シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/bolitjlfr
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(36)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム…の観賞記録はとりあえず…ほぼ近況報告。
Excerpt(概要):★★★★ 映画として破綻はしないように上手いことやってるけど、それでもヤッパリ欲張りすぎてる感というか…やっぱり重要な要素であろう推理部分に至っては全く記憶が無いというか…そんな感じで。全体的には、まずまず上出来な映画として堪能できてはいます。あのカモフラージュなラストシーンでも笑えました。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2013年4月9日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (Sherlock Holmes: A Game of Shadows)
Excerpt(概要):★★★ 「ホウムズ?あの帽子被ってパイプふかした頭良い人?」って程度の認識しかないにわかであっても楽しめる、とっても親切な作りが嬉しい一本。一本筋が通った物語なのに雑な感じがしてしまう難点もあるが、ガイ・リッチーらしい独特な映像センスとリズムに、ジョエル・シルヴァーらしい派手さと大味さが良い具合に融合されているので、全くダレることなく最後まで楽しむことが出来る。
Weblog(サイト)名 : Subterranean  / Tracked : 2012年8月11日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):頭脳+アクション+ユーモアの娯楽作品ですので、楽しんだもの勝ち♪前半は少々駆け足感を感じる展開でしたねー。どちらかといえばアクションの合間にホームズが事件の真相を説明してくれる展開。火薬量の多い作品ですね。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2012年7月10日
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」 
Excerpt(概要):原作のセリフをそのまま使っている部分もあるので、ホームズファンは必見すよ〜確実に前作よりパワーアップしてますよ〜ライバルもうチョイ濃いキャラが良かったな〜この作品、ゴチャゴチャで話し分けわかんなくなるんすけど・・それでも面白かった〜(◎´∀`)ノアクションがめっちゃパワーアップしてます。相変わらずの名コンビも超面白かった
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas / Tracked : 2012年7月8日
シネトーク107『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』○アクション増量で前作より面白い!
Excerpt(概要):★★★★ 謎解きミステリーの醍醐味があったかと言われたらそれは否!だわなアクションと見せ場を盛りまくって<前作以上にハデにかます>型続編のルールをきちんと踏襲している。リッチー、いい仕事してるじゃんアクションの見せ方も数段ウマくなってるし、話の運び方もメリハリが付いてるから、前作ほどの間延び感は感じなかったよ『シャーロック・ホームズ』を観に来ているのに、泥沼化した三角関係のドロドロした愛憎ドラマを観てるような空気感が漂っててヒヤヒヤした(笑)
Weblog(サイト)名 : ブルーレイ&シネマ一直線  / Tracked : 2012年4月12日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):★★★★ 前作同様、大変面白かった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2012年4月9日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):もうね、原作と離れて楽しんだ方がいいんですよ、きっと。推理どうのこうのっていうのは、この映画はあんまり期待してはいけないですねー。ホームズさんって、乗馬はお得意じゃないんですね。あのあたりの画面はおマヌケ。肝心のモリアーティ教授とのあれこれなんですが、よく掴みきれてません(笑)よそに気を取られすぎてたのか、何の為っていうのが妙に希薄に感じたというか聞いてなかったというか…。派手な追いかけっこやファイトシーンも満載で、楽しめた一本でした。やっぱ、アクション映画の類は、スクリーンがでかいと迫力ありますね。
Weblog(サイト)名 : 晴れたらいいね〜  / Tracked : 2012年4月5日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム/Sherlock Holmes: A Game of Shadows
Excerpt(概要):ワトソンの新婚旅行の場にホームズが現れて以てそして滅茶苦茶な事になる件が、個人的には一番に楽しかった訳ですけれども。ホームズの兄、演じるのは「ミラーマスク」「ワンダとダイヤと優しい奴ら」「アリス・イン・ワンダーランド」のスティーヴン・フライ、がワトソンの嫁を自覚の無いままに困惑させる場面もまた面白う御座いました、と。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2012年3月27日
「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」感想
