百日紅 Miss HOKUSAI : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/mwruuhvddb
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:百日紅 Miss HOKUSAI
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
百日紅 Miss HOKUSAI
Excerpt(概要):★★★★ 原恵一監督作品だけあって、日常と異常のボーダーのところを描くのはお手の物です。杏と松重は、フジテレビの「デート」でも親子だったので息はぴったり。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年1月30日
「百日紅〜Miss HOKUSAI」
Excerpt(概要):★★★★ 妹との絆(きずな)がいい。杏さんが声をやっているのだけは知っていたが、あとは全く誰の声か気づかない。妹のことは別として、それほどには、何がどうした、という話でもないが、そこに、そうして、生きているのだねえ、と心に残る。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年1月27日
15-154「百日紅(さるすべり)〜Miss HOKUSA〜」(日本)
Excerpt(概要):★★★ 誰もが知っている葛飾北斎ではなく、その娘であるお栄を主人公にしたところが良かったかな。一つのテーマをもって進む作品ではないが、様々なエピソードを綴りながら、お栄の絵師として、そして人間として成長する姿を描いている感じである。作品としては、四季を通した1年間の物語のようであったが、それぞれの季節の色合いがよく出ていて、見栄えが良かったな。ちょっとした事件もあったりするが、江戸の人々の日々の活気ある生活が描かれ、なかなか楽しい作品だった。お栄は杏、北斎は松重豊など、俳優陣が声にあたっていたが、違和感もなく、逆に作品として合っていたかな。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2015年12月12日
百日紅〜Miss HOKUSAI〜
Excerpt(概要):絵を描きながら暮れて行く生活の描写は、物語として、群を抜いており、浮世絵から観える、技の普遍性であったり、見事さというのは、ありふれた生活から生まれるもので、その連続性に普遍性がある。お猶との関係が、親子の絆の落着点となっており、お栄はお猶に優しさを教え、北斎もまた不器用ながら絆を残す事を伝えている。タイトルもそうだが、お栄には北斎との同質の存在が感じられるのだ。
Weblog(サイト)名 : E'S STREAM  / Tracked : 2015年12月8日
百日紅〜Miss HOKUSAI〜
Excerpt(概要):こういった江戸目線アニメってなかなかないので、新鮮さがありました。妹と北斎の父子の情も、ドラマチックに盛り上げたりもできたとも思うけれど、それをせず淡々としていたのが逆に良かった。でもBGMは現代風だったのがいまひとつだったかな。もう少し江戸情緒豊かな感じが良かったなー。巨大な黄金の大仏が歩いてくる所、昔の巨大大仏が歩く映画ってのを思い出した(笑)。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年12月6日
江戸情緒。[映画] 百日紅〜Miss HOKUSAI〜
Excerpt(概要):今までにない江戸情緒たっぷりのアニメに仕上がってました。原作ファンの私からしても、納得の映像化。松重豊さんの、渋みのある北斎と、いきいきとした、杏さんのお栄。最初はちょっと違和感があったものの、物語が進むうち、どんどんお栄と杏さんの声が馴染んでいって、お栄が馴染んでくるんですわ。善次郎と国直の出番が少なかったのが残念。絵師の映画なのに、音がすばらしい映画でした。
Weblog(サイト)名 : 日々の書付  / Tracked : 2015年12月3日
百日紅〜Miss HOKUSAI〜
Excerpt(概要):★★★★★ 世界に大きな影響を与えた江戸の浮世絵師、葛飾北斎の三女として、北斎の晩年はゴーストペインターも務めた説もあるお栄(後の葛飾応為)を描いた。実話にインスパイアされている。お栄(杏)は女だてらにズケズケ物を言う少しひねながらもお猶には一際優しい自立心の強い性格をよく表現している。暖色と言えば、家の中の灯火の暗いながらも暖かい色の幽玄が本作の基調色になっている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2015年11月29日
参照ページ:百日紅 Miss HOKUSAI

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.