臨場 劇場版 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ipzvxrcxi
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:臨場 劇場版
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(13)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「臨場 劇場版」拾えるものは根こそぎ拾う!
Excerpt(概要):今回の映画は、横山ワールドにこだわるより、テレビシリーズで創りあげたオリジナルの世界観をふくらませることを選択したと感じました。橋本一監督の演出、吉川清之氏の音楽も、重厚で味わい深い。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2015年4月14日
【 臨場 劇場版 】刑法第39条
Excerpt(概要):色々と不満が残る劇場版だった。少なくとも連ドラの時の感動は無かった。バスが都心に突っ込む冒頭の映像は迫力があり、劇場版ならではのスケールは感じた。でも、そこだけ。連ドラファンとしては、お馴染みのキャラクターが帰ってきてくれた事はもちろん嬉しい。でも、2時間スペシャルで充分だった感は否めないよね…。特筆したいのは、被害者遺族を演じた若村麻由美さんの素晴らしさ。母親としての嘆きと憎しみの叫びは、どのシーンも胸を打たれた。泣かされた。犯人役の柄本佑さんの不気味さも良かった。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2014年2月26日
臨場 劇場版 : 2時間ドラマ的クオリティー
Excerpt(概要): 何ともつまらない作品でした。本作はリアルに2時間ドラマのレベル。こんな作品をよく映画化したものだと思えるような駄作です。それと、私が若い頃大好きだった女優の一人である松下由樹、彼女はどこで道を誤ったのでしょうか。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2013年3月4日
「臨場 劇場版」 衝撃の冒頭シーンがすごい!!(゜ロ゜屮)屮
Excerpt(概要):★★★★ いや〜なかなか良かった。TVドラマ版は一切見てないんですけど・・・特に問題なく楽しめました。エンドロールの後に続きがあって。
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas / Tracked : 2012年12月26日
「臨場 劇場版」 残された者のために
Excerpt(概要):犯人についてはこの人ではないかと類推されるものの、いろいろな人物が絡むため最後まで気を抜けません。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2012年7月28日
☆臨場 劇場版(2012)☆
Excerpt(概要):★★★★ シリーズを観ていなくても、この映画だけ観ても面白く観れると思います。映画と言うことで、迫力映像を考えてのシーンなのかもしれません。作品の内容が重いので、作品としたら、かなり地味な作品であったと思います。物語は、無理矢理感(詰め込みすぎ感)を感じてしまいましたですが、演技が巧い俳優陣のおかげで、退屈はすることなく鑑賞できました。映画化となると豪華な俳優を持ってきたりしますが、そうしなかったところに好感が持てました。悪く言えば地味ですが(^_^;)演技が上手い堅実な俳優さんばかりでした
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2012年7月18日
臨場 劇場版
Excerpt(概要):心と身体の痛みに耐えながらも犯人に立ち向かっていく主人公の姿が印象的でした。人がたくさん死ぬ作品ですね(>_<)疑われることの怖さと、突然に家族を失った哀しみがずーんと心に来ました。エンドロールの後のワンシーンが、今後の展開を予感させた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2012年7月9日
臨場 劇場版
Excerpt(概要):なかなか健等している映画だと思った。なかなかよく練られた脚本だと思う。色々突っ込みどころはある。それは棚上げしても、もう少しテンポよく展開してほしかった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2012年7月5日
臨場 劇場版
Excerpt(概要):リアリティがスルーされまくり。こんな人死なせまくって結局何が言いたかったのやら。死に様見せるならもうちょっと奥ゆかしさがあっていい筈なのだが。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年7月3日
臨場 劇場版
Excerpt(概要):★★★ 検死シーンなどが丁寧に描かれていたりしてそれなりに見応えがあった。波多野役の柄本祐が凄い。ああいう悪人役やらせると上手いな。被害者の母親役の若村麻由美も素晴らしかった。娘を失った悲しみや怒りの持って行く場のない苦しみがありありと伝わってきた。真犯人はあの人だったんだが、あの人の動機が弱すぎる気がする。倉石の病設定は必要だったの?個人的には全然いらないと思うんだが、あれはドラマ版の設定なのかな。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2012年7月1日
劇場鑑賞「臨場 劇場版」
Excerpt(概要):ドラマを見ていなくても、大丈夫なように作ってあるのでご安心を。 冒頭のシーンは、かなりの迫力。良くテレビドラマでは刺されるシーンの効果音を入れたりするけど、 この映画の場合は、ほとんど音は無し。余計不気味に感じます。銃撃場面にはマジびびったわ。後半はかなり詰め込んだ印象がありますね。 事件が複数重なり、人の恨みや哀しみが混線。脚本は良く出来ていたので、綺麗に着地したとは思います。エンドロール後に少し映像があるので要注意。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2012年6月30日
「映画【臨場 劇場版】を観たけど・・・/ まだ、根こそぎ拾えてねぇ」
Excerpt(概要):まあ悪くない、楽しんで観られた。
Weblog(サイト)名 : NEW WAY.NEW LIFE  / Tracked : 2012年6月30日
臨場 劇場版
Excerpt(概要):★★★ 安定した面白さの作品だった。劇場版はやけに内容てんこ盛りだった。「まだ根こそぎ拾えてねぇ」彼がそう言うからには間違いない、何か見落としている、裏があるはずだと思えてしまうこの説得力。ドラマを見ていなくてもそう思わせてしまうのは内野聖陽の演技力の賜物だろう。ただ一点だけ。内野聖陽は少し滑舌が悪い上に、倉石の無頼なしゃべり方のせいで、何を言っているのか聞き取れない部分があった。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年6月22日
参照ページ:臨場 劇場版

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.