Excerpt(概要):★★★ 単純明快に評する。普通に面白い。決して抜群ではないにせよ、少なくとも前作の3、4倍はよい出来だった。分かりやすさを優先させたのか、多少謎解きの部分で端折りすぎた印象はあるものの、その分、最初から最後まで淀みなく、且つメリハリの利いたドラマを展開させていたように思う。二人の天才が、お互いの手の内を読み合いながら、徐々に距離を詰めていく緊張感も非常に面白く、特にクライマックスのチェス対決は、ともに紳士的な振る舞いの中に激しい闘争心を垣間見せる、ある意味、作中もっとも白熱したバトルシーンであった。
Weblog(サイト)名 : 新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  / Tracked : 2012年3月26日
シャーロック・ホームズ シャドーゲーム
Excerpt(概要):アクションシーンが多いホームスでしたが、推理というか洞察は、原作と同じですね。アクションシーンでところどころ一旦映像が止まりスローになるのは、細かい動きを表現するためのものなのでしょう。気になったのは、ワトソン夫人が、捜査を手伝っているところとホームスの兄マイクロフトの奇人ぶりでしょうか。全体として原作の良さを生かしつつ、新たなホームズを構築した感じがしました。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2012年3月20日
シャーロック・ホームズ  シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):前作もそうだったがあのシャーロック・ホームズの作品ってもう少し大人しめで、トリックを解く楽しみがあったが、あれらとは全く異質。サスペンスとかでもないアクション映画にもっとも近い作品になっている。やはりこの作品はオリジナルで、ホームズとワトソンの名を借りたアクション映画と割り切った方が良かったかな。面白くなかったわけでもなくそれなりに楽しんだが、アクション映画を観るのなら別の作品でも良かったかなと思った。
Weblog(サイト)名 : ゴリラも寄り道  / Tracked : 2012年3月19日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):結婚を決めたワトソン助手に「ちょっぴり淋しい」ホームズくんの「複雑な心境」の描写が面白かったね。(笑)時代背景は、古いはずなんだけど、まったく古さを感じさせない。携帯電話で話してても違和感感じないかも!ロバート・ダウニー・Jrは、めっちゃモテるやろなーと思う作品。彼の良い意味でのテイストがたっぷりなホームズですよねぇ。兄貴が出てきたり、私生活の一部が見えたりもしましたが。それもすべて良いテイストですな。やはり「リッチで格好いいのか悪いのか?よくわからんけど憎めないヤツ」を演じさせたら彼が一番やなぁ。
Weblog(サイト)名 : SUPER BLOG.JP  / Tracked : 2012年3月15日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):やんちゃな天才ホームズと常識派で意外とタフなワトソン君のバディ・アクション。前作より更にスピーディで迫力もアップ!面白かったです〜一見ハチャメチャな強気なだけの行動にみえるホームズの、天才度もアップしていますが、今回は変装シーンも凄いっ!キミは幾つ見つけられるか?!的な(笑)そしてもう助手とは云えないジュード・ワトソンの活躍が増えているのも嬉しい!ケンカしながらもイキの合った二人のコンビ。アクションも会話も最高にカッコイイです♪この二人にプラス、ワトソンの妻、ホームズの兄が更にコミカルさを引き出していて楽しめる
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2012年3月14日
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
Excerpt(概要):★★★★ ホームズ&ワトソンがもはや夫婦漫才の域に達している!相変わらずロバート・ダウニー・Jr.のハマりっぷりが抜群。そのおかげでホームズが個性満点。愉快な存在感で最後まで付き合えるが,ドラマはまったりダラダラ。たまに眠気…。中身が薄すぎる!観察眼と幅広い知識で立ち回る姿に安心感MAX。推理度は皆無。頭脳を刺激されないから眠たい。全然,ワクワクしなかったよ。。世界を股にかけなくてもいいから,ロンドンで小さな事件をこつこつ解決して下さい。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2012年3月14日
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」 正しい続編
Excerpt(概要):1作目の良さを引き継ぎつつ、2作目とてのグレードアップ感を出すというところを、いいバランスで仕上げたと思いました。グレードアップ感は何で出しているかというと、それはやはりホームズの宿敵、モリアーティ教授の登場でしょう。やはりホームズと言えば、その好敵手はモリアーティ教授。ホームズをしのぐほどの頭脳を持った悪の天才モリアーティ。モリアーティ教授の仕掛ける事件はより狡猾により規模の大きなものとなっています。その事件を解きほぐしていくホームズ。やはり好敵手の存在は物語を俄然盛り上げます。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2012年3月13日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム 大きく勘違いしていることがあった!
