恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/vnlbxwnit
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(25)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
恋するベーカリー/It's Complicated
Excerpt(概要):★★★ 理屈の点から理解の及ばない部分もあったんですけれども、人生経験を重ねてきたからこそのもの、と、主人公の動向を感じまして。また、懸念していた生々しさのようなものは感じられず。色恋沙汰ばかりでなく、家族の物語として描かれていた点も好印象。落ち着いた雰囲気で以て込み入った情況を丁寧に単純化して見せる構成に、すっかりとのめり込んでいた次第、と。次女役のゾーイ・カザン、長女の婚約者役のジョン・クラシンスキーは印象的で御座いました。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2011年8月27日
《恋するベーカリー》
Excerpt(概要):かるーく見れる楽しいお話でした。ジェーンの揺れる気持ちはわかりますねー。年齢を重ねて女性はだんだん焦りを感じる。昔取られた夫が今は自分に気持ちが揺らぐ。これはちょっと優越感かも!これは元夫婦だからか、そう嫌悪感なく見ていられました。めリル・ストリープが体系的にもお顔にも年齢を感じさせるのに、それでも可愛い♪恋してワクワクしている姿も全然いやらしくないんですよねー。これ男性はジェイク目線になるのでしょうか? 何となく今ひとつ物足りなさも感じましたが、ラストもハッピーになれるし気軽に楽しめるとは思います。
Weblog(サイト)名 : 日々のつぶやき  / Tracked : 2010年8月26日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):★★★ タイトルにもかかわらず実際には料理の場面はごく少なく、専らメリル・ストリープを巡って、二人の男性が繰り広げるラブコメディ。注目すべきは、この3人は皆50歳代後半以上の年齢という設定になっている点。こうだったらいいな、面白いなという観客達が懐く密やかな願望を、映画の上で展開して見せているので、出演者のコミカルな演技を堪能すればいいと思います。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2010年3月22日
『恋するベーカリー』 (2010)
Excerpt(概要):大人の恋愛ごっこ、って言うのかなあ。でも、なんか子供の火遊びみたいで、無防備で無軌道な気もするところは、かなり可愛い作品。とりあえず、明るく楽しく、ちょっと無責任な面白い映画です^^; 恵まれすぎてる、幸せな熟年のラブコメなんですね。そう、うだうだした世の熟年に夢を与えるのが、彼らの使命でもあるかのように。「羨ましい」って観客が思ったら、きっとこの作品は成功しているってことなんだろうなあ。映画に流れる音楽は、主人公たちの青春時代の名曲って事で、懐かしい曲が結構、聴けます。
Weblog(サイト)名 : よーじっくのここちいい空間  / Tracked : 2010年3月8日
『恋するベーカリー』・・・そしてはじまりは雨
Excerpt(概要):熟年大御所の俳優たちが見せる明るくもほろりなロマンチックコメディなのは確かでまずまず楽しめたのだが、同時にコメディタッチの明るさになんとなくだまされてるような気もした。けっきょく内容自体は何気に重い。それでも…作品を包み込む雰囲気がいいんだよなあ。元夫との復縁話や新しい出会いに戸惑い揺れる年相応の女心を演じるメリルはやはり上手い。ごちゃごちゃどろどろした複雑な大人の恋愛事情をちょっといい話的にまとめた作風なので、下手に深読みせず雰囲気重視でさらっと観てしまったほうがいい印象で終われそうだ。
Weblog(サイト)名 : SOARのパストラーレ♪  / Tracked : 2010年3月7日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):★★★★ ストーリーが中盤に差し掛かるにつれ、ジェーン、ジェイク、アダムの「三角関係」にもつれ込むのですが、僕としてはその3人よりも、ジェーンの長女ローレンの婚約者で、影の主役といっても良いハーレイのキャラが一番印象的でした。ハーレイは、ホテルでローレンと結婚式の打ち合わせをしている時に、ジェーンとジェイクがホテルで密会している光景を目撃するや、その数日後に、家族が集まった際、ジェーンとジェイクをホテルで見かけた事をほのめかしたり、あたふたする姿は面白かったですね。
Weblog(サイト)名 : 必見!ミスターシネマの最新映画! / Tracked : 2010年3月7日
☆☆「恋するベーカリー」観てきました☆☆
Excerpt(概要):ジェイクは口が達者ですがダメ男ですね〜。ジェーンが友人に「母親になってはダメよ」と言ってるシーンがありましたが、「そうそうダメな男に母性がくすぐられるのは良くあること」とこころの中で突っ込み。まじめなジェーンは自分が不倫してしまっていることに混乱。「不倫して当たり前よ」みたな話が多い中、コミカルに見えるアタフタ振りがなんだか共感できました。どうなるのかと思いながら最後まで映画を楽しみながらみれました。笑えるところが結構多かったんですよね〜。そろそろ子育てから卒業なんて女性には楽しめる作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : ♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪  / Tracked : 2010年3月4日
