ジュピターズ・ムーン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ppebddprbf
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ジュピターズ・ムーン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(4)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『ジュピターズ・ムーン』('18初鑑賞10・劇場)
Excerpt(概要):★★★ タイトルの『ジュピターズ・ムーン』とは、木星の最大の衛星「エウロパ」のこと。SFというジャンルではあるが、描かれているのは、泥臭い世界。東欧の社会的雰囲気がにじみ出ているのかな。ワンカット固定カメラでのカーチェイス・シーンなど、新鮮な場面もあった。映像が、今までにない浮遊感でした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2018年2月5日
『ジュピターズ・ムーン』 ヨーロッパにおける奇跡待望論?
Excerpt(概要):空中浮遊の撮影がまた幻惑的で、無重力空間を漂うようなアリアンをカメラそのものも彼の周囲をぐるぐる回りながら捉えていく。何が起こっているのかわからないままに展開していく“つかみ”の部分はとても素晴らしかった。このあたりだけでも「一見の価値あり」とも言えるかもしれない。アリアンの能力は空中浮遊だけではなく、重力そのものを操ることであり、その能力を神の戒めの如くに使い人を殺めたりするエピソードによって、アリアンの立場がどっちつかずなものに感じられてしまうところもある。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年2月4日
「ジュピターズ・ムーン」:ハンガリーの宗教的SF
Excerpt(概要):サスペンス、アクション、難民問題、差別、テロリズムなど多様な要素を取り込んだ作品なのですが、一番感じるのは「宗教映画」だという側面です。凄かったのは、ブダペスト市内でのカーチェイス・シーン。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年1月30日
ジュピターズ・ムーン
Excerpt(概要):マイナス要素の方が目に目立つもやさしさや希望が感じられるラストはそれなりに響くものがあったし、冒頭でアリアンがハンガリーに密入国に失敗し移民局だか国境警備隊だかに追われ逃走するエピと、重力操作によりある一室を360度回転させたエピ時のカメラワークによる臨場感と浮遊感は高くまるで追体験しているようですばらしい。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2018年1月28日
参照ページ:ジュピターズ・ムーン

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.