ナイト ミュージアム2 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/btlwwzqrly
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ナイト ミュージアム2
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(29)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ナイトミュージアム2(感想178作目)
Excerpt(概要):★★★ ニューヨーク自然史博物館の不要物スミソニアだが、全体的に展示物が多いから滅茶苦茶で分からんし、前作ほどの展示物量ちょうど良い感じだった思うよ。画の中に入る&最後は皆を開放で客は良かったし、アメリヤがヒロインなど色々と他に良い所あったけど、敵ナポレオン&イワン雷帝&アルカ・ポネは微妙でカームンラーだが前作の方が良い感じだった思うよ。
Weblog(サイト)名 : 別館ヒガシ日記  / Tracked : 2010年12月19日
ナイト ミュージアム2 (Night At The Museum: Battle Of The Smithsonian)
Excerpt(概要):★★★ 本作の見所は、やはり"何でも動きます!"って点と、動いたら動いたでなにかと面倒くさい相手に対し、全く動じず果敢に絡み続けるベン・スティラーが生み出す安定感ある面白さ。"何が動くか?"以上に"誰が飛び出してくるのか?"ってのが楽しみ。続投組の出番が随分と減ってしまったのは残念だが、その分新規参入組が鬱陶しいくらい濃い。そんな中でも、面倒くさいが反面とても魅力的なアメリア・イヤハートに扮したエイミー・アダムスが印象的。オーウェンなんですが、鳥かごにしまわれたり、砂に埋まったりと元気がない。でも、可愛かったですよ。
Weblog(サイト)名 : Subterranean サブタレイニアン  / Tracked : 2010年6月25日
【映画】ナイト ミュージアム2…今度は割と(!?)展示物が多い博物館が舞台(前作比)
Excerpt(概要):★★★★ 真面目に続編作ってる感じで好印象な作品ですねコレ。無理もせず、背伸びもせず、逆に手も抜かないというんでしょうか…そんな感じです。舞台は私たち日本人でも知ってる超有名博物館に移動。このあたりも少しテンションが上がります。それに伴い展示物も微妙にグレードアップ↑ まぁこのナイトミュージアムシリーズはツッコミ不要でただ笑って鑑賞すればよいタイプのドタバタコメディなので、私としても細かな感想ってあんまり無いのですが…。前作よりも微妙にハデな今回の方が個人的には好きですかね。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2010年5月3日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):やっぱり「博物館」「蘇る」このキーワードは色々な意味でときめいてしまう。ちょっとずっこけドタバタ気味なのがいいところ。しかも登場するモノや人物たちを知っていれば、ニヤニヤできてしまう。エイミー・アダムスさん演じるアメリア・イアハートもキュートでした。悪者側の雑談も笑ってしまったー、みんなチュニックから離れないのか(笑) 登場する人物たちは皆明るく馬鹿っぽくて可笑しいです。重々しさがなくて、現代的で間抜けなんですよね。こういう作品にはCGが実にマッチしていて本当に面白い。ベンさんはスーツより警備員姿が似合います。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2010年1月3日
「ナイト ミュージアム2」 子供ももちろん大人もしっかり楽しめる
Excerpt(概要):楽しい映画でした!前作ではダメダメなお父さんであったラリー(ベン・スティラー)ですが、かなりカッコ良く見えました。とはいえ、コメディである本作、笑いどころもたくさんありました。前作登場の他のキャラクターにもきちんと見せ場を作ってくれていたのは嬉しいところです。さらにスミソニアン博物館のキャラクターも加わりますから、映画はとっても賑やか。女性で初めて大西洋を飛行機で横断したアメリア・イヤハート役にはエイミー・アダムス。家族みんなで楽しめる作品に仕上がっていると思います。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2009年11月23日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):出演者は二重の意味で豪華。有名な役者が豪華共演。彼らが演じる人物らも豪華共演。後者についてはこの映画の中だからこそ、巨大博物館という舞台ゆえ叶った共演だ。違う時代、違う国に生き、本来なら会うはずのない人物たち。博物館の展示物が動き出すというコンセプトは人物以外の面でも最高に楽しかった。絵や写真の描写は夢いっぱいだったし航空・宇宙館に行くっていうアイデアも素晴らしかった。動き出した時のハチャメチャぶりったらない。悔いなし。とっても楽めた。
Weblog(サイト)名 : h  / Tracked : 2009年9月9日
「ナイト ミュージアム2(NIGHT AT THE MUSEUM:BATTLE OF THE SMITHSONIAN)」
Excerpt(概要):★★★ スミソニアンは1日で回りきれないほどの大量の展示で有名。その割には出てきた数は多くなく、町を上げての大騒ぎを期待してた者には物足りない。いっそワシントンに集中して欲しかった気もします。アメリア・イヤハートとのロマンスってエピだけどどっちにしろ展示物ですから…。いくらでもデカくなりそうな設定も、相変わらずこじんまりと纏まってしまった印象は前作と一緒。収集は付きやすいんでしょうけど、このシリーズの限界が見えてしまった。
Weblog(サイト)名 : Wilderlandwandar  / Tracked : 2009年9月5日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):★★★ 前作を上回るスケール感があったので、楽しかったと言えば楽しかったけど、あれもこれもで新しいキャラもたくさん過ぎてパっとしなかった印象!前作のキャラもただ出てくるだけで、うまく活用出来ているようには思えなかったです、、。とは言え、新キャラは可愛いモノが多かった!と言うか私は悪役よりも可愛いキャラに目が行きました☆ お気に入りはやはりアインシュタイン人形!! ベン・スティラーに関しては、かっこいいキャラになりすぎ、前作のほうが良かった印象!