[映画『恋するベーカリー』を観た]
Excerpt(概要):いや、笑った笑った^^ とにかくアレック・ボールドウィンがいい。彼の挙動、ともかくやる。控え目なジェーンを何とか言葉を駆使してひきつけようとする様が最高。彼は、自分の思う「いい顔」「いい視線」でジェーンに向ってくる。エロくも何ともないんだけど、メリル・ストリープの複雑な心中の演技が冴える。そんなジェーンの飲み友達たちもいい。食事なんかよりそのジェーンの武勇伝に夢中になるさまがいい。もう、恥じらいも忘れたおばさんたちだから、直な言葉が飛び交いまくる。メリル・ストリープは、やはり名女優なんだなあ…。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』  / Tracked : 2010年3月3日
『恋するベーカリー』
Excerpt(概要):ジェーンとジェイクの元夫婦のやりとりが、どうも受付なくて..。コミカルタッチすぎて、その思いが本物に見えてこない。元夫からの押しに負けてベッドをともにしてしまう元妻ってどうよ?って思ってしまったら、あとは全然入り込めない。救いだったのは、それぞれの役者がとてもチャーミングにその役を演じていたこと。メリル・ストリープは、元夫との不思議な関係に身を置きながら、新しい恋も見つけていくヒロインを時にすごくかわいらしく演じていて魅力的。同世代・等身大ヒロインの気持ちにシンクロ出来れば、面白く感じられるんではないかと。
Weblog(サイト)名 : cinema!cinema! ミーハー映画・DVD / Tracked : 2010年3月2日
映画「恋するベーカリー」を観た感想
Excerpt(概要):★★★★すっごい面白かった!大人の俳優たちが楽しんで演じている感じがした。 メリル・ストリープってすごーい。何でもできちゃう。ジェーンの娘のハンサムな婚約者もいい味出してた。全てサラリと笑っていられるストーリーで楽しめた。最後も余韻があってよかったわん。
Weblog(サイト)名 : 映画初日鑑賞妻  / Tracked : 2010年2月28日
これは恋なのか?『恋するベーカリー』
Excerpt(概要):★★★ 自分を拘束していた家族は手を離れ、自分の時間が出来た彼女はその時々に遭遇する出来事に対し、瞬間的には自分の思い通りに行動に出ても、後から冷静になって自分たちを取り巻く周囲の事を考えると、どうしても躊躇してしまいます。自分の感情の赴くままに生きるには人生の時間が経ち過ぎた、と感じる時がジェーンにやってくると同時に彼女は周囲にとっても自分にとっても最善の結論をだす。人生と年齢を重ねれば重ねるほど、自分の好きには生きられなくなる…。それが原題「IT'S COMPLICATED」に繋がる。ラブコメだけれどもちょっと悲しい大人の物語。
Weblog(サイト)名 : 水曜日のシネマ日記  / Tracked : 2010年2月27日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):スティーヴ・マーティンとアレック・ボールドウィンの共演なのに、笑いを担っているのはボールドウィンの方というのが面白いです。あっけらかんと悪びれないボールドウィンの表情に、身もだえして笑ってしまいます。それはこの映画の彼を、観客がストリープの視点で観るからです。様々なシャレにならない感情に翻弄されつつも、それでもグラグラしてしまう彼女は、思いっきりチャーミングです。この映画は、道徳的にどうあれ、世間体がどうあれ、ストリープの心のありようを肯定的にとらえようとする姿勢がある。これはとても大事なことだと思う。
Weblog(サイト)名 : キノ2  / Tracked : 2010年2月26日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):ラブコメで笑えるシーンも多くとっても楽しく鑑賞出来ました。元夫とアダムとの間で気持ちが揺れ動くジェーンがまるで乙女みたいで可愛い。ジェーンが女友達と繰り広げるガールズトークも同じ女性としてはクスってなっちゃいました。まさに原題どおり複雑な関係で複雑な気持ちが交差していて、複雑だから面白く複雑だからその時々の選択に一喜一憂してしまう。ジェーンが悩んだり喜んだりしてる姿は何となく分かって見ながら一緒に笑ったり悩んだりしました。スティーヴ・マーティンはなんだかちょっと素敵に見えちゃいました。
Weblog(サイト)名 : Diarydiary!  / Tracked : 2010年2月23日
「恋するベーカリー」“肉食系熟年男女恋愛狂騒記”
Excerpt(概要):"女性監督"ナンシー・マイヤーズの演出が冴えておりまして、冷静に見れば相当リアルなエロいシーンも、何故か見てる間はそんなに気にならないんですよね。で、常にクスクス笑ってしまってたんですね。もお、制作側の思うツボにハマッてるんでしょうね。そして最後は、何かほのぼのさせられてしまう…。メリル・ストリープは、やっぱり上手いですね。今回のは一見カルい役柄かと思えますが、彼女が演じることで、とても人間味豊かなキャラクターに感じられます。あとスティーブ・マーティンは、相変わらず芸達者!
