忍びの国 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/hfkddohdal
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:忍びの国
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(11)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「忍びの国」
Excerpt(概要):ラストの伊勢谷友介のセリフが非常に文学的。アクションは盤石。と言いたい所だけど、オープニングの内輪揉めのシーンはイマイチだった。だが、それ以外は軽快で、スローモーションも上手く使われており、娯楽アクションとしては充分楽しめる。イケメン祭りでないのも良かった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年7月25日
「忍びの国」:あーあ、やれやれな失敗作
Excerpt(概要):明らかに失敗作。おふざけなんだかシリアスなんだか、何を描いて何を訴えたいんだか、よくわかりません。力の抜け過ぎた大野智とは対照的に、鈴木亮平がもう血管切れそうなほどの力の入れよう。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年7月18日
忍びの国
Excerpt(概要):★★★ 最もウケるところは、織田軍に城を作らせて、その築城のバイト代を稼いだ後、完成したら忍びたちが焼き払うというくだり。こうした面白い展開もある中で、なんでもかんでも“術”を使って相手をだますという流れは、ただ単に混乱を招くだけなので、多用しないようが良かったのでは。
Weblog(サイト)名 : ネタバレ映画館  / Tracked : 2017年7月18日
忍びの国
Excerpt(概要):★★★ 石原さとみ、相変わらず綺麗。原作は読んでいたのであの人がああなっちゃったり、こうなったりと展開は分かっていて、まぁ無難に原作を実写化したなぁって印象で、うん、まぁ面白かった。コレ原作読んでない状態で鑑賞したら、何で大野はヘラヘラしてんねんってイラッと来たかも知れないけど、原作がそうなんだからヘラヘラしてる所は気にならなかった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2017年7月12日
忍びの国
Excerpt(概要):展開は切ないですけれど、ちょっとほっとした気分にもなりました。中村義洋監督って、ダークな心を描いた作品も得意だったなあとちょっと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年7月10日
「忍びの国」☆成功のカギは大野くん起用
Excerpt(概要):唯一無二、決して誰にも真似のできないザ大野クンだからこそが最大限に生かされ、最高にいい形で映画を成功に導いている。最後まで観て絶妙なキャスティングに感服するのだ。圧倒的格好良さが、たらったらした忍者どもと対照的すぎて、こっちが気恥ずかしくなるくらい。圧巻は鈴木亮平と大野クンの一騎打ち。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2017年7月10日
【映画】忍びの国
Excerpt(概要):★★★★ いまいち感情移入し難いストーリー展開だったので、途中までは正直つまらなくはないけど面白いとも言い難いなと思いながら見ていました、でも終盤は上手いことまとめましたね、中盤までの軽さ、ユルさも、終わってみればいい伏線となって、思いのほかグッと来る話に仕上がっていたなと思いましたよ。激しいアクションについてはお見事の一言でした、伊勢谷友介や鈴木亮平の鬼気迫る演技との温度差も、話の構成を考えればなかなか面白いキャスティングだったなと思いましたよ。少々惜しかったのは、愛が重要な要素になるならば、石原さとみが演じたお国との絡みに、もう一捻り欲しかったかなぁ。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2017年7月9日
『忍びの国』('17初鑑賞72・劇場)
Excerpt(概要):★★★ 大野智のキャラが活かされた作品でした。最後の方で現代とオーバーラップする場面がありますが、原作者の言いたいことは解りました。石原さとみちゃんはすごく良いです。アクション・シーンはCGのチープさと、基本的に演出がそれほどでもないので、イマイチの感想です。作品としては、まぁまぁな感じでした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年7月5日
劇場鑑賞「忍びの国」
Excerpt(概要):VFXは荒削りながらも、あまり違和感が無いように作ってあったと思います。キャスト陣では無門を演じた大野さんはコミカルな演技とシリアスな演技を上手く使い分けていました。肝心のアクションシーンはカッコ良かったです。個人的には日置大善を演じた伊勢谷さんの演技が印象に残った。全体を通して、テンポ良い展開で最後まで楽しめる作品に仕上がっていたと思います。ただ、ちょっとBGMが微妙だったような。是非とも大きなスクリーンで、忍のアクションを堪能して欲しいところ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年7月2日
映画「忍びの国」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★ 大野智さん中心の "お祭り的アイドル映画" の一面はある。脇役陣もバラエティーに富んだ俳優や芸人さんやタレントがわんさか登場。大野さんと鈴木亮平さんとの「川」と呼ばれる1対1の決闘は見応え十分だ。最後の最後まで徹底的に大人も子どもも楽しめるアイドル映画の体を崩さずに、描き通したのはお見事だ。残念なところは、上映尺が125分と少々長い。戦国エンターテインメント・アクション時代劇映画です。出演者のファンでなくても、十分に楽しめます。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年7月1日
[映画『忍びの国』を観た]
Excerpt(概要):初めは、コメディをやりたいのかシリアスをやりたいのかわからず、酷く歪な作品に思えた。物語がハード展開を迎えるにあたり、大野の顔が険しくなり、かなり良かった。忍者アクションは、ややネタが小粒なれど、数が多く、結構 面白かったし、チャチさもなかった。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2017年7月1日
参照ページ:忍びの国

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.