ノア 約束の舟 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/wdtbusonix
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ノア 約束の舟
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(27)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ノア 約束の舟」
Excerpt(概要):素晴らしい作品だった。それは間違いない。映像のスペクタクル、人の弱い心から生まれる葛藤。(勝手に)イメージしていた好々爺とは違うノアの存在感。ラッセル・クロウだけでなく、ジェニファー・コネリーもエマ・ワトソンもローガン・ラーマンも大層良かった。クライマックスでは落涙もさせてもらった。ダーレン・アロノフスキーに私が期待しているある種の荒唐無稽さとは縁のないものであった。すごかったねー、面白かったねー、で終わってしまうような。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2015年1月6日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):ただの宗教映画ではないので、案外と日本人のほうが受け入れやすいのかも。なかなか面白い新解釈だったと思いますが、スペクタル史劇とはなっていなかったのは少し残念。ノアは神に人というものを託され、愛と慈悲を選んだとイラが諭すシーンがこの映画のノアの役割だったのでしょう。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2014年9月17日
ノア約束の舟
Excerpt(概要):★★★ 中々の迫力です。とはいえ、よりリアルな人間的な話にしようとノアの家族の構成を創世記とかなり異なるものにした点などは、逆にそれほど説得力を持たないようにも思いました。ハムの設定を変えることによって、この話が随分と人間的でドラマティックなものとなりましたが、それと同時に、創世記に描かれた神話という性格がかなり失われてしまったのでは、と思っています。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2014年7月28日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):★★★ 映画は突っ込みたいところ多いんだけど、まあとりあえず、この映画、長すぎだったな〜ジェニファー・コネリー、アンソニー・ホプキンスはさすがなんだよね。命かけて指名をって感じがなにか違う方向にいっているようにもみえました。
Weblog(サイト)名 : C’est joli〜ここちいい... / Tracked : 2014年7月26日
「ノア 約束の舟」
Excerpt(概要):神のお告げを聞き、ひたすら邁進する起こりっぽくて頑固な?ノア。演じるラッセル・クロウがナイス・キャスティング。ノアの妻ナーマ役のジェニファー・コネリーはラッセルとの共演が多いが相性が合うのだろうか?凛とした雰囲気が漂う美しい女優。ノアの父親メトシェラを演じるアンソニー・ホプキンスも出番は少ないながらもいつもの貫禄。本作も単なる宗教映画でもなく、ましてやディザスター映画でもないダーレン・アロノフスキー版“ノアの箱舟”は中々興味深い。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2014年7月17日
「ノア 約束の舟」壮大さがもうひとつ、心に迫るものナシ
Excerpt(概要):★★★ どこかに重点を置けばもっとスッキリと分かりやすかったハズ、ちょっと勿体ない大作だった。様々な疑問に、ひとつも納得の答えが用意されておらず、とても不満な部分が多く、それだけで興味は半減。現代の技術でこれでもかと、壮大であり得ない映像をスクリーンで見せて欲しかったな。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2014年7月6日
「ノア約束の舟」:ハムくんがしょーもない
Excerpt(概要):衣装とか髪形とかメイクとかがかなり現代的なのも、ちょっと興ざめですね。ハーマイオニー、いやエマ・ワトソン、小ぎれい過ぎますよね。旦那役もロックスターみたいですし。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2014年7月2日
「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な
Excerpt(概要):本作を観ていると、今までの彼の作品にも通じる「らしさ」がしっかりと出ていてように感じました。ラストは割とヒューマンな終わり方だったところがちょっとアロノフスキーっぽくない気がしましたが、作品を仕上げるにあたり映画会社ともめたという話も聞きますので、このあたりのことかな?。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2014年6月28日
映画『ノア約束の舟』観た
Excerpt(概要):ぜ〜んぜん聖書については知らないのですが、知らなくても大丈夫です。創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。かなりファンタジー。スペクタクルもいいんだけど、やっぱり突っ込みどころ満載でいろんな意味で楽しめます。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2014年6月22日
「ノア約束の舟」
Excerpt(概要):★★★★ 本作は重要な部分において、創世記とは大きく異なる作品になっている。聖書の映画化というより、聖書をベースにして、人間という存在、人間らしく生きる意味について考えさせられる、まさにアロノフスキー監督らしい、これは問題作である。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2014年6月22日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):洪水のシーンは夢に出て来そうなほど強烈でした。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2014年6月22日
「ノア 約束の舟」☆スペクタクルなコスプレ
Excerpt(概要):キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載。ラッセル・クロウは今回いろんな意味で一人で大活躍。若いときから白髪になるまで、やんちゃなラッセル・クロウが敬虔な、神を信じる善良な人間を見事に演じている。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2014年6月19日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要): 映像は凄くて見応えあった。だけど長い。後半ケツ痛くなってきてダレてもうた。内容的には“ふ〜ん”って感じ。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2014年6月19日
