インデペンデンス・デイ:リサージェンス : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/fgacjjuht
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:インデペンデンス・デイ:リサージェンス
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(21)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):【概略】 エイリアんとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年。エイリアんが地球に残した宇宙船が密かに覚醒し、仲間を呼び寄せ始めた。まもなく地球にやってきたエイリアんは、各国の主要都市を次々に破壊。必死の奮闘も空しく、防衛システムを無力化された人類は、瞬く間に滅亡の危機に瀕していくのだった…。 SFアくション 前作より20年経っての続編です。 敵の敵は味方、そういう意味での球体からの情報で、宇宙人たちの女王を倒せば全て解決。えー。…しかしこれが女王にたどり着くまでが遠い分厚さならそれでもいいんです。問題は、やられたら全滅となる女王がいくら船を破壊されたからってなんで最前線に出てきて肉弾戦をするぎ.
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2017年3月7日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):★★★ 感動したのは、同じメンバーがでてるくらいだったな(笑)。ストーリーも、単なる「人類VSエイリアン」ってだけじゃなくていろいろ詰め込みって感じだったな〜。リアム・ヘムズワースは素敵だったな〜。
Weblog(サイト)名 : C’est joli ここちいい... / Tracked : 2016年10月30日
『インデペンデンス・デイ リサージェンス』を109シネマズ木場5で観て、
Excerpt(概要): 色々ちゃんとやろうとしている事は分かるのだけど、敵の宇宙生物が女王様を連れて来る理由が分からん。お姉ちゃんは金髪も中華系もどっちも美人でよかった。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年10月27日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):★★★ 前作ほどの面白さが無いなぁ。妙に中国推しな感じがしたけど、今回の製作にあたって中華系資金が大量に投入されているのかな?ま、アンジェラ・ベイビーが綺麗で萌えれたので、御機嫌取りの中国推しとかその辺はどうでもいいんだけど。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2016年8月20日
16-176「インデペンデンス・デイ リサージェンス」(アメリカ)
Excerpt(概要):★★★ 映像に迫力はあったが、ストーリー自体はそれ程緊迫感を感じなかったかなという印象。ちょっと前作ほどの緊迫感と高揚感は感じられなかったが、その分衝撃的な映像などで、エイリアン襲来の迫力とその姿を見せてくれた作品。いい意味、悪い意味でもエンターテインメント作だったな。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2016年8月14日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):★★★ 新作から登場組でもキャサリンや鉈でエイリアンを倒せるアフリカの戦士ディケンベ(デオビア・オパレイ)といった中年組はまだ目立っていたのですが、若手は全然、印象に残りません。ポップコーンムービーとして、肩の凝らない作品といえるのですが、わざわざリメイクする必要はなかったかも。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年8月6日
「インデペンデンス・デイ リサージェンス」:アホで好戦的でホラ吹き(トランプ?)
Excerpt(概要):観客の知能程度を相当低い所に設定したかのような映画になっているのです。若い世代の登場人物たちが、あきれるほどにアホっぽいし、物語だってあって無きようなもの。肝心の地球崩壊VFXだって、エメリッヒの『2012』の圧倒的な凄さ、素晴らしさに較べると、大いに物足りないものでした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年7月26日
インデペンデンス・デイ リサージェンス
Excerpt(概要):容赦の無い壊しっぷりは絶望感と爽快感が入り混じってるようで、思わず変な笑いがこみ上げてしまうほどでしたね。本作は破壊描写も見所ではありましたけど、続編でもありますからやはり20年前にエイリアンから地球を救ったヒーロー達の再登場をまた見る事ができるのも嬉しかったですね。スカッと爽快な夏のエンタメ作品のイイ見本でもある。
Weblog(サイト)名 : シネマをぶった斬りっ!!  / Tracked : 2016年7月21日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):レヴィンソン親子はしっかり登場、この二人はあまり歳月を感じさせないひょうきんキャラ健在でした。あまり暗くならないSFパニック作品というスタンスは変わってはいません。ボスキャラがちょっと何かに似ていてそれがちょっと気になった作品でした。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年7月20日
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」
Excerpt(概要):観た後の満足感、皆無。ときどき、これ何やってんの? と、何を映しているのか分からない場面が出現。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2016年7月20日
映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』☆20年後のド迫力倍返しに一“丸”で闘う!
