キセキ -あの日のソビト- : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/bsefodtwvs
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:キセキ -あの日のソビト-
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「キセキ あの日のソビト」:松坂桃李が良いです
Excerpt(概要):なかなかどうしてヘンな映画でもあります。兄役の松坂桃李が、これまでのヒズ・ベスト演技ではないでしょうか。このキャラクターの信念や理想や夢や屈折や挫折や憤怒や喜びや・・・様々な感情を体全体で演じて、訴えて来るものがありました。一方弟役の菅田将暉は、「まあ彼なら、当然このぐらいはできるでしょう」ってレベル。大江戸の好みとしては、もっと「才能の残酷さをめぐる物語」にしてほしかったですね。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年3月14日
【映画】キセキ あの日のソビト
Excerpt(概要):★★★★ キセキの誕生秘話やGReeeeNの結成秘話と言う点で見るとやや物足りなさも残るストーリー構成でしたが、ヒデとジンの兄弟の、いや、この家族の物語と言う点で見れば非常に見応えのある内容の作品でしたね。兄弟の物語も見応えたっぷりでした。これは今が旬の松坂桃李と菅田将暉が演じたからこその見応えだったとも言えましょうか。もっとGReeeeNの曲を聴いてみたいとも思わされた作品ではありましたね。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2017年3月11日
キセキ あの日のソビト
Excerpt(概要):★★★★ 父親役の小林薫が、いつもと違って普通のおじさんっぽく見えました。劇的なことはないけど、等身大の実話がわかって良かったです。ファンの人はもちろん、そうでない人でも興味がわくと思います。歌声も披露してくれています。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年2月24日
キセキ -あの日のソビト-
Excerpt(概要):★★★ 残念ながら、伝記映画でありがちなのですが、ストーリーが予定調和というか、あまり悪人がでてこなくて、エピソードの羅列的なところが感じられます。松坂、菅田らの歌うGReeeeNの名曲のレコーディングシーンはみていて鳥肌がたったし、震災のような大きなことではないけれど、彼らの歌が病気の少女の心を救うというのは、お話しっぽいけど、ほっとするいい話。最後の父親のセリフもふくめて、良い話だなあ、ということは間違いなくいえます。彼らが、大ベテランの小林薫とぶつかるところも、大きな見所といえましょう。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年2月24日
「キセキーあの日のソビトー」
Excerpt(概要):観ている最中ずっと、「うわーっ、きっつー!うわーっ、きっつー!」と、心の中で悶えながら。何がキツイって、受験期の男兄弟を息子に持つ現在進行形の身なのだから。「ソビト」とは、素人、あるいは空人ー自由に新しいことに挑戦していく人ーという意味だそうだ。兄役を松坂桃李、弟役を菅田将暉。どちらも好演。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年2月21日
キセキ
Excerpt(概要):★★★ 本作は、若者に大人気の音楽グループ「GReeeeN」が生まれ大ヒットを飛ばすまでの経緯を描く音楽物。劇映画仕立てになっていますから事実そのままではないのでしょうが、本作の中で歌われる歌がよくできていることもあって、まずまず面白く見ることができました。本作に盛り込まれるエピソードからは、幾分古めかしい雰囲気が漂ってきます。本作はまずもって音楽物なのだと受け止めて、流される様々な曲に堪能できたのなら、それで良しとすべきなのでしょう。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年2月9日
映画『キセキ〜あの日のソビト〜』☆GReeeeN誕生?兄の援護・父の日本刀
Excerpt(概要):イイ意味で、作り込みすぎていなくて、松坂さん&菅田さん=兄弟の存在感が生き劇中歌も効果的に、響いてきたと思います。歯医者さんで歌手もやる。好きなことで食べていけるのは、素晴らしい。そんな彼らを支えているお兄さん(JIN)の存在も知りました。映画は、お兄さんへの感謝を感じましたよ。
Weblog(サイト)名 : **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  / Tracked : 2017年2月7日
キセキ あの日のソビト
Excerpt(概要):音楽という夢の大きさが曲と共に心に残るような作品でした。何と言っても、映画全体に流れる音楽が心地良かったです。やっぱり「キセキ」は名曲ですね♪兄弟を演じた松坂桃李さんと菅田将暉さんの自然な演技も良かったです。観終った時、GreeeeNにはマイペースでずっとずっといい曲を創っていって欲しいなあと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年1月29日
参照ページ:キセキ -あの日のソビト-

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.