Weblog(サイト)名 : Addict allcinema 映画レビュー  / Tracked : 2009年9月4日
映画「ナイト ミュージアム2」を観た感想
Excerpt(概要):★★★★ 前作の感動指数には及ばないけど、結構面白かった。ラストのラリーの決断には驚いた。それでこそ、男だぜ! でも本当にいいの?? 「本当の幸せは?」って、テディに語るところも感動的だ。今度は仲間のために、自分のために頑張るのだ。
Weblog(サイト)名 : 映画初日鑑賞妻  / Tracked : 2009年8月31日
『ナイト ミュージアム2』
Excerpt(概要):★★★ 前作よりかなりパワーアップしたものの、何でも見せたがらないで、前作とオーバーラップする部分は避け、もう少し絞り込んで内容重視に描いて欲しかった。まさにドタバタ喜劇そのものだけど、あまり飛躍させすぎるとせっかくのラリーの"善意"が活きてこなかった感じ。エイミー・アダムスはこれまた今までになかったカラーで魅せてくれた。ロビン・ウィリアムズはやや影が薄いのが気になるところだが、ほかに史上を騒がせた人物たちも楽しめた〜。次はぜひナイト・アクアリウムで(笑)
Weblog(サイト)名 : 京の昼寝〜♪  / Tracked : 2009年8月25日
【ナイトミュージアム2】
Excerpt(概要):これは面白かった〜!かなりヒット。今まで見たベン・スティラーの中で一番これ合っているような気がします。ラリーとってもいい感じ〜♪自分の身にも危険が迫り、仲間の命も危ないという状況下でのんびりして次から次へとユルイ笑いがあり、子供向けでしょうけど大人もたっぷり楽しめます。女性飛行士のエイミー・アダムスは可愛いし、アインシュタインも笑えるー。携帯の行方もオシャレ!とっても気に入りましたー♪
Weblog(サイト)名 : 日々のつぶやき  / Tracked : 2009年8月20日
レビュー:ナイトミュージアム2
Excerpt(概要):★★★★ 楽しめましたけど、やはり前作みたいな新鮮さは感じられませんでした。その辺は一話完結した作品の続編の難しいところです。そうは言っても、娯楽作品ですし、深く考えずに楽しめました。とりあえず考える人には、筋肉モリモリマッチョマンの変態野郎の称号を与えときたいところです。それにしても主人公のノンライトセーバー捌きは抜群でしたね。あれならジェダイになれるでしょう。
Weblog(サイト)名 : シネコンバイトまりっぺの映画 / Tracked : 2009年8月18日
*ナイト ミュージアム2*
Excerpt(概要):世界最大の博物館群・スミソニアン。アメリカの歴史がそのまま見られるようになっているのでしょう。"あの人は誰?"的に楽しめるのですが、何しろ闘いのシーンが多くて展開が早すぎ。もうちょっとゆっくりさせてほしいです。そして終わって見るとなんだかごちゃごちゃした印象だけが残ってしまいました。設定が最高に面白く、スミソニアンらしい登場人物が多くて、確実にパワーアップしてるのになんだかすごくもったいない気がした映画でした。
Weblog(サイト)名 : Cartouche  / Tracked : 2009年8月17日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):博物館にはこんなものまであるの?というものもいっぱい出てきました〜。今回のキャラクターで中心になるのはカームンラーとアメリア・イヤハート。カームンラーは軍隊を呼び戻して世界征服を企む敵ボスです。でもなんとなく会話がおちゃめなので悪い奴なのに楽しいです。アメリアは今回のラリーのパートナーで、一生懸命にラリーと逃げ回ります。冒険大好きなアメリアは笑顔がキュートなエイミー・アダムスにぴったり。意外に楽しかったのが1945年の街の写真。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2009年8月17日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):★★★★ なんていったって今回はすごいよ!!カームンラーやナポレオンやアル・カポネやイワン雷帝が手をくむんだから!モアイ像がガム、ティラノサウルスがしっぽ、、猿は2匹にふえ、妙に友情がめばえてる…っていう部分が残っててうれしかった。笑ったのは妙な天使たちと芝生を突撃したときのシーンだね。今回はラリーがもっとみたかった、彼がどう変わって社長にまでのぼってとか、、それがちょっと残念。あいかわらずいろんな小ネタがあってたのしかったわ♪
Weblog(サイト)名 : C'est joli〜ここちいい毎日を〜  / Tracked : 2009年8月17日
『ナイト ミュージアム2』(2009)/アメリカ
