ものすごくうるさくて、ありえないほど近い : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/blhfcedmts
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(32)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 自分が失った誰かのことを想って。
Excerpt(概要):演技や脚本・演出などの素晴らしさは、多くの友達が絶賛している通りでした。この映画を観ながら、多くの人は自分が失った誰かのことを想い始めることでしょう。自分のそばにいる、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」存在の大切さについて。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2015年7月27日
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解?
Excerpt(概要):★★★★★ 草稿には“面白かった”と書いてあるから、天才少年ということらしい主演の男の子の演技やら、どうも実の祖父らしい老人との関係、ブラックさん達のドラマ…等々に何らかの感銘を受けたんだろう…とは思うし、結構引き込まれて観たような…気もするのですが…トム・ハンクスとサンドラ・ブロックが、有名&濃い過ぎて、ちょっと冷める部分もあったりして。もうちょっと控え目なキャスティングの方が良かったのかも知れません。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2013年2月17日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い : ヒューマンドラマの王道
Excerpt(概要):★★★★ どんなに辛い事があっても”あの日”ばかり振り返るのではなく、明日に向かって歩を進める勇気と行動力が重要だ。これが私なりの、この映画のメッセージと受け止めました。素晴らしいエンディングを迎えます。なので、私はあたたかい気持ちになって席を立つことが出来ました。本作はヒューマンドラマとして最高の作品の一つといえるでしょう。また、オスカー役のトーマス・ホーン君の演技も絶品です。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2012年10月22日
【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い】ニューヨーク第6区を探す旅
Excerpt(概要):ものすごくうるさくて、ありえないほど近い?EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE? 監督: スティーブン・ダルドリー    出演: トム・ハンクス、さンドラ・ブロック、とーマス・ホーン、まックス・フォン・シドー、ばイオラ・デイビス、じョン・グッドマン…
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2012年9月11日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):出会った人たちの話を母親とするシーンが感動的だった。身勝手な子供の視点から、母親の大きな愛の姿へと変貌する物語。やりすぎだしちょっとあざとくて泣くまではいかなかったのが残念。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2012年6月23日
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 題名長い(@Д@;
Excerpt(概要):★★★★ 家族の絆・・・愛で;:゛;`(゜∀゜)`;:゛号泣できます。この少年トーマス・ホーンがいい演技してくれてました。マックス・フォン・シドー!彼が演じた“口がきけない謎の老人とオスカーのコンビは最高でした。この作品、中々の感動作です
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas  / Tracked : 2012年6月22日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):こんなに泣いた作品は、生涯で三作目位。冒頭は退屈で退屈で。中盤の母親との葛藤から加速度的に上り詰めて行き、後半、そしてラストはもう涙涙の大洪水。問題を抱える息子に優しく真摯に向き合った父親は確かに素晴らしいし、愛の深さを感じるのだけれど、現実と向き合いながら、捨て身の愛情を注ぐ母親はそれにも増して凄かった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2012年6月20日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★ 父のクローゼットから発見した1つの鍵と謎めくメモに父からの指令と思い、必死に探し求めるところはなんとも言えない気持ちになったな〜…最後は涙がとまらなかったな〜遺族たちは現実は本当に厳しく苦悩の上生きていっているんだろうな〜って改めて感じた作品でもあったな〜
Weblog(サイト)名 : C’est joli / Tracked : 2012年5月10日
シネトーク103『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』○少年に感情移入できるかどうか
Excerpt(概要):★★★★ 観ている方は最初、この少年の行動にあまり共感できないんだよね 物語前半のオスカーはかなりウザい(笑)。実際にこういう少年がそばにいると、やっぱりどこか苦手意識が出ちゃうわな」あと、よく分からなかったのが封筒に『ブラック』と書かれてただけで、なんでそれが人物の名前だと思っちゃうのか。普通、黒いハコの鍵とか思わね?(笑) 賃借人が登場してからはユーモラスな空気感が出てきて、ずっと“眉間にシワ状態”だった僕もやっと自然な笑顔になってくる(笑)賃借人の温もりのある存在感が、ずっと張り詰めていた空気を和ませてくれる。マックス・フォン・シドーもグッジョブよ!
