に美しくて優しい映像で、見ている我々を圧倒的に魅了してくれます。ホントに何ともクオリティの高い映像でございます。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2013年1月23日
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ 多くの時間は割かれていないものの、スピリチュアル(神秘的)な考え方が根底にある。後で分かることだが、この物語には仕掛けや比喩が隠されている。思わず笑ってしまう場面も多い。CGを駆使した映像も素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2013年1月22日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
Excerpt(概要):ベンガルトラの登場は衝撃的。この映画で一番印象に残った。単なるアドベンチャーに留まらぬやや難解ホークスな哲学的内容なきにしもあらず。一回観ただけだとよくわからないので、何回も映画館でみたい!と思わせられる力作でありました。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2013年1月21日
【映画】ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
Excerpt(概要):昨今の大作映画にアイドルを声優に当てて映画ファンからは大ブーイングを浴びていますが(苦笑)、もっくんは大丈夫!とてもよかった。作品を観て、真っ先に思ったのが映像の美しさ。3Dの飛び出す立体感というよりは、奥行きを感じる映像で、海と空と空間が見事にマッチしていて本当に芸術的。トラと一緒で逃げ場の無い恐怖、漂流している果てしない恐怖と同時に、極限状態で生み出される自然の美しさ雄大さに心が奪われ…これはぜひ3Dで見て欲しい。
Weblog(サイト)名 : ☆紅茶屋ロンド☆  / Tracked : 2013年1月18日
参照ページ:ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.