るろうに剣心 伝説の最期編 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/gqonjeltd
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:るろうに剣心 伝説の最期編
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(23)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):オリジナルの展開できっちり締めているところ、前作と変わらずアクションのスピードと身体動作、キャラ感が半端ないところなどは評価できると思う。しかし、細かい部分での「そこ端折りすぎ!」ってのが多かったかも…。それでいて、師匠とのシーンは長い。内容は二作に分けなくてもいいのでは…と思えるものでしたけれども、後半の藤原:志々雄のかっこよさが際立っていましたねー。斎藤さんの牙突、一作目と違ってまとも風になってて良かったです(でも、十本刀瞬殺かあ)。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2015年1月21日
「るろうに剣心〜伝説の最期篇〜」
Excerpt(概要):「カッコいい…」そう思って思わず涙がこぼれてしまった。後にも先にも、役者のカッコ良さに本当に涙がこぼれたのはこの作品だけだ。個人的には佐藤健、藤原竜也、大絶賛です。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2014年12月18日
「るろうに剣心 伝説の最期編」
Excerpt(概要):★★★★ やや物足りない出来であった。アクションに関しては十分満足出来る仕上がりではある。だが、1作目や前作に見られた鋭いテーマ性が、本作ではやや希薄である。突っ込み所も多い。…とまあ難点を挙げたが、これはそれだけ期待値が高い事への裏返しである。映画を観ている間はアクションに次ぐアクションに十分興奮させられたし、娯楽映画として水準以上の秀作であるのは間違いない。大友啓史監督と谷垣健治・アクション監督のコンビには、今後もさらに躍動感溢れる、アクション映画の力作を生み出す事を期待したい。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2014年10月2日
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』観てきた〜
Excerpt(概要):師匠カッコ良すぎ。アクション見過ぎるとちょっと疲れるなぁ。だけど、ラストの雰囲気はどうでもいいって感じですわ。楽しいひとときをありがとう〜。佐藤健くんのアクションは昔ブレイクダンスやってたことも活かされていてすごく良かったよ、今回も!!
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2014年9月26日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):★★★★ 全体としても期待通りの出来栄えではないかと思いました。15分という制限時間を抱えながらも4対1の戦いを挑まれ、それを跳ね除けるラストの志々雄の獅子奮迅の戦いぶりは大層感動的です。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2014年9月25日
「るろうに剣心 伝説の最期編」  人を活かし、己も生きる
Excerpt(概要):一本の作品として非常に見応えのあるクオリティの高い作品だと感じました。エンターテイメント作品としてとても計算されている構成であると思いました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2014年9月23日
『るろうに剣心 伝説の最期編』 最期を迎える伝説とは?
Excerpt(概要):スピード感に驚く。本作のカメラと編集は絶妙だ。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2014年9月23日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):剣心の凄みを帯びた強さと志々雄のパワーとの戦いに圧倒されるような作品でした。「伝説の最期編」も怒とうのアクションです。凄いです。みんな命の限り戦い尽くします。観終った時、終わりの寂しさと同時に、この作品をスクリーンで観る事ができて良かったと感じました。俳優陣もスタッフたちも、どれだけ頑張ったのだろうと思いを巡らせた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2014年9月22日
[映画][☆☆☆☆☆]「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」感想
Excerpt(概要):★★★ 原作のストーリーを多少なり端折りつつ、可能な限り忠実に映画用にシェイプさせた結果であり、その尽力そのものは評価するとしても、その分間延びする場面、あるいは意味不明になる要素が見受けられたのは非常に痛いポイント。ではこれが物凄くつまらないのかと言われれば、さにあらず。むしろ、かなり完成度の高い部類と言える。我ながら非常に面倒くさい言い回しだが、多くの欠点を孕みつつも、エンターティメントとしてしっかりと地に足のついた作品だと評したい。志々雄演じる藤原竜也くんの怪演ぶりにも注目。原作を知らなくても充分楽しめるので、気になる人は是非!
Weblog(サイト)名 : 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜  / Tracked : 2014年9月21日
るろうに剣心 京都大火編・・・・・評価額1750円/伝説の最期編・・・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ 世界よ、これが日本のアクションだ!面白い!前作からさらにパワーアップして、血湧き肉躍る大活劇となった。「るろうに剣心」三部作は、本気の人たちに、ちゃんとお金と時間を与えると、これだけの物ができるという証明になったのではないだろうか。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2014年9月20日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):師匠との対決シーンも見応えありました。クライマックスの対決は圧巻でしたね。藤原くんの演技は凄いな〜。志々雄に感情移入しちゃうわ。若干ツッコミどころはあったけど、期待を裏切らず面白かった。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2014年9月18日
『 るろうに剣心 伝説の最期編 』武士たちに敬礼!!