Weblog(サイト)名 : ブルーレイ&シネマ一直線  / Tracked : 2012年3月18日
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生
Excerpt(概要):「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題:EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE)」というのは、圧迫感を感じるほどの理不尽な現実を指している言っていいでしょう。大人でも受け入れがたい理不尽さで、大切な人を失ってしまったとき、子供にとっては世界が崩壊するかに等しいほどのダメージを与えてしまうのかもしれません。けれど理不尽な現実を乗り越えていかないわけにはいきません。そのために必要なのは、やはり勇気なのでしょう。オスカーに起こった出来事はとても悲しいことですが、それは確実に彼を生きることに強い人間に育てました。それが悲劇の中の希望に感じられました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2012年3月14日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★ 本作は、いうまでもなく9.11を見すえた作品ですが、ただそのことに余り拘泥すると、持っている面白さを取り逃がしてしまうのではないかと思え、より視線を下げて本作を見ると、主人公の父親との「第6行政区」調査行など、少年が大好きな冒険の夢が一杯詰まっており、それと主人公の成長物語が絡みあって描かれていて感動します。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2012年3月10日
☆ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)☆
Excerpt(概要):★★★★★ オスカー、一言もしゃべらない老人のバランスが良くてこの二人の関係は、観ていて微笑ましくもありました。内容は重いですし、ストーリーに、ものすごく大きな盛り上がりがあるわけではないのですが、ブラックさん探しは、ちょっとミステリーっぽい展開にもなっているので、惹き込まれて行きました。母親の愛も大きかった…オスカーに、ママが死ねばよかったとまで言われたのに、何も知らないふりして、こんなことしてたなんて…きっとオスカーが出かけている時は、帰ってくるまで、心配で、心配で仕方がなかったんだろうなって思ったら…このシーンは、ほんと、堪らなかったですね…
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2012年3月8日
『ものすごくうるさくて ありえないほど近い』
Excerpt(概要):社会にうまく適用できなかった少年の、成長の物語でもあるし、ある親子の…、父と子、母と子の、物語でもあるし、最愛の者を失った人々を、優しく再生へと導く物語でもある…。“うるさ過ぎるし、めっちゃ近い”ニューヨークで、人と人とのコミュニケーションが、知らず知らずに重なって、希望の糸を紡いでゆく。そして、それは、決してNYの片隅だけの出来事ではなく、世界中のあちこちで、そう、この日本でも…きっと起こり得る、いや実際に起こっているはずであろう物語でもあるわけで。
Weblog(サイト)名 : ketchup 36oz. on the table / Tracked : 2012年2月28日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要): ものすごく感動的で、ありえないほど胸を打つ展開ではあるんだけど、なんだかどうもこの辺りで乗り切れなくなってくる……。ままで、ひたすらオスカーの気持ちになって引きこまれて観ていた分、ここでふっと引き戻されて、そう言えば、あのネタもこのネタも、父親を亡くした少年の悲しみと悲しみからの再生を描く物語にしては、作られすぎだよなぁ、と思えてきてしまう。ボロボロ泣きながら観た割には、意外なくらい余韻の残らない映画でした。
Weblog(サイト)名 : キノ2  / Tracked : 2012年2月28日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★ どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。良くも悪くも 「ふつーによかった」です。。。思ってたより暗かったかも。やっぱり9.11がベースになっているので、あの時の衝撃とか、悲惨さは映画の中で描かれていなくても伝わってくるものがありますね。
Weblog(サイト)名 : 食はすべての源なり。  / Tracked : 2012年2月26日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★ タイトルが長すぎるよ!
