NEON DEMON : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/kppgpacft
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:NEON DEMON
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
17-099「ネオン・デーモン」(フランス・デンマーク・スウェーデン)
Excerpt(概要):★★★ ジェシーの心の変化は、監督らしい演出で描いているが、少々幻想的な感じでもあり、判りにくいところもあるかな。クライマックスに展開されるものは衝撃的。判りづらいところもあるが、欲望と嫉妬が引き起こす衝撃に惹き込まれるストーリーであった。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2017年4月9日
「ネオン・デーモン」
Excerpt(概要):★★★★ エル・ファニングさんの美を堪能できる。わからない部分あり、芸術というかイメージで観るのかな。ジェナ・マローンさんも重要な役どころでした。エンドロールも素晴らしく美しかったなー。ストーリーはシンプル。映像や色彩や音楽で飾って仕立て上げる。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年2月12日
ネオン・デーモン
Excerpt(概要):★★★★ なんというか…アート系っていうんですかね。ストーリーは二の次で、映像美に拘った作品かな。映像はとにかくめちゃくちゃ格好良かったです。ストーリーはあるにはあるが、あまり期待しないがよろしいかと。ゼッタイ万人受けはしないタイプの映画ですが、好きな人は滅茶苦茶好きだろうなーと思います。
Weblog(サイト)名 : 映画三昧、活字中毒  / Tracked : 2017年2月9日
ネオンデーモン
Excerpt(概要):★★★★ ストーリーを追うよりも、映像に身をゆだねたほうがいいタイプの作品です。美しい女の人がいっぱいでてきて、向こうの最先端のファッションが、見られる楽しさはあります。また、幻想的なだけに、この意味はどんなものなのかと興味を持てます。結構、痛いシーンやエロいシーンもあるので、完全にマニア向けといえそうです。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年2月6日
「ネオン・デーモン」:デモーニッシュな美の衝撃
Excerpt(概要):映画『ネオン・デーモン』は色々とスゴ過ぎます。ここまで心を鷲掴みにして揺さぶりをかけて来る映画って、10年、20年に1本というレベルです。その圧倒的かつ独創的な美の奔流。そしてニコラス・ウィンディング・レフン作品らしく生々しい血に彩られた変態的グランギニョール趣味。限りなく美しい作品です。ケン・ラッセル的な感覚も混ざってますね。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年1月31日
『ネオン・デーモン』 美の化身が辿る運命
Excerpt(概要):『オンリー・ゴッド』と同様に唖然としたり、グロい描写には顔をしかめつつも、何だか魅せられてしまう作品だった。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年1月16日
ネオン・デーモン
Excerpt(概要):★★ 本作の登場人物、ジェシーも含めて生身の人間の感じがしない。本作はほとんどが部屋の中のシーンで、例外はプールでのモデルたちの撮影シーンぐらいだったか。硝子が割れたり、硝子が何かを現わしている風なのもありきたりと言えばありきたり。ネオンの光とガラスを組合せば、何か現実離れした世界を創造できるってのも安易感が否めない。結局リアリティがあるのは2-12ルームとそのモーテルを管理しているキアヌ・リーヴスぐらいか。この人がリアリティある役柄なのはある意味皮肉をきかせているのかも。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年1月13日
「ザ・ネオン・デーモン」第29回東京国際映画祭
Excerpt(概要):衝撃作であり、問題作である。これにてニコラス・ウィンディング・レフンを見限るか、否か。そんな分岐点となるような作品である。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年11月17日
参照ページ:NEON DEMON

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.