Excerpt(概要):ケリー・ライリー演ずるメアリーが続編ではもっとエポック的な存在となるかと思いきや今作でもちょっと控えめな役回り、ここが残念だった。ハチャメチャ度合いは前作より少し抑え気味、敵方のモリアーティ教授の悪さ具合や賢さもちょっと伝わりきれない、モリアーティ教授の世界を揺るがすような陰謀もその時代ならそうなのかなあという程度でリアリティが軽い。しかしモリアーティ教授に翻弄されながらも次々と謎を解いていくという推理の過程は前作よりずっと面白いし、アクションシーンだって中身の濃さは前作よりパワーアップ、おもしろかった。
Weblog(サイト)名 : 労組書記長社労士のブログ  / Tracked : 2012年3月13日
映画:「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」〜劇場で
Excerpt(概要):ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウのシリーズにも、アイリーン・アドラーが登場し、本作(シャドウゲーム)冒頭でも、峰不二子ぶりを見せつけ、ホームズを翻弄しているわけだけれど、しかし、それだけではない。ホームズの実兄で、政府要人のマイクロフトもディオゲネスクラブに通っているし、何より、ホームズの天敵、「小惑星の力学」を書いたモリアティ教授が主役として登場しサイン会までしているのだ。ま、いよいよオールスターキャスト、ホームズシリーズも佳境に入ったという感じである(それにしても、アドラーはさっぱりしすぎだけれど……)。
Weblog(サイト)名 : David the smart ass  / Tracked : 2012年3月13日
映画「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」感想
Excerpt(概要):シャーロックさん、面白すぎます(´∀`)!!いきなり「何このジャッキー・チェン!?」みたいな似非香港風アクション、室内をジャングルに改造したり、ゲイバーのママになった武田哲矢みたいな女装で登場したり、お笑いの定番の全身タイツを着込んで家具に化けたり(^^;本当にナントカと天才は紙一重の紙があまりに薄くて、向こう側の狂気が全身ににじみ出てしまってる感じのシャーロックさん、スターク社長以上にハジけたロバート・ダウニー・Jrが楽しそうに演じてます。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2012年3月12日
『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』
Excerpt(概要):前作と比べてもスタイリッシュだったのは映像だけ。アイリッシュな音楽もブリティッシュな雰囲気もほぼなしの、スタイリッシュとは言い難い映画に成り下がっていたのが残念でなりませんでしたよ。あまり計画性なしに広げた風呂敷を結局きれいに畳み切れなかったという印象が強かったこのシリーズ2作目。その要因はやはり舞台をロンドンからフランス・ドイツ・スイスと広げすぎたためでしょう。探偵映画としての面白味もロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウのバディムービーとしての面白味も中途半端に終わってしまった映画でした。
Weblog(サイト)名 : こねたみっくす  / Tracked : 2012年3月12日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):★★★★ “二人の天才の直接対決で、相手を地獄に引きずり落とすのはホームズか?モリアーティーか?”アーサー・コナン・ドイルの同名のキャラクターに基づいた2009年の映画『シャーロック・ホームズ』の続編になります。 ホームズの部屋を訪ねたワトソンはいつものようにホームズの奇妙な実験に引っかかります。一見するとそこであいかわらずバカなやりとりしてるなと思ってしまいますが、ここでの実験がラストで効いてきたりするんです。 そんな風に、ホームズの突発的なちょっとした言動や、彼の視線で描かれる卓越した観察力の表現は終盤につながるいろんな伏線になっているかのように思います。
Weblog(サイト)名 : 映画とライトノベルな日常自販機  / Tracked : 2012年3月11日
映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』
Excerpt(概要):アクションとアクションの合間にちらっと事件の話がある感じなので、ボヤッと見てるとどんな事件なのかつかみそこねてしまいそう。今回はホームズの変装が次々と笑いを誘うスパイスになっていたり。乗馬シーンで小さい馬に乗ってるホームズが面白かったり。派手な銃撃戦やら、列車アクションもありで楽しめます。ちょっと残念だったのは充分面白かったんですけど、ホームズの記憶力とか予想した次の展開とかイメトレとかを表現するためだと思うけど、スローモーションとかストップモーションとか多用しすぎで、見ていて疲れてしまった。見飽きたといってもいいかも。同じ技を繰り返されると、ちょっと退屈になってしまう。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2012年3月11日
【映画】シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
Excerpt(概要):いやぁ〜もう、このコンビだけでもヨダレ出ちゃうくらい大好きだから、始終アドレナリン出っ放しで、やばかったわよ(笑)フランスに向かう列車での死闘、今回は前作以上にアクションが凄いです。ホームズと、ワトソンと、脇役の個性的なキャラクターと、アクションと演出と音楽に大スクリーンで酔いしれて欲しい。本当に、ただそれだけ。面白くないとかじゃなくて、完全なるエンターテインメント もー、大好きだぁ
Weblog(サイト)名 : ☆紅茶屋ロンド☆  / Tracked : 2012年3月11日
☆シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)☆
Excerpt(概要): ロバート演じるホームズとジュード演じるワトソンの名コンビの魅力に尽きると言っても過言ではありません 今回は、ますますユーモアいっぱいで、絶妙なかけあいが炸裂しておりました(笑)ドキドキハラハラするのが、アクションシーン!前作にもましての銃撃戦、爆発につぐ爆発とアクションもパワーアップしています!スーパースローとストップモーションを使った敵の砲弾の中を掻い潜って森を抜けるシーンには、圧巻で大興奮でした 舞台も景色は美しいですが、目まぐるしく変わる舞台に、スピーディーな展開に置いて行かれないようにしてください(笑)
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2012年3月11日
最強のおっさん達!! 【映画】シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):前作のスピード感と爽快アクションがさらにレベルアップして戻って来た感じ。格好良いアクションと映像が多くて楽しかった!!相変わらず次から次へと早足で展開する作りは飽きさせたりダレたりすることもないので最初から最後まで一気に楽しめる。けど、ちょっと疲れるw爽快で楽しめるアクションがみたいならこの映画を観れば外れはない気はする。ロバート・ダウニー・Jrはやっぱり良い!!