ノア 約束の舟・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★ 聖なる方舟という世界の胎内を舞台に、人間存在の真理を問うた珠玉の心理スリラー、まことに恐ろしく、じっくりと考えさせられる傑作である。 ノアを演じるラッセル・クロウはさすがの名演。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2014年6月18日
ダーレン・アロノフスキー 『ノア 約束の舟』 狂気のノア
Excerpt(概要):『ノア 約束の舟』 建物のように見えるのが箱舟。大がかりなセットだ。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2014年6月18日
映画 ノア 約束の舟
Excerpt(概要):箱舟を作るシーンは、スケールが大きく映画ならではの表現だと思いましたが、洪水での舟の中の出来事が、ちょっと端折られている気がして残念でした。ノアやイラの心の葛藤が上手く表現されており、旧約聖書の出来事を楽しめました。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2014年6月16日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):実在の動物と架空の動物たちが入り混じるファンタジックな世界観。動物たちがぞろぞろツガイで方舟にやってくる 映像は圧巻。ジェニファー・コネリーの演技に涙が出た。ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソンの演技が特にすばらしかった
Weblog(サイト)名 : miaのmovie☆DIARY  / Tracked : 2014年6月16日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):必ずしも神の意志が正しいのか?の宗教の本質と矛盾みてぇなところに無神論&無信心者なりに思うところ考えさせられるところがあった。当初の確固たる意思で締まった表情と途中から何が正しいのか解らなくなるもとりあえず神の意思に忠実にこなすときの混乱したときの表情のギャップが印象的素晴らしかったノア役のR・クロウの演技力はさすが。
Weblog(サイト)名 : 風情♪の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2014年6月15日
[映画『ノア 約束の船』を観た(寸評)]
Excerpt(概要):この作品、テーマ性は同じながらも、誰もが知っていて良くは知らない「ノアの箱舟」を新解釈で、やはり、ノアに激情の苦悩を持ち込んでいて、更には、「ロード・オブ・ザ・リング」的なファンタジー要素も感じられる盛り沢山ながらも、ちゃんと整理がされている良作となっていた。作中で、天地創造がダイジェスト的に語られたのは得した気分でした。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2014年6月15日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):★★★★ うん、まぁまぁかな....。映像はきれいだし箱舟建築風景や洪水のシーンも迫力ありました。ラッセル・クロウの存在感も説得力ありました。が、スケールが大きいわりに物語はあまり印象に残らない感じでした。ノアが、かなりブラック入ってた!
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2014年6月15日
ノア 約束の舟
Excerpt(概要):聖書に書かれているノアの物語をかなり脚色して、旧約聖書の他のエピソードで語られる要素も盛り込んで大胆な解釈にしたと思う。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2014年6月15日
ノア 約束の舟 / Noah
Excerpt(概要):内容を理解するためには、若干のハンデがあると言っていいような気がします。雨のシーンは、膨大な量の水を降らせて撮影したということで、出演者が非常に苦労したらしいです。また、方舟も、創世記に伝えられる大きさのものを実際に建造して撮影したらしいです。中々見応えのある作品だと思いました。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2014年6月14日
【 ノア 約束の舟 】逆らわないから選ばれただけ
Excerpt(概要):映画の内容が新解釈すぎるし…信仰している方にとってはこの映画自体が引っかかりだよね、たぶん。迫力や構造は見応えがあった。ハーマイオニーエマ・ワトソンの女優として成長した姿を確認できて嬉しかった。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2014年6月14日
ノア 約束の舟 : 原理主義でない方は是非!
Excerpt(概要):★★★★★ 本作を観て最初に感じたことが、日本との宗教感の違い。あらすじが逸品でした。映像も、Goodだったなぁ。「ノア 約束の舟」は、終盤近くまでは宗教観の違いで若干引き気味になる作品ですが、ラストは原理主義以外の方には納得できる素晴らしい作品となっております。本作のような作品こそ、学校の課外授業で観るべき映画だと思いますよ。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2014年6月14日
ノア 約束の舟〜人類は滅亡せねばならぬの強迫
Excerpt(概要): 「ウォーターワールド」の雰囲気を思い出す。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2014年6月13日
劇場鑑賞「ノア約束の舟」
Excerpt(概要):ファンタジー映画と割り切って観てください。序盤は淡々と進む感じでしょうか。雄大な景色の数々は素晴らしいのひと言!アイスランドでロケしたようですね♪吹き出した水がやがて川になっていく様子がコマ送りのように表示され、とても斬新な感じがしました。この演出は後半にも1回出てきますよ。箱舟の中に入る鳥類、蛇類、哺乳類の映像は圧巻です!!番人が敵を倒し、ボロボロになって、次々と神に召されていくシーンはとても綺麗でした、ちょっぴり感動的。スペクタクル映像を楽しむ作品としては、上出来です。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2014年6月13日
『ノア 約束の舟』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ 本作の大洪水には「世界の終わり」のような迫力があるし、洪水前後の醜い争いや、伴侶を得たいという気持ち、子孫繁栄を望む思いは、震災後の食品争奪戦や、急に結婚する気になった男女が増えた“震災婚”現象、地球環境を心配する人が増えたことなどを思い起こさせる。創世記が、普遍的な家族の愛と葛藤、未来への警告が込められた物語として生まれ変わった。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2014年6月3日
参照ページ:ノア 約束の舟

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.