Excerpt(概要):★★★ いろんなところで仕掛けが出てきて、はちゃめちゃな感じになるのは前作と同じ感じ。相変わらずカウボーイとオクタヴィアヌスがいたのには参りました(笑)大きく変化をもたらしてくれるのは、エミリア・イアハート役の、エイミー・アダムスですね。ラリーの環境が1→2に持ってくるのに帳尻合わせときましたって感じ。それでも退屈はしないですし、単純に面白い、普通にワイワイと鑑賞する分には全く遜色はない作品だと思うんですけどね。
Weblog(サイト)名 : NiceOne!!  / Tracked : 2009年8月16日
「ナイト ミュージアム2」またしてもドタバタ騒ぎが始まった
Excerpt(概要):★★★ アメリカ人にとっては歴史的重要な人物や物事が時折紹介されるのは子供向けのちょっとしたサービスなのか、それは自分たち不案内なアメリカの歴史に触れることもできる。映画館の暗闇に座って二時間あまり、外の現実とはまったく違う世界に身を置く幸せ、子供向け映画と言ってしまえばしれまでだけど、たまにはこんな時間もいい、ベン・スティラーのビックリ目玉の顔を笑いながら見て、そしてまた現実に戻るのだ。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2009年8月16日
ナイト ミュージアム2・・・・・評価額1500円
Excerpt(概要):★★★★ 正に玩具箱をひっくり返した様な、抱腹絶倒のファミリー映画。総合的な完成度では前作に及ばないと思うが、見せ場は正につるべ打ちで、何よりも展開のテンポが早いので、だれる事は無い。これはこれで十分に楽しく、期待を裏切られる事は無いだろう。そして映画の後には、きっとまた博物館に行きたくなる。映画館で大いに笑って、刺激された知的好奇心を抱えて博物館へGo!誠に、夏休みにぴったりの映画。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2009年8月15日
☆ナイト ミュージアム2(2009)☆
Excerpt(概要):★★★★ 全体的には雰囲気や内容は前作と同じような感じだったと思いますが、舞台がが世界最大のスミソニアン博物館に移ったことによって、キャラクターがものすごく増えていて、より楽しかったです!年代的にはありえないイワン、カポネ、ナポレオンの組み合わせは世界史好きの私にとっては面白かったですし、さらに、ダースベーダーまで絡んできて、ちょっとのシーンの登場でも嬉しかったです♪家族みんなで楽しめる作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : CinemaCollection  / Tracked : 2009年8月15日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):★★★ やはり続編は続編。色々な新キャラプラス、なんでもあるスミソニアンが前作の主要キャラであるルーズベルトやカーボーイなどの扱いを極めて雑にしてしまうため、前作ならではの面白みはほぼ皆無となるし、それでは一方の新アイデアの方はと言えば、広い舞台で濃度が完全に薄まってしまったため、面白さがまったく伝わってこない。広大な博物館内にたくさんあるアイデアの幾つかは人によってはハマるだろうから、ファミリー向けムービーとしてギリギリ楽しめる作品。
Weblog(サイト)名 : Memoirs_of_dai  / Tracked : 2009年8月14日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):コメディ映画のベン・スティラーには常に心優しいけどドジな男でいてほしいんです。今回はその彼のキャラとしての立ち位置が非常に中途半端。さらにこのラリーが今回はベンのキャラに似合わず格好良く活躍しているのがどうもしっくりこない!ただ往復ビンタが2倍になっていたことや、リンカーン大統領や考える人が活躍したこと、蘇る展示物たちを最新技術という設定にしてリニューアルした自然史博物館を描いたラストはそこそこ面白かったです。
Weblog(サイト)名 : めでぃあみっくす  / Tracked : 2009年8月13日
ナイト ミュージアム2 [映画]
Excerpt(概要):★★★★ もう登場人物が多くて覚えるのに大変っ。前回登場した人たちも勢揃いし、新たに女性初のパイロット・アメリア・イヤハートなどこれまた個性的な人物が加わってて楽しかったです。歴史上の人物を知ってるとより楽しめますね。今回お猿組が可愛かった。個人的にはアクメンラーの兄ちゃんがツボ。予告編から楽しみにしてたあの方が登場したひにゃ、テンション上がりましたよん。続編なので思ったほどの驚きはないのですが、歴史上の人物が動いてるのは面白い。
Weblog(サイト)名 : 映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2009年8月13日
映画 【ナイト ミュージアム2】
