ヘイトフル・エイト : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/sbbhpybxgc
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ヘイトフル・エイト
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(20)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ヘイトフル・エイト」
Excerpt(概要):★★★ 終わってみると、わりと単純なことなのに、タラにありがちな長々とした上映時間。3時間近かったか。同じ場所にいるのに、憎しみをもって、やりあったら、こうなるよ、と、最近の世界情勢を憂いているのでしょうか。だとしたら、わかりにくいけど。8人以上出てくるから、誰が「ヘイトフル」じゃないのか、考えながら見ていた。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年3月12日
『ヘイトフル・エイト』をギンレイホールで観て、
Excerpt(概要):★★★ ともかく見終わって最初に思ったのは、ここんとこのタラちゃんでいつも思う「なげー」って奴。2時間48分は長い。映像的な強さや、キャラのエグさで、やはり見落とすと勿体ない一本になってるが、コピーでうたってる「ミステリー」としては突拍子なくダメ。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年9月21日
16-168「ヘイトフル・エイト」(アメリカ)
Excerpt(概要):★★★ タランティーノらしい会話劇が繰り広げられながら、真実が明らかとなっていく。なかなか面白い展開と設定の話であったな。集まった人物たちの運命、その顛末は何となく、「レザボア・ドッグス」の強盗犯たちの運命を思い出させるような感じがあったかな。3時間近くある長さで、会話が多い作品の割には、それ程退屈さを感じなかったのは、作りが上手かったということなのかな。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2016年8月4日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):★★★★ もうとにかく長い長い。これが合わない人は、タランティーノ作品自体が合わないと思われるので、諦めるしかないかと。登場人物に誰1人として共感できる人がいないのがすごい。個人的には、駅馬車のシーンが長くて揺れるんで、ちょっと酔いそうになりました。
Weblog(サイト)名 : 映画三昧、活字中毒  / Tracked : 2016年4月17日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):問題点はあるとはいえ、登場人物の個性が際立っていて、3時間近い長尺ながら、時間のたつのを忘れてしまいます。本作は、大量の台詞が取り交わされる中で、次々と目覚ましい出来事が起きていくのですから、3時間という時間を見る者に覚えさせません。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年4月4日
【cinema】『ヘイトフル・エイト』
Excerpt(概要):この終わりは一体に何?って感じが好き。キャストはみんな良かった。そこで登場?のチャニング・テイタムは、自分が見た映画では結構な割合でトホホ感が漂っているけど、今作でもトホホな最期に でも、その感じが良かった。167分と長いけどあっという間。これ2回目の方が面白いかも。今回拾った伏線を確かめつつ、新たな伏線も拾いつつ見たら絶対楽しいと思う。タランティーノ好きの方は既に見てるよね?ちょっと長いからオススメしにくいけど、ホントあっという間だから是非勇気をもって見て欲しい! サミュエル・L・ジャクソン好きな方、ジェニファー・ジェーソン・リー好きな方必見!
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2016年3月20日
「ヘイトフル・エイト」
Excerpt(概要):鑑賞中はちょっと見苦しかったりテイストに合わなかった部分も本作にはあった。最も「違う」と感じたのは、奪回譚が復讐譚に見えてしまう所だ。奪回譚に比べると、復讐譚や因縁譚が長かったように思う。作品通しての長さを感じさせない程度ではあるが。お綺麗な善人ばかりが出て来ない所も好き。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年3月17日
「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・
Excerpt(概要):タランティーノらしさたっぷりの西部劇。だけど、序盤はほぼ馬車の内外、それ以降は洋品店だけで展開される「密室ドラマ」なので、かなり舞台劇的な雰囲気です。タランティーノ節炸裂で、ファンにとってはたまらないのでしょうけれど、特に思い入れのない大江戸にとっては、ちょっと長過ぎる168分なのでありました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年3月13日
「ヘイトフル・エイト」
Excerpt(概要):★★★★ 本作も映画ネタが満載。映画ファンとしてはいくつ元ネタが見つけられるか、というお楽しみもあり、これは早いものがち(笑)。ストーリー的には、やや強引な所もあったりで、多少脚本に無理がなきにしもあらずだが、冒頭から無駄話的会話を延々と喋っていたり、章立てにしたり、時制を途中で逆転させたり、そして何よりデビュー作「レザボア・ドッグス」以来、近作に至るまで続く、殺し殺される凄惨な血みどろバイオレンス描写、と、タランティーノ印の刻印が随所に散りばめられ、タランティーノ・ファンなら十分楽しめる作品に仕上がっている。タランティーノ・ファンなら是非観るべし。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2016年3月6日
『ヘイトフル・エイト(THE HATEFUL EIGHT)』
Excerpt(概要):実際に拳銃が抜かれるのは1時間30分を過ぎてから。それまでは例によってのタランティーノ会話劇が続く。ジェニファー・ジェイソン・リーがスゴイ。
Weblog(サイト)名 : 映画雑記・COLOR of CINEMA  / Tracked : 2016年3月6日