Excerpt(概要):いや…クライマックスは泣いたよ。前後編の終わりとして、素晴らしい出来だった。変わらずの激しい殺陣アクション。役者さんの動きとカット割りの激しさに、キョロキョロしながら見守り続ける…目が忙しい。多少のツッコミ所やご都合は漫画原作だと思えば何てことはないし、幕末を大河ドラマキャストで埋め尽くしてきたところに本当に大友監督の大河への愛を感じるの。俳優陣の迫力に見とれている内に時間が過ぎていく映画でもある。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2014年9月18日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):1作目より2作目、2作目より更にパワーとスピード感が増した今作だったと思います!佐藤健クン始め、伊勢谷さん、神木くん、そして、ナンといっても藤原竜也くんの、素晴らしい殺陣に心を震わせて戴きたいです。悪が強ければ強いほど、ズンズンと伝わってくる悲哀。素晴らしかったでござるよ。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2014年9月16日
「るろうに剣心 伝説の最期編」:日本アくションの最高峰
Excerpt(概要):恐ろしいまでのスピードとパワーで見せ切る、このシリーズの完結編(たぶん)。もうこれ以降の時代劇、チャンバラは、従来の殺陣では物足りなくなってしまうこと確実であろう罪作りな作品です。師匠から秘儀を授かり、江戸へ向かって志々雄と戦うというだけのシンプルな筋を、ストレートの剛速球でぐいぐい押して行きます。さらにスピーディーに進化したド迫力のソード・アクションが、観る者を疲弊させるほどにこれでもかと繰り広げられます。佐藤、福山、伊勢谷あたりを中心に、ビジュアル的に見事に美しく、これはもう女子悶絶モノでしょう。 まあ武井咲ちゃんも、本作がいちばんキレイでしたけど。娯楽映画としてはほとんど完璧なのでした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2014年9月16日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):陸上に志々雄の味方をする勢力もいないみたいだし、火傷の後遺症で15分しか戦えないとはしりつぼみ感が強い。最後の対決は見応えがあった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2014年9月15日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):★★★★ アクションシーンは圧巻。「京都大火編」のチャンバラシーンスゲェなぁって感心したけど、今回は前作以上にチャンバラシーンが見応えあって素晴らしかった。内容的にはつっこみたいところがある。『るろうに剣心』は漫画やアニメの実写化に成功した数少ない成功例で、充分満足できる内容だったと思う。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2014年9月15日
『るろうに剣心 伝説の最期編』 (2014)
Excerpt(概要):造り手とキャストのほとばしる熱量に圧倒される力作であった。2部作の後編だけにのっけからテンションが高く、ずっと緊張感をたもったまま、当シークエンスから後は、アクションにつぐアクションのつるべうち!怒涛の勢いで、迷いなく突き進む。趣向を凝らしたアクションの数々は圧巻の一言だ。シンプルに心情に寄り過ぎて、物語的な妙とダイナミックさが少しおざなりになってしまったのは悔やまれる。
Weblog(サイト)名 : 相木悟の映画評  / Tracked : 2014年9月15日
るろうに剣心 伝説の最期編 : ありがとう、剣心!
Excerpt(概要):★★★★★ 期待値を裏切らない素晴らしい作品だということ。前作でハードルをとてつもなく上げているにも関わらず、ここまで楽しませてくれるとは…、製作陣、演者の皆さんに感謝感謝なのであります。殺陣を中心としたど派手なアクションシーン、これはシリーズ最高傑作といってよいのでは。日本人でなければ撮ることの出来ない殺陣、これを存分に魅せてくれました。個人的MVPは、志々雄真実を演じた藤原竜也。あらすじも、観る者を飽きさせない素晴らしいものでした。特に本作では「自分が生きる」ことが根底に流れており、あらすじ全体に深みを与えるものになっていました。前作を観ていないと置いてけぼりになる作品なので、そこだけはご注意。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2014年9月14日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):★★★★★ 前作もそーとーすごかったですが、後編もさらにパワーアップしててこれって早回ししてるの?と思うくらいものすごいスピード感あるバトルシーンでございましたよ〜。アクションシーンはねぇ...もう....圧巻、圧倒、完璧...あ〜素晴らしすぎて言葉がありませぬ。特にクライマックスでの4対1のバトルは見応えありました。包帯男こと志々雄を演じた藤原竜也くんがほんと素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2014年9月14日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要):★★★★★ 「どう生きるのか」を模索し続けた先に辿り着いた剣心の晴れた表情が印象的。各キャラのハマり具合が絶妙。佐藤健の剣心サイコー。武井咲の神谷薫、土屋太鳳の巻町操も良かった。蒼紫の伊勢谷さん、斎藤一の江口洋介かっけー。福山雅治の比古清十郎はどうかと思ったが意外と合っていた。田中泯の翁が素晴らしい、まさしく貫禄。藤原竜也の志々雄真実いいね!神木隆之介の瀬田宗次郎は単独でスピンオフ希望。左之助が原作ほどの存在感を与えられておらず残念。幕末の激動を伝える生死あふれる世界観構築も見事。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2014年9月13日
るろうに剣心 伝説の最期編
Excerpt(概要): 全体的に殺陣は早回し使い過ぎな感があって、各自の必殺剣がよう分からん。唯一分かりやすかったのは左之助のカール・ゴッチ直伝ジャーマン・スープレックスのみか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2014年9月13日
劇場鑑賞「るろうに剣心伝説の最期編」
Excerpt(概要):最高!!!の出来〜。映画はオリジナルの展開を見せつつも、決して原作を軽んじている感じてもなく、かなり重厚な展開になっていますよ。福山さんの演技が非常に素晴らしかった♪佐藤健さんの身体能力も半端なく…。でも、一番印象に残るのは藤原さん演じる志々雄かな〜凄かった…としか言いようがない。ワンオクのエンディングテーマも素敵で、余韻に浸ることが出来る。堂々と見せられる日本のアクション映画だと思う。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2014年9月13日
『るろうに剣心 伝説の最期編』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ 剣心は、目にも止まらぬ速さで走り、高速回転し、飛び跳ねるが、鼻につくわざとらしいCGアクションとは全然違う。あり得ない動きをリアルに見せてくれるので、爽快感があって、カッコイイ。今後、「るろうに」効果で、時代劇はどんどん変わっていくことだろう。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2014年9月12日
参照ページ:るろうに剣心 伝説の最期編

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.