Weblog(サイト)名 : B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  / Tracked : 2012年3月11日
映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」感想
Excerpt(概要):自室で奇矯な実験を繰り広げまくっていたホームズでしたが、今回はさらに自室の入り口付近をジャングルに変えてしまった上、部屋内の壁と同化してワトソンにオモチャの矢を射掛けるという奇行を見せつけています(笑)。作品自体は結構面白く見応えのあるシリーズではあるので、さらなる続編の構想があるのなら是非とも作ってもらいたいところではあるのですけどね。
Weblog(サイト)名 : タナウツネット雑記ブログ  / Tracked : 2012年3月11日
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
Excerpt(概要):原作でも影の犯罪組織の親分だったモリアーティ教授が顔を見せてホームズと対決するのが、迫力満点だった。特に第一次世界大戦で使われた武器の原型みたいなものが多く出てくるのがいい。ロンドン・フランス・ドイツからスイスに舞台が移るのもそれほど不自然ではない。映像でホームズが推理している過程が見れるのが工夫していると思った。スリルの中にもユーモアがある楽しい映画だった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2012年3月10日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):★★★★ とにかくアクションが前作よりド派手になりましたなー。出だしからどっかーんやってるし、ホームズが滅茶苦茶強くてカッコいいし、脳内でもアクションしてる。xc cZv列車内では格闘したりドンパチしたり、森の中を走り抜けるシーンはバキューンバキューンドコォ〜ンだしで気持ちいい。ホームズの変装というかカモフラージュというかコスプレというか...笑わせてもらいました。ホームズの女装はあんまり...でもきらいではない(笑)。とにかくロバートとジュードのコンビが良いので続編あると良いのですが。ワトソンの結婚式でワトソンを切なそうに見つめるホームズがいい!!
Weblog(サイト)名 : 新・映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2012年3月10日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):ガイ・リッチー監督らしいアクションシーンも盛りだくさんで、最後までドキドキの展開になっていました。最初から最後までホームズはボロボロでおちゃめでした^_^;ストップモーションを駆使した映像はカッコよくて、ドキドキしながら観ていました。また、ミステリーの謎も深くて、最初のうちはモリアーティ教授の狙いが見えずに考えさせられました。そんな謎解きも面白かったです。相変わらずロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウのコンビは楽しそうでした〜この二人が並んでいるだけでもワクワクしますね。二人の活躍をずっと観ていたくなりました。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2012年3月10日
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
Excerpt(概要):★★ シャドウゲームって要は、相手の動きをシミュレーションして予測しながら行動する、頭脳戦というか神経戦。映像でもホームズはたびたび瞬時に相手の動きをシミュレートするシーンが挿入されている。これがまたホームズとモリアーティ教授の頭脳戦につながっている。ただ、ホームズとワトソン(ジュード・ロウ)は基本コメディタッチなので、ヨーロッパの運命を掛ける2人の最終的な頭脳戦という緊張感が欠けてしまう。超スローモーション映像で弾丸を表現したり、アクション優先は前作と同じ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年3月10日
犯罪界のナポレオン
Excerpt(概要):聖典に記述のあるエピソードの幾つかを織り交ぜながら、しかし決してパロディに終わらず粗悪品に堕することなく、シャーロック・ホームズ譚に必要な要素として有機的に物語に結合させる手腕は大したものだ。とにもかくにも展開のテンポのよさは麻薬的で、眼前に繰り広げられる冒険活劇にずっぽりとのめり込んでしまう。現代的なテンポにシャーロック・ホームズ譚としての違和感を覚えない。こんなに素晴らしいシャーロック・ホームズ譚を届けてくれてありがとうという意味で涙したのだ。アクション活劇を観てこんな気持ちになったのは生まれてはじめてである。
