お嬢さん : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nzfifbilti
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:お嬢さん
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「お嬢さん」:エロスとケレンと変な日本語
Excerpt(概要):邦題自体が、かなりヘンな雰囲気を醸しております。3部構成で、パワフルな通俗ドラマって感じなのですが、そこにパク・チャヌクらしい黒々とした人間の醜さだとかエロスだとか毒だとかをガンガンぶち込んじゃってます。美術の仰々しい重厚さにも圧倒されます。でも仰々しすぎて、ちょっと笑っちゃうような・・・。タコがデカくて、本物っぽくて、スゴイです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年3月22日
『お嬢さん』 植民地の官能
Excerpt(概要):『お嬢さん』も、支配者である日本人から財産を奪うという大枠はあるにしても、支配・被支配の関係が政治的なメッセージでなく、ねじれたエロティシズムの源泉になっている。そこが面白いし、大胆でもある。国際的に評価の高いキム・ミニと新人のキム・テリ、ふたりとも熱演。二人の存在がなければこのエロティックな映画は成立しないわ。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2017年3月20日
お嬢さん
Excerpt(概要):★★★ コンゲームを描いていますから、騙し騙されで、事態が二転、三転して物語は面白く、さらには、きれいに映し出される官能的シーンもかなりあり、娯楽作品としてはよくできています。本作では、何と言っても、成り上がりの上月とその姪の秀子が暮らす豪壮な屋敷の描写が素晴らしいと思いました。主役の秀子を演じるキム・ミニは、松たか子(あるいは松嶋菜々子)似の美形ながら、体当たりの熱演をしていて、素晴らしいなと思いました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年3月17日
『お嬢さん』 シンメトリーな関係
Excerpt(概要):二転三転していく展開に驚かされるところもあるのだけれど、舞台となる奇妙な世界の構築のほうに重点があるような気もするし、そのなかで繰り広げられるスッキと秀子のレズシーンはもはやオチとは関係なく、ただパク・チャヌクの変態趣味を満足させんがために展開しているような感もある。ハ・ジョンウの演じた詐欺師は悪役ということになるのだろうが、慣れない日本語の台詞がどことなく憎めない印象で、その詐欺師の最後の一言が笑わせてくれる。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年3月11日
お嬢さん
Excerpt(概要):★★★ ストーリーは二転三転し、どっちが詐欺なのかよく分からなくなってしまう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年3月6日
お嬢さん
Excerpt(概要):物語は二転三転。ストーリーテリングのうまさに魅せられる。キム・ミニもキム・テリも勿論渾身の体当たり演技。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2017年2月28日
お嬢さん・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 複雑怪奇な四つ巴の騙し合いは、倒錯したエロスの館で、先の読めない官能のサスペンスとなって観客を幻惑。145分の長尺を全く飽きさせない。文字通り体を張った俳優陣の好演も見もので、韓国映画界きっての映像テクニシャン、パク・チャヌク監督の現時点での集大成といえる大作である。怒涛の面白さである。官能描写ゆえR-18指定なので高校生以下は観られないが、大人は必見の大怪作である。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年2月26日
「お嬢さん」
Excerpt(概要):これは観る際には要注意だ。好き嫌いがはっきり分かれるとか、単純にそういう問題ではない。この摩訶不思議なパク・チャヌクワールドにノレるかノレないか。ノレればホント記憶に残る一作となるだろう。パク・チヤヌク監督は、表層的な「愛」ではなく、魂の根幹に関わるようなものを描いて鑑賞者の舌を巻かせることがお上手ですな!
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年3月24日
お嬢さん
Excerpt(概要):「お嬢さん」 TOHOシネマズシャンテ 1930年代日本統治下の韓国。日本人華族令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへメイドとして雇われたスッキ(キム・テリ)。実は伯爵を名乗る詐欺師(
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年3月26日
参照ページ:お嬢さん

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.