Excerpt(概要):20年前の皆さんの活躍も、懐かしい“いぶし銀“の一方で若人の活躍も、キラキラ。主演のリアム・ヘムズワースの爽やかな血の気の多さは、他でも、観たい。
Weblog(サイト)名 : **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  / Tracked : 2016年7月19日
映画鑑賞「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
Excerpt(概要):無数の円盤、戦闘機の大空中戦に興奮!この爽快感!大都市の破壊、殺されまくる人類、この悲惨さ!これぞ人類終末地獄絵図!
Weblog(サイト)名 : 趣味こそ生きがい  / Tracked : 2016年7月19日
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」感想
Excerpt(概要):前作の絶望の中で人類がひとつになるというドラマチックな展開に欠ける。中国マネー万歳、人種差別やLGBTを気にするあまりのバランス感覚の狂いなど、鼻につく部分もあるけれど、これは現在のハリウッド映画に蔓延する病気であるから仕方ない。それを見ると、20年前に比べてのアメリカの落日を実感してしまうという妙なリアリティもある。族長とヘロヘロインテリのコンビも良かった。ご都合過ぎるとかお約束過ぎるとか、内容的には薄っぺらいだのどーのと言われていますが、娯楽ですから。ポップコーンとコーラと共に、IMAXの3Dの大スクリーンと音響で楽しむための映画。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2016年7月18日
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』('16初鑑賞66・劇場)
Excerpt(概要): あまりの酷さに口あんぐりでした。アンジェラ・ベイビーはかわいい。中学生が書いたのかと思わせる脚本。演出も後半はダラダラした印象で、眠気がするぐらい。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2016年7月18日
インデペンデンス・デイ リサージェンス(3D) / Independence Day: Resurgence
Excerpt(概要):前作へのオマージューは良いんですが、単体の作品としては・・・。意外に前作が良かっただけに期待はずれ。期待が大きかっただけに、残念でした。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2016年7月18日
【映画】インデペンデンス・デイ リサージェンス
Excerpt(概要):★★★★ エメリッヒの映画見たなぁ〜的な満足感は、間違いなく得られた映画と言えましょうか。前作と比較すると、何かが足りないんですよねぇ。映像技術は飛躍的に進歩してるのに、むしろ前作の方が圧倒された感があった気もしましたし。それと熱く感動させられたあの感覚をもう一度と期待していた部分もあっただけに、微妙に肩透かしを食らった感は否めなかったかなと。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2016年7月15日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要): 20年前の「インデペンデンス・デイ」の続編。壮大感は残念ながらスケールアップしなかった。出て来る俳優さんの台詞とか恋話とか前作以上に安っぽくなってないか。前作はみんな真剣に必死で戦っていて、米大統領も結構気合入れて演説してたと思うのだけれど、今作は邦画並みに暢気な無駄口多かった。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年7月11日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):★★★ 物語の進行が早くて、宇宙船もものすごく巨大になっている。イベント映画みたいな印象で見た直後は興奮した。でも時間が経過するとなんだか、印象が薄くなってきた。色々なことが起きるのだけど、どこかで見たことがあるシーンがいっぱい出てくる。ちょっとした笑いも入っていて、まあまあ楽しめる。あれこれ考えている暇がないので、終わってみると万々歳だった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年7月10日
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt(概要):★★★★ 前作に出演した人たちが本当に20年経った姿になってたのは感慨深いものがあります。映像ではとても見応えありましたし、劇場で観るべき作品ですね。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2016年7月9日
インデペンデンス・デイ リサージェンス
Excerpt(概要):懐かしい感じもする定番の展開に、ちょっと安心しながら楽しめるような作品でした。ラストーシーンには、それはどうかなあ…とちょっと思うところもありましたけど、それも過去の古き良き時代を反映していたのかも知れませんね。観終った時、う〜ん何を感じただろうと考えてしまった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年7月9日
劇場鑑賞「インデペンデンス・デイリサージェンス」
Excerpt(概要):まずまずの面白さだったと思います。エメリッヒ監督の十八番であるディザスター描写は迫力満点!ビル・パクストン、ジェフ・ゴールドブラムらの再登場は嬉しい限り。全体を通して、ツッコミどころ満載だが、映像的な面白さは前作を上回る。前作を観ていなくても楽しめるとは思うが、観ておいた方がより分かりやすいですよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2016年7月9日
参照ページ:インデペンデンス・デイ:リサージェンス

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.