Weblog(サイト)名 : MESCALINE DRIVE  / Tracked : 2012年3月10日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):序盤でいきなり衝撃展開。推理、というかホームズの頭の中で一瞬で推理が展開されて、行動に移す感じです。ちょっと話の進行が早いかなとは思うけど、観客を飽きさせないようにしようとしているのは、伝わった。ところどころにギャグを入れて(ホームズの変装とか、ホームズの馬とか)、息抜き場面も有り。娯楽映画としては合格ラインにあるでしょう。ただ、原作は推理物!と思う人には合わない。ホームズとワトソンのミッションインポッシブルか007かという作品に仕上がっていますから。飽きることなく楽しめた作品です。
Weblog(サイト)名 : 映画感想メモ  / Tracked : 2012年3月10日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム / Sherlock Holmes: A Game of Shadows
Excerpt(概要):推理小説の映画と言うより、アクション映画になっています。それが良くないか?と言うと、そうでもありません。実際、原作でもシャーロック・ホームズは、射撃や様々な武術を披露していたりするので、やや派手すぎという感もありますが、映画でアクションを描くとしたら、こうなるのかもしれませんね。
Weblog(サイト)名 : 勝手に映画評  / Tracked : 2012年3月10日
劇場鑑賞「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」
Excerpt(概要):天才 vs 天才――!まさにこれぞ…エンターテインメント作品というんでしょうね〜最初から最後まで大興奮でした!一応、1作目と話は繋がっているが、未見でも問題なく堪能出来るはず。冒頭から炸裂するホームズの鉄拳は最高!!!その後の面白さを予感させてくれる。この手紙の宛て名であるシムのところに行くワケですが…もう、ここから怒涛の展開としか言いようがありませんとにかくテンポが速く、ボーッとしていたら、置いてかれるので要注意。全体的にスリリングなハードボイルドに仕上がっている。謎解きよりもアクションメインとにかく、日ごろ鬱憤が溜まっている人にオススメ。観終わって、スカッとしますよ♪
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.A  / Tracked : 2012年3月10日
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」爆裂アクション!
Excerpt(概要):推理はどこへ行った?って感じなんですが(いや、ちょくちょく推理してるんですが、全部ド派手なドンパチのインパクトで、吹っ飛ばされておりますの…(爆)。でもしかし、面白かったです!相当リキ入れて見に行かないと、アクション・シーンではかなり息を呑みます。クライマックスの舞台が"スイスの大瀑布”なのです。そお、"モリアーティ、スイス、大瀑布…”吾輩思わず『おお!そお来たか!!』と手を打って、つぶやいちゃいました。コレ、わかる人にはわかる本作のツボとも言えるポイントです。まあ知らなくても充分楽しめますが、知ってるとかなり楽しめます!!
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2012年3月9日
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
Excerpt(概要):★★★ 物語性が前作よりも解り易くなった印象がある。個人的には大好きなレイチェルが見れないのは寂しいし、ノオミが女性らしい姿をしているのにとても違和感を感じた(笑)全くこの作品は最初から細かい所まで注意して観ていないと後で困ってしまう(苦笑)「シャーロック・ホームズの帰還」として復活するホームズが映画の中で死ぬ訳がない。どう再登場させるのか、次回以降なのか、それとも…?この辺りは実際に観てみて欲しい。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年3月7日
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム /Sherlock Holmes A Game of Shadows
Excerpt(概要):★★★ 前作よりちょっと後半面白かったけど前半はあまり惹き込まれる部分もなく犯人は最初から目星ついてわかってるし、キーとなるヒントとかそれを見つけるまでの推理の部分があまり楽しめないのよね〜。かわりに楽しいのは前作同様に、ホームズとワトソンの漫才みたいなやりとり。ジュードの出番も前作よりも多くて大活躍なのでそこで楽しんだ感じ。スケールもイギリスだけじゃなくヨーロッパ全土でロケでそのあたりも見応え有り。
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2012年2月17日
参照ページ:シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.