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2010年2月22日
*恋するベーカリー*
Excerpt(概要):これは結婚しているある程度の年齢の女性にとってはたまらない作品。特に食に関することは大きくて、元奥さんのクロックムッシュやチキングリルチョコレートケーキが忘れられないジェイクを見てて"うふふ・・そうよね" 今年で61歳になりながらも、なおハリウッドの第一線で活躍し続けるメリル・ストリープ。ご自身の人生でもきちんと色々されてきたからこその説得力があり、歳を重ねた人だけがもつ成熟と洗練を感じさせられました。アレック・ボールドウィンはいつのまにこんなに太ったの?と思いましたが、なんともかわいらしい〜。
Weblog(サイト)名 : Cartouche  / Tracked : 2010年2月21日
恋するベーカリー /It's Complicated
Excerpt(概要):★★★ つまらなかったわけじゃないけどフツウになっちゃったのは思ってた笑いと違ったのがノレなかった一番の原因かも。あり得なくもない話ではあるけど、、、メリルの恋する少女っぷり、カワイイけど一人浮かれ過ぎ?? このノリ、どうなっちゃうのー?って思ったけど最後の方ではちゃんと真面目に考えなおした結論で結んでて安心した。本作の見どころは毎度ほんとに芸達者なメリル・ストリープの恋するオトメっぷり。いつまでも若々しくて、歳を重ねても魅力がある女性像な彼女でした〜☆ 笑いが合えば楽しめるオトナのためのラブコメ!
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2010年2月21日
恋するベーカリー [中年の合体はエネルギッシュだぜぃ!]
Excerpt(概要):凄く面白かった。原題通り複雑な関係でして、中年の性と下ネタを描いているのさ…いや、それだけじゃないです(笑) そんな笑いを交えながらも、いくつになっても恋は出来るし、輝きを失わないで人生を楽しむというメッセージもあって、かな〜り歳がいった複雑な大人の恋愛模様を描いているのです。この映画に好感が持てるのは、これでもかというほどぶっちゃけている。R15も納得の下ネタにメリル・ストリープのこれでもかといわんばかりの体当たりの演技。逆に清々しくもある。大人だからこそ出来る身の引き方も良かった。
Weblog(サイト)名 : 元レンタルビデオ屋店長の映画感想  / Tracked : 2010年2月21日
『恋するベーカリー』 10年前の亡霊
Excerpt(概要):大人のためのロマンティック・コメディ。面白いのは、コメディリリーフを担うのがアレック・ボールドウィンであるところ。口八丁手八丁の弁護士を演じる彼は、巨体を生かしたコミカルな動きで笑わせる。一方スティーヴ・マーティンは真面目でお堅い建築家を演じ、いつ羽目を外すのかと観客の興味を引っ張り続ける。なかなか上手い配役である。テーマを判りやすく示唆するシーンが多い..遠くに目をやれば輝かしい世界の広がりが見えること、ドシャ降りの雨は良いことが起こる兆しとか、だから雨に降られても微笑んでいられるのだ。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2010年2月21日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):恋するベーカリー?? いえいえ..これは原題のほうがしっくりくる作品。そうです。。。複雑な関係..そして大人の恋。女友達との本音の話は辛らつすぎて笑えます。長い付き合いだから話せるいい関係。今から何かを始めるのではなく、もう色んなことを経験したからできる自分らしさ…熟年を迎えた女性の目線で描かれたゆれる心。離婚して初めて分かる夫婦の幸せ、、、けれど様々な波紋を起こしてしまう関係に戸惑い、自分らしさをまた見つけていく…R指定らしい大人の関係がきちんと描かれている作品。大人の女性にお薦めしたい作品でした。
Weblog(サイト)名 : ひばなのシネマの天地  / Tracked : 2010年2月21日
お薦め映画『恋するベーカリー』