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2012年2月25日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close)
Excerpt(概要):思っていたような9.11の映画とは違っていたのでまずは驚き。今まで作られてきた作品が感動感激が主体だったのに、この作品はじんわりと外堀から攻めてくる。この少年が悲しみを乗り越えるために、鍵を運命だと信じ、いつか最愛の父親の面影に出会える事を願っていたのだろうが、それ以上の愛を新たに手に入れられたのだからまあハッピーエンドかな。コメディに走りがちなメンバーなのに、コメディ色は一切なく、切々と息子を諭すサンドラ・ブロックと都会に揺れるブランコはとても輝いて見えた。
Weblog(サイト)名 : ゴリラも寄り道  / Tracked : 2012年2月23日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):物語が締めくくりに近づくに連れて、感動が増加していく。一番心配しているはずの母親が阻害されているのが気になっていたけど、そんなことはなかった。遠くの親戚よりも近くの他人が頼りになる。息子の母のエピソードも感動するし、祖母と賃借人の関係も涙が出てきた。許してくれるだろうかというオスカーの問いに答えるウィリアム・ブラック(ジェフリー・ライト)も、泣ける演技をしている。災害で大切な人を失った方にもお勧めしたい。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2012年2月22日
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。
Excerpt(概要):なかなかの感動作でございましたよ。これは本当の意味での“喪失と再生の物語”だと思います。突然失った最愛の存在、その喪失感と哀しみを如何にして埋めていき、克服していくのかということが、少年の目を通して感動的に描かれています。テロで犠牲になった人のことを描いてはいますが、何が正しいとか何が悪だとかいうことには触れておらず、こういう類の映画でよく描かれている“アメリカ至上主義”は、まったく出てまいりません。温かい笑いが生まれるシーンもあって、とても優しい映画に撮り上げられています。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2012年2月21日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):懸命に答えを探そうとする少年と彼が関わっていく人たちの姿に思わず泣けてしまうような作品でした。少年が背負ってしまった罪悪感の大きさと哀しみ、そして、それを乗り越えた勇気に拍手を贈りたくなりました。鍵の答えを見つけた後にオスカーが取った行動に、また泣かされてしまいました(T_T) 最愛の人を亡くすという哀しみと真っ直ぐ向かい合うことの大切さとそんな哀しみを乗り越えるように少年を包み込む愛の大きさをしみじみと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2012年2月20日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要): 鍵屋に封筒に書かれていた“BLACK”という文字を指摘され、速攻で名字と思いこむのは分からない。普通なら、黒色の金庫用の鍵だと思い、家の中に黒塗りの金庫がないか探すだろう。それに筆跡から見て、父親のものでないとなぜ思わないのか。父と一緒に本や文章を読んでいたオスカーならすぐに父の筆跡であるかないかすぐに分かりそうなものだ。利発そうで鈍いというのがこの種の少年の特徴だとか、都合の悪い事実から目をそらしているだけ、という説明もできるかもしれないが、やはりありえないほど都合が良過ぎる。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年2月19日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★★ 脇役の演技も目を見張るものがあり、彼らの演技はトーマス・ホーンの演技と融合しオスカーの心情に何か働きかけています。祖母役のゾーイ・キャルドウェル、トーマスが祖母の部屋の同居人役のマックス・フォン・シドー、ウィリアム・ブラック役のジェフリー・ライト、彼の妻アビー役のビオラ・ディヴィスが主たる脇役になります。特にマックス・フォンシドーとジェフリー・ライトの存在感は際立っていると思います。父親の死を納得するために、たくさんの人との出会いを通じて少年が成長していく姿と、衝突してもいつも少年に寄り添うかのような母親の愛情のしたたかさに感動しました。
Weblog(サイト)名 : 映画とライトノベルな日常自販機  / Tracked : 2012年2月19日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):ものすごく退屈な映画かもしれない。そんな覚悟して観に行ったせいでか、そこまで退屈には感じなかった。逆に感動を求めていったら、違う感想だったかもしれない。感動の押し売り映画という風にも思わなかった。あの911で、あったかもしれない話が描かれているというように受け止めた。父が亡くなってこんなに可哀相!でも頑張る健気!というキャラクターじゃない。むしろ鍵探しに躍起になり過ぎる位で、あんまり他人の都合とか考えていない。それだけの必死さと、子供特有の我侭さを持ち合わせているように見えました。
