帰ってきたヒトラー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/dlcalibybc
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:帰ってきたヒトラー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「帰ってきたヒトラー」
Excerpt(概要):★★★★ あなたが始めてしまえば、やられたほうは守るために、または仕返しのために戦うことになるに違いありません。だから、始めないでいただきたい。どちらからも始めなければ、いいんです。わかってます、それを観客に言いたかったんですよね。ブラックコメディっぽく、でもマジメに。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年7月4日
「帰ってきたヒトラー」
Excerpt(概要):こんな映画作って良いのか?と思ったりもしたが、ヒトラーをちゃかした「わが教え子、ヒトラー/2007」というブラック・コメディもあるくらいだから、ドイツ人の懐の深さには脱帽する。アドルフ・ヒトラーを演じた俳優オリヴァー・マスッチの素顔はヒトラーに似てないらしいが、身振りや話し方はかなりイケてる。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2016年8月24日
帰ってきたヒトラー
Excerpt(概要):考えれば考えるほどブラックな物語に、ぞっとしてしまうような作品でした。この物語の行く末はきっと何かが間違っていると感じたのですけど、それが何か上手く言えないなあと思ってしまいました。観終った時、しばらく心の中でモヤモヤした塊が残っていそうだなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年7月18日
帰ってきたヒトラー
Excerpt(概要):★★★★ 映画で登場人物にぼかしが入っているシーンが何カ所かあり、何かと思ったら、ヒトラーが各地を回って住民と意見交換するシーンは、フィクションの映画とはいわずに、ドキュメンタリーのように撮影したそうです。つまり、住民のリアルな本音が流れているのですね。ザヴァツキやテレビ局幹部のどたばたは、ちょっと物語のテンポをおかしくしているような気もしましたが。それでも、シニカルなラストも含めて、今だからこそ見ておくべき作品でしょうね。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年6月29日
帰ってきたヒトラー〜どーするEU3
Excerpt(概要):★★★ オバマ大統領の仮想した番組司会者はさらに軽い。何というか貫禄の違いがあり過ぎる。認知症患者の老婆がヒトラーを本物と見抜くのが意外にわさびがきいている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年6月26日
「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ!
Excerpt(概要):タイムスリップものに付き物の、勘違いネタも十分笑えるけれど、近代的な設備にもっと驚くシーンも欲しかったかな。笑えるけど笑えない、今だからこそこの映画は全世界の人が必ず観なくてはいけない課題図書的映画と言っても過言ではない。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2016年6月24日
帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ 全編シニカルなギャグ満載だが、風刺の向こうから見えてくるのは、いつか来た道、笑えない可能性の未来というワケ。
オリバー・マスッチが演じるヒトラーは、ルックスだけでなくその喋り方や声質なども含めて驚きの激似っぷり。極めてユニークなスタイルを持つ風刺映画だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年6月23日
「帰ってきたヒトラー」
Excerpt(概要):コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。もしカリスマ的な扇動者が現れたら、現代のドイツでも又事は起こってしまうかもしれない。そんな警鐘を鳴らす一作である。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年6月22日
「帰ってきたヒトラー」
Excerpt(概要):★★★ 現代にヒトラーが蘇えるという、考えようによっては不謹慎な物語がコメディタッチで描かれていて、劇場内は爆笑の渦。特に前半が面白い。日本でもこういった物を作ったら面白いのになぁと思うけど、国民性の違いもあるし、やっぱり難しいのかもしれないな。
Weblog(サイト)名 : のんびり。  / Tracked : 2016年6月16日
参照ページ:帰ってきたヒトラー

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.