Excerpt(概要):★★★★★最高に面白く絡み合う熟年男女三角関係ラブコメディであると同時に、“結婚における男と女の本質”に迫るお薦め作品。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2010年2月20日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):★★★★★ 最高!意外と無かったんじゃない?こういう話。離れて分かる愛もあるんだと。いや〜しかし実に軽妙な大人のラブストーリーになっていてとても良かった!メリル・ストリープなら間違いはないのだけれど、今回、想定外で良かったのがアレック・ボールドウィン。いやホント笑わせてもらったわ、あの裸で横たわったシーンで! ジェーンの友人でリタ・ウィルソン出てた。おばちゃん4人の下ネタ話キョーレツ! 結局、最終的にも大人の選択で、アダムとも良い関係でいられそうなところで終わらせるあたりがマイヤーズ監督の心憎い演出。
Weblog(サイト)名 : 映画道  / Tracked : 2010年2月20日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):観た限り、内容を言い表してないなぁと思う邦題。これは滅多にないシチュエーションだろうと思いつつ、ちょっと夢見心地になったり、腹立たしくもあり、気の毒にもなり、わかるところも、わかんないところもいろいろある、原題どおり、フクザツな展開。今回、主人公の周囲に登場したのはオジサンばっかり。その間で元夫との「不倫」に戸惑い揺れるメリル・ストリープ。誰もが実力者とはいえ、こんな年代のオジサンとオバサンたちで、ロマンティック・コメディが作れるんだから凄いよね。最後には、なんだかほんわかしているオトナのフクザツな恋物語。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2010年2月19日
『恋するベーカリー』(2009)/アメリカ
Excerpt(概要):★★★ 彼らが自分に正直に生きていく様は、熟年ですが内面は少年少女に還ってしまった人たち、という雰囲気でした。メリルはこういった素に近い役の方がよく似合っているような気がする。あくまで自然体に過ごす彼女の役作りは好感が持てる。アレック・ボールドウィンがとてもお腹がメタボっぽくて、時々裸になるシーンだとちょっと引くけど..。失ってみて、失くしたもののよさに気が付いてしまったり..。そういう意味では妙にリアリティありました。本音とか現実とかに目を向けてシビアに対応した所は、まとまり方としては妥当なように思いました。
Weblog(サイト)名 : NiceOne!!  / Tracked : 2010年2月16日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):★★★★ いやぁ、笑った!どうして大したラブコメディです。微妙に揺れる女心をメリルが相変わらずの好演で見せてくれます。今回は登場する3人の男性に注目です。面白いのはコメディ得意のスティーブに、わざと離婚ご恋愛に臆病になっている男性を演じさせ、アレックにはこれでもかというぐらいのボケ役をやらせています。アレック・ボールドウェインの「セックス・アピール?」シーンは最高! 大人のラブトーリーというより大人のラブコメディでしたが、娯楽作品として楽しめる要素がとても多い作品です。ちょっと年配のガールズトークがまた楽しい♪
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2010年2月15日
恋するベーカリー
Excerpt(概要):人はいくつになっても"不惑の歳"にはならないのね…と、ちょっと笑ってしまいました^^; それにしてもメリル・ストリープ/アレック・ボールドウィン/スティーヴ・マーティンがみんなキュートです〜。設定とストーリー展開から見ると、かなりドロドロになりそうなのですけど、彼らの演技が楽しいので笑ってしまいます。特にこんな歳になっても捨てられた子犬のような表情でメタボなお腹をみせるアレック・ボールドウィンにはジェーンでなくとも、もう仕方ないなあと苦笑しまいました^^ゞ 思っていたよりも大人な話だったなあと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2010年2月13日
参照ページ:恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.