ショートレビュー「ヘイトフル・エイト・・・・・評価額1600円」
Excerpt(概要):怒涛の会話劇は、観客の先読みを混乱させるが、ミステリとしての仕掛けは、ぶっちゃけかなり強引というか、殆ど反則だ。今回の作品はタランティーノ作品の中ではストーリーテリングがなめらかでない、というかややぎこちなく感じる。この長尺を十分に面白く見せ切るのだから大したものだが、いずれにしてもオープニング・クレジットのある俳優の名前は、この展開をやるのなら絶対に隠しておくべきだったと思う。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年3月3日
『ヘイトフル・エイト』('16初鑑賞19・劇場)
Excerpt(概要):★★★ タランティーノ作品ということで、観る人を選びます。しかもめちゃくちゃ長いです。でもタランティーノの脚本が上手いので、時間の長さはあんまり感じない。しかしながら、体調の良くないときは避けたほうがよろしいかと。正直な話、全てにおいて前作の『ジャンゴ』のほうが絶対面白いと思う。総じて、映画作品としては、個人的には微妙でした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2016年3月3日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):★★★★★ 前半にしっかりと伏線がまかれて、後半に綺麗に回収されるという映画の定石どおりの展開だ。バイオレンスでブラックジョークが満載で、タランティーノ監督の手際のよさを感じた。小道具や登場する様子、南北戦争の虐殺事件、無法地帯から法の支配に変わる西部の時代の変化など見どころがいっぱいある。丁寧にロッジに先に到着した集団の行動を解説するシーンも入っていて、わかりやすい映画だった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年3月2日
『ヘイトフル・エイト』 疑心暗鬼の対立関係は……
Excerpt(概要):『ヘイトフル・エイト』は滅多に使われない方式の70mm(ウルトラパナビジョン70)で撮影されているらしく、アスペクト比は「2.75:1」というシネスコ以上に横長の画面となっている。映画館の大画面で観なければ、その贅沢さを感じることは難しいだろう。168分間退屈するところがなかった。タランティーノが最高傑作と自画自賛するのもあながち冗談とも言えないのだ。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年3月1日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要): クエンティン・タランティーノ監督の前作「ジャンゴ 繋がれざる者」と時代設定も似通ったタランティーノ西部劇。そもそもこの設定、「オリエント急行殺人事件」のパクリだろ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年3月1日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):面白かったけどチャプター1がやや冗長で、画面が変わり映えしないのもあってめずらしく序盤でちょっと意識が飛んだ。チャプター3からはもう怒涛のバイオレンス描写で、R18+も納得の展開がくりひろげられます。血糊べっとり、あれやこれや飛び散りますのでご注意。犯人捜しも、ミステリー好きなら結構解るかも!ラストもしてやったり感もそこまではなかったので、2時間48分は長かったな〜。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2016年2月28日
「ヘイトフル・エイト8」タランティーノ☆極上爆音試写会
Excerpt(概要):2時間48分で長すぎるのが辛いけど、やっぱりタランティーノは最高!差別用語てんこ盛り、登場人物全員嘘つきで、憎々しくムカつくやつらばかり。4Kの画面で観る映像の美しいことったら!前半がだらだらと長かったのをもう少し縮めて欲しかった。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2016年2月28日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):★★★★★ タラちゃんの作品は好きなほうなんですが、会話劇が多いので気持ちよく寝てしまうこともありましたが、今回、168分の長丁場に加えて私の苦手とするウエスタンなので若干の心配もありましたが、最初から引きこまれて中盤からおやおや?な展開になり、のちにバイオレスな展開で一睡もせずに見入ってしまいました〜面白かった♪馬車の中や避難したミニーの店での会話もテンポがいい。金田一少年のような謎解きシーンからのバイオレンスな展開はにやり。誰と誰が繋がってるのかはわからなかったし会話劇の面白さに引きこまれました。回想シーンでの全裸シーンでぼかしが入らなかったのは良かったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2016年2月27日
劇場鑑賞「ヘイトフル・エイト」
Excerpt(概要):168分の上映時間は苦にはならずグッド。キャスト陣は誰もが好演していたと思います。個人的にはジェニファー・ジェイソン・リー演じるデイジー・ドメルグが印象的。チャニング・テイタムが出演していることは既にアナウンスされていますが、かなりあっさりしているので、要注意(苦笑)全体を通して、本格的な密室劇の渾身の一作でした。最後の最後までスリリングで緊張の糸が張りつめたまま、オススメですよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2016年2月27日
ヘイトフル・エイト
Excerpt(概要):映画の冒頭は5分以上音楽が流され雪景色とクレジットがうつされる。ウエストサイドストーリーほどじゃないけどワクワクさせるオープニング。キーワードは イケメンマッチョ(笑)いままでのタランティーノ映画が好きな人には堪えられない映画にしあがっているのでお楽しみに。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2016年2月23日
参照ページ:ヘイトフル・エイト

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.