Excerpt(概要):★★★ 博物館の展示物が動き出すのはやっぱり楽しい!前作に引き続き出てくるキャラクターには愛着があるし、今回新たに登場したキャラクターも選りすぐりです。全編楽しかったですが、特に好きだったシーンは、絵画の世界に逃げ込むところ。絵画の中の世界からはこちらの世界が絵のように見えてましたね。モノクロの写真の中に入ったらラリーたちもモノクロになってたし。本当に無害な作品なので安心してお子様と見られますね。
Weblog(サイト)名 : ミチの雑記帳  / Tracked : 2009年8月12日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):★★★★ これは単純に楽しかったです。何故か登場するダース・ベイダーとオスカーとの絡みが実に面白く、この掛け合いはラリーと度々繰り返される絶妙のクロストークと並んでこの作品の見所の1つでしょう。結局、石版をラリーとカームンラーが奪い合い、その流れ自体に大きな面白さはないですが、この映画の魅力はそこではないですから。古巣・自然史博物館でのラストシーンは前作からの流れも総括してまとめられた感じでした。もしかしたらこれで完結かもしれませんね。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2009年8月12日
ナイト ミュージアム2 日本語吹き替え版
Excerpt(概要):ファミリー向けの楽しい映画。女性で始めて大西洋横断飛行に成功したアメリア・イヤハート(エイミー・アダムス)がラリーの相手役として登場、おなじみのメンバーも健在。愛のキューピットになる天使三人や天才物理学者アインシュタイン、ダースベイダーも登場する。また、宇宙ロケットやライト兄弟の飛行機などスミソニアンに実際にある展示物も使われる。ラリーがお金儲けから、自分のやりたい仕事を再発見する設定もいい。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2009年8月12日
ナイト ミュージアム2
Excerpt(概要):★★★★ 前作とおんなじ展開に新鮮味は無くとも,前作を上回るスケール感と表現力のおかげで,めっちゃ面白かった!今回は絵画も動く!彫像コーナーでは,キューピッドと考えてない人に笑う。ダース・ベイダーと,セサミストリートのゲストが嬉しい。ラリーが適職と,恋の相手を見つける過程も自然だし,うるさくない程度のドタバタ劇も大満足。とにかく面白い。欲を言えば,エンディングにスミソニアンの朝の惨状を見せてほしかった。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2009年8月12日
映画 「ナイト ミュージアム2」
Excerpt(概要):楽しい映画でした。まさに続編はこうあるべし、といった内容で、前作でお馴染みになったユニークなキャラたちに加え、新たなメンバーも続々と登場してスケールアップを果たしています。家族で楽しめるコメディーに徹した作品で、エロもなく暴力もない、ありそうで滅多にない映画。主役のベン・スティラーはいつもに比べると大人しい感じでしたが、ニュー・ヒロインのエイミー・アダムスは凛々しく魅力的で、二人のほのかなラブ・ロマンスも爽やかでいい感じでした。
Weblog(サイト)名 : ようこそMr.G  / Tracked : 2009年8月2日
映画「ナイト ミュージアム2」(日本語吹き替え版)@東京厚生年...
Excerpt(概要):主人公が前作とは打って変わり自信満々なヒーローとして描かれている。前作ではベン・スティラーの顔芸や身体能力を駆使した演技や、展示物に対しての恐怖や対立が描かれていたが、本作では彼と前作の展示物との信頼関係が成立してしまい展示物達も主人公に頼りっきりで面白味が無い。目新しさで言うと展示写真の中に登場人物が飛び込むや、展示絵画の中が動くなどひねりは効いているが、前作にあった新鮮味や驚きは無いのが難点。
Weblog(サイト)名 : masalaの辛口映画館  / Tracked : 2009年8月2日
ナイトミュージアム2/NIGHTattheMUSEUM BATTLEoftheSMITHSONIAN
Excerpt(概要):★★★ 続編だからって手抜きしてません。むしろパワーアップしてる。もう話の筋はわかったまま、前作の流れのままでいくのでその分すぐ面白くなるって気もする。新たな映像として、モノクロの絵画の中に紛れ込んだり、石像のリンカーン、果てはダースベイダーなんかも登場して、キャラクターについては子供より大人の方が楽しめるんじゃない?って部分も☆ でも子供たちにウケそうなシーンもある。ってコトで夏休み向け正統派ムービー。またまた博物館内はめちゃくちゃです(笑)
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2009年8月1日
参照ページ:ナイト ミュージアム2

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.