ボクの妻と結婚してください。 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/estnuckhjb
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ボクの妻と結婚してください。
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『ボクの妻と結婚してください。』をトーホーシネマズ渋谷4で観て、
Excerpt(概要):この映画のキャラに多分、織田裕二が合っていない。この映画の主人公はもっと「ふわっ」とした人物だと思う。織田裕二に負けず劣らず問題のあるキャスティングが予告で「ちゅま?」と言ってる高島礼子。この二人に反比例するかの如く、原田泰造と吉田羊がいい。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年12月14日
【映画】ボクの妻と結婚してください。
Excerpt(概要):★★★★ 主人公には共感出来なかったけど泣けると言う、ちょっと自分でも納得できない感情に陥ってしまった映画でした。強引な映画でもやっぱり感動できちゃった最大の要因は、何と言っても妻の愛の深さ、これに限る!また演じた吉田羊の演技が本当に素晴らしすぎて、思わず涙腺が緩みました。込江海翔君が演じた子供が可愛かった、映画的過ぎてリアル感は皆無でしたが。エンドロールの画と中島美嘉の曲が心に響きました。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2016年11月25日
『ボクの妻と結婚してください。』 映画@見取り八段
Excerpt(概要):見事に「織田裕二と吉田羊のドラマ」になっていた。映画版しか見ていない方は恐らくドラマ版を見たら目が点になるんだろうなぁ…と冷静に思いつつ、私もすすり泣き程度にはウルっとしたのである。劇場版の主要キャストは子役の込江海翔くんがとても良かった!あとは原田泰造の笑顔の安心感ね。泣かせ狙いの作品ではなく、人が人生の終わりにどう過ごし、どう「送られるか」を描いた優しい作品。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2016年11月13日
ボクの妻と結婚してください
Excerpt(概要): 自分が生きているうちに妻のために再婚相手を探すのだけど、自分のことしか考えていないように見えてしまった。亡くなっていく者は残される家族のことを考えるべきではないか。喪失感は時間が解決してくれるものであって、代わりのものを見つければ埋め合わせができるとは思わない。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年11月12日
映画鑑賞「僕の妻と結婚してください。」
Excerpt(概要):映画向きの突飛な話だが、悲しくて切なくて泣けた。
Weblog(サイト)名 : 人生を楽しもう!  / Tracked : 2016年11月11日
劇場鑑賞「ボクの妻と結婚してください。」
Excerpt(概要):かなりシリアスな内容なのかなぁ…と、予告編での印象から考えてましたけど、意外と笑える部分も多かったり、その辺りの微妙な匙加減は良かったです。ただ、突拍子もないストーリーなので、人間ドラマなのにちょっと現実味が無く、だから、あのようなラストの展開になったのかな?と。織田さんですが、かなり心動かされる演技をしていました。妻役の吉田さんもキャラに合っていましたよ。エンドロールになってもすぐに席を立たないように!全体を通して、非現実的なところもあるが、家族っていいなぁ…と、改めて感じることの出来る作品に仕上がっていました。心温まるストーリーなので、是非多くの方に観てもらいたい。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2016年11月5日
織田裕二主演、映画「ボクの妻と結婚してください。」 余命6カ月男のバラエティー的人生締め..
Excerpt(概要):この作品は、バラエティー感覚で楽しむものなんですね。あくまでもバラエティー的な主人公に対して、ドラマ的なリアクションをする妻の吉田羊と、キーパーソンとなる役の原田泰造がいい味を出しています。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2016年11月4日
「ボクの妻と結婚してください。」最期も笑顔で…。
Excerpt(概要):悪い話では無いのですが、根っこの部分にどうしても違和感が残ってしまいました。でもね、映画を見ている間は、心の中にじんわりと効いてくるストーリーに、結構“ホロリ”とさせられました。内容的には相当な“悲劇”になり得る話を、本当に上手に優しい映画に撮りあげておられます。久し振りに大上段から“泣かせてやろう”“さあ、泣いてみろ”と投げ掛けてくる映画でしたが、決してそれが嫌味になっていないのは、まさに演出・構成の妙だと思いました。“主演・織田裕二”でございますが、良かったですよ。共演陣も妻役の吉田羊さん始め、原田泰造さん、高島礼子さんと、皆いい感じに肩の力の抜けた演技で魅せてくれます。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2016年11月4日
ボクの妻と結婚してください。
Excerpt(概要):主人公の突拍子も無い計画に驚きつつも、それを見守る人たちの気持ちが優しい余韻を残すような作品でした。エンドロールの映像まで愛が詰まっていました。病気の物語なので切ないシーンもたくさんありましたけど、それ以上に爽やかな気分になれるような作品でした。観終った時、秋に似合う映画を観たなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年10月17日
参照ページ:ボクの妻と結婚してください。

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.