Weblog(サイト)名 : 映画感想メモ  / Tracked : 2012年2月19日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★★ 小さな身体に悲しみを押し隠して,鍵は父からの遺言だと信じて衝き動くように歩くオスカー。ニューヨークを健気に歩き続ける姿が愛おしくて,自然とエールを送った。とても初演技とは思えないトーマス・ホーン君の繊細な感情表現が素晴らしい!無垢な目で訴える”心の傷”の大きさが,「切ない」ではくくれない悲痛となって胸を打つ。辿り着いた答えが,人が多くて,優しさに満ちた地球を浮かび上がらせ,愛こそが平和なのだと実感させてくれた。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2012年2月19日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★★ 父親の部屋で見つけた鍵の謎を解くために、怖いのをこらえて一生懸命な姿に感動しちゃいましたよ。父親が残してくれた鍵の真相は意外なものだったけれど、オスカーが出会ったたくさんの人達の出会いは無駄ではなかった。それに息子が頻繁に出掛けているのに母親が無関心っぽいのは??と思ってたら思わぬ真相が出てきたりして、そこでも感動して泣けました。これが親の愛なんだなーと。見終わって、邦題の意味がよくわかりました。
Weblog(サイト)名 : 新・映画鑑賞☆日記・・・  / Tracked : 2012年2月19日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):マックス・フォン・シドーが年齢を重ねたが故の説得力でその魅力を全開させる。役柄上、一言も声を発しないのだが(会話は充分あるけど)その表情、背格好で表現するものの素晴らしさに見惚れてしまう。彼が背負い、内包する苦悩、後悔の深さと、それでも見せる茶目っ気。登場時間が短いとは言え、可愛げと悲しみの存在感が素晴らしかった。時々出会う、どれだけ語っても語り切れないくらい、あるいは、語っても語っても、本質を語り切れてないと思う作品。この作品は、そんな秀作の1つであることは間違いない。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2012年2月18日
ニューヨーカー全体までその眼差しが向けられている物語の構造、がマル○
Excerpt(概要):優れているなと感じたのは、その少年の一家族だけでなく、ニューヨーカー全体までその眼差しが向けられている物語の構造。あの一日で全てのニューヨーカーも、レベルの差はあれ、大きな後遺症を抱えて生きているのだ。そこをうまく表現していることで、物語の深味が出た。なので、この映画を「甘い」と切り捨てる向きもあるようだが、私的には十二分にマル○。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ  / Tracked : 2012年2月18日
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ 鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。そう信じられるお薦め作品だ。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2012年2月15日
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由
Excerpt(概要):これはいつだって観る価値のある映画だ。そして本作は、私たちに大切なことを考えさせる。・愛する人を失った悲しみに囚われ続けないこと・恐怖を克服すること・生きている人ときちんと関係を築くこと
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2012年2月14日
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):途中、とっても悲しくなって、何度も泣いてしまったけど、ラストにはまた違った涙がこぼれることでしょう。 音楽も素敵。映像も綺麗。129分と少し長いけど、完成度の高い作品でした。見終わった後「良い映画観たー」と満足できる事間違いなしですね。
Weblog(サイト)名 : ☆紅茶屋ロンド☆  / Tracked : 2012年2月11日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
Excerpt(概要):★★★★ 『愛を読むひと』のスティーブン・ダルドリー×『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のエリック・ロスということで最初から期待は大きかったが、オスカー候補は間違いない傑作だ。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年2月4日
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
Excerpt(概要):★★★★ 9.11のあの「最悪の日」をベースにしてるからかなり重いし例えTVのニュースを通してでも、リアルタイムで映像をみていたわたしたちが10年経った今でもその衝撃と悲しみがまざまざと思いだされそれだけでも涙してしまうというのに。これはやっぱり涙してしまうよー。
Weblog(サイト)名 : 我想一個人映画美的女人blog  / Tracked : 2012年2月3日
